2019年06月18日

母のこと・・(火)


前回のブログの翌日、母は亡くなりました。


6日、ごく親しいご近所の若い友人が見舞いにきてくれていて

意識のない母に

おばさん〜 おばさん〜、帰ってきて、帰ってきて。

と声をかけながら、ずっと手を握ってさすってくれていたそうです。

その数十分後に大息を一つついて・・・


が、最期の様子です。

たとえ意識がなくても、親しい人に手を握られているのは

一人ぼっちで逝ったのではない、母はどこかでわかっている。

そんな気がして、救われた気持ちになりました。

私が母に会ったのほ、それから2時間後でした。


穏やかに死んでくれてありがとう。

神や仏や、まわりのすべてに感謝します。


私と母は若いころは喧嘩ばかりで
相性のいい母子ではありませんでした。

父が死んだころから(15年前)少しずつお互いが歩み寄り
それなりに親子らしくなっていました。

近年では、母はまわりの誰れかれに

娘がいてよかった〜。頼りになるのよ。

と、吹聴してくれていましたから

私は「できのいい娘」というお墨付きをもらったわけです。


母の枕元で

楽に逝けてよかったね〜≠ニ声をかけましたが


楽じゃなかった!! 苦しかったわよ

そんな声が聞こえてきました。


施設のかたから

「颯爽と逝かれました」

と、お世辞かもしれませんが、うれしいことを言っていただきました。


母のおかげで少しだけ死ぬのが怖くなくなったわ。




享年102歳の大往生ですから

涙はありません。

家族だけにみおくられての質素な式に

派手好きだった母は、ちょっと不満かも。


IMG_0040.JPG


式の前にお寺の中にある墓に行って

父に母がそちらに向かっているからと知らせておきました。

墓の中は、父、祖父母、叔父、叔母、いとこなど大賑わいです。

母が混ざると、またひと悶着おきそうですが何分よろしくと
お願いしてきました。


昔昔、父に

お母さんみたいな人と結婚して60年の不作だったね≠ニ言ったら

父が

あれには(母)いいとこがいっぱいある。決断力があって強欲じゃない


ちゃんと認めていて、惚れたところもあるようで

不思議にうれしく聞いた思い出があります。



とにかく、疲れました〜




来週は栗ちゃんが男を卒業します。

4日は玄の膝の手術を予定しています。

P1710025.JPG




昼食

山形名物、どんどん焼き
クレソンのサラダ
黒あわび茸の酒蒸し
ズッキーニのピクルス
絹さやと白木耳の汁
アボカドのレモン醤油

P1710067.JPG
posted by てこな at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

珍しいコーヒー・・(水)

昨日まで帰省していました。

母は思ったよりもしっかりしていて、結構話も弾みます。

ただ、介護の方におむつの交換とか、検温、薬の世話などしてもらうのですが、
その人がまだ部屋を出ていくか行かないかのうちに

あの人は優しいの

とか

あの人は意地が悪いのよ、根性が曲がってるよ

耳が遠いので声が大きいのです。

きっと聞こえてるよ!!

ハラハラします。


容体も安定しているようなので、しばらくは大丈夫かなと昨日帰宅しました。


ところが、

今日施設から、何度も報告の電話がありました。

様子がよくないそうです。


施設のかたは、近いのではないかと思っています。



お母さまはいくき満々で、職員に挨拶しまくっています

いくき?

逝く気 だそうです。


母は相変わらず、せっかちだわ。

こんなやりきれない時なのに・・・


笑ってしまいました。


  ☆   ☆   ☆


連れ合いが、こんなコーヒーをいただいてきました。

P1690896.JPG

「コピ・ルアク」

このコーヒーはインドネシア産で、
コーヒー豆を食べたジャコウ猫の糞を
洗って乾燥させたものだそうです。

初めて聞いた話で、冗談?かと思っていたら

お知り合いのかたのブログでも紹介されていました。

高価なんだそうです。
それでお味は?

微妙な表現なのです。


夫婦でひっそり飲んでしまうのは、もったいない。
かといって、うちには高級接待が必要な人は来ないしね。

いくら洗ったといってもウンチからでしょ。

連れ合いも、飲んでみようよ≠ニ、なかなか言わない。


ジャコウ猫って、どんな猫?

犬だとダメなの?

玄栗は、なんでも食べます。

食べさせてみますかね・・・

濡れ手に粟・・金持ちになれるかも。



2か月前の玄栗、サークルが広い。

P1660526.JPG


こんなに大きくなりました。

IMG_0680.JPG



夕食

ルッコラとラディッシュのサラダ
絹さやと卵の天かす炒め
春雨といろいろ野菜の煮もの
うるいの昆布茶漬
ブロッコリーの味噌汁
ブルーベリー&ミルク

P1700689.JPG
posted by てこな at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

運動会・・(日)


昨日は炎天下の中、孫の運動会がありました。

上の孫はもう6年生ですから、応援はこれが最後になると思います。

上の孫が今年の高学年リレーのアンカーになりました。

おばぁちゃんとしてはちょっと誇らしいじゃないですか。

ところが、孫が言うには

せった状態でバトンをもらいたくない、アンカーなんて嫌だな。≠ニ。

余裕の1位でもらえるといいね〜

じゃないそうで、

ダントツのビリでバトンをもらいたいそうです。

まったくもぅ・・


意地を出しなさい!!


結果は、孫の希望通りでした。
途中バトンを落とした子がいたりで、ビリの受け渡しでした。

颯爽と走っているみたいですが、
応援席のみんなの目線は
はるかかなたのデッドヒートをみてますよ。

IMG_0651.JPG


注目されないで走って、寂しくないのかね〜




栗くん、初めて犬の美容院でシャンプーしました。
ひかり輝くとまではいかないけれど、
すっきり可愛くなりました。

IMG_0590.JPG


小鬼が居ぬ間にのんびりしてる・・

P1690409.JPG






夕食

ゴーヤと鰻のまぜずし
サーモンとラディッシュの和風カルパッチョ
豆腐のコーン煮
刺身蒟蒻
グレープフルーツ
ペンフォールズ・クヌンガヒル・カベルネソ―ヴィニヨン

P1700155.JPG



posted by てこな at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

靭帯損傷・・・(日)


ずっと以前から玄は後ろ右足を浮かし加減でちょっとおかしい。

去年から気づいていたのですが、雷の病気のほうが最優先で

玄も痛がらないので、ついついそのままになっていました。


連れ合いがとても心配するものですから

先日、詳しく調べてもらいました。

靭帯が切れているらしい。
靭帯はレントゲンでは写らないので、
手術して直接見るしかない。
靭帯断絶と脱臼を視野にいれて手術したほうがいい。
玄ちゃんはまだ若いから、手術をお勧めします


が、獣医さんの見解でした。


もっと早く行けばよかったわね〜

ごめんね、玄。

手術以外の選択肢はないと思うので
13日に決定しました。


靭帯は切れた直後は、腫れたり痛みはあるものの
落ち着いたら、動かないと痛みはなくなるのです。

私も35年前テニスで右ひざ靭帯断絶しました。
手術もしましたが、元通りにはならず、
ずっとずっと今まで膝では苦しんでいます。

痛めたときには、近所のやぶ医者にかかったものですから
切れていることがわからず
その後、大きな病院で、靭帯だと診断されましたので、
半年もたってからの手術になってしまったのです。


スポーツ選手でもなく、ぐーたら主婦の私でさえ
相当、人生変わった気がします。


玄も、犬生変わらないように、治してやりたいと思います。



仲がいいのでしょうが、

朝から晩まで、栗にべたべた付きまとわれて

玄は、げんなりしています。

P1690370.JPG


P1680898.JPG




ところで 貴景勝のことですが

今日再出場しました。

あの星一徹風のお父さまがハッパでもかけたのかしらね〜

信じられないです。

稀勢の里、栃ノ心、照ノ富士・・

ひどい目にあっているじゃないですか!!

なんで先輩から、学習しないのでしょうか。

本人がなんと言おうと、親方や親が止めるべきではないかと思います。

まだまだ若いのだから、1年かかってもちゃんと治せば

幕下からでも再起はできます。


たった、2、3日で安易な診断をする医者なんて

信用しないほうがいいと思う。

選手生命にかかわることだから、
膝の専門医にかかり、時間をかけてちゃんと検査してほしいです。

高圧酸素カプセル、注射を打つなどは、たんなる応急処置にしか思えません。


ひざのけがで、何人の力士が潰れてしまったか・・・

相撲協会も、公傷制度を復活させてでも、もっと力士を大切にしてほしいと思います。



昼食

冷やし中華風そうめん
キーウィと蓮根のクリームサラダ
豆腐とはんぺんの茶巾
サンふじりんご

P1690507.JPG



夕食

舞茸の炊き込みごはん
茄子とがんもどきの含め煮
青豆三種と帆立の梅ソース
ピーマン辛味噌
大豆と昆布の醤油漬
わかめと蒲鉾の味噌汁
アボカドのレモン醤油

P1690819.JPG
アボカドのレモン醤油
posted by てこな at 21:57| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

2019年=令和元年・・(木)


平成から令和へ、

退位が決まってからも、まだまだ先と思っていましたが

早いものですね〜


母は大正、昭和、平成、令和と4元号を生きてきました。

すご〜い、ですが・・・

玄栗も、平成、令和と2元号だわね〜

これからは、生年月日を元号で言われても

計算方法は? 難しそうです。



先日、実家に帰るとき、

今、唯一定期で走っている夜行寝台列車に乗りました。

結構人気らしく、スマホ片手に列車を撮りまくっている若者が多かったです。


私はちょっと浮いた場違いなオバサンになってました。

在来線のゴトンゴトンと揺れる感じ、車窓の風景がゆっくり流れる、
深夜に止まる途中駅の閑散とした暗いホームなどで

昭和を感じ、懐かしい気分になれました。


母は、命の綱渡りみたいな不安定な状態ですが

令和なんて、なんだか寒そうな元号だね〜

と、口だけは元気にしています。


それでも帰り際の私に

あまりいい母親じゃなかったのに、いろいろありがとう。

なんて殊勝なことを言うものですから、私もついつい

私もいい娘じゃなかったから。

と、口が滑ってしまった。


  ☆   ☆   ☆


新聞の人生相談の投稿にこんなのがありました。

IMG_0545.jpg


抜粋すると

90歳代の女性です。

・・念願の一人暮らしになり、極上の孤独生活を楽しんでおります。
・・足腰の痛みや持病の苦しみを差し引いても・・・自分の思うがままの生活は・・・至福の極みです・・



相談そのものよりも、今の状態が痛快で、笑ってしまいます。

お子さまもいらっしゃるようなので、

念願の一人暮らしとは、ダンナさまの死で得られたものか

離婚なのか定かではありませんが、年齢から察すると死別のような。

いなくなることが念願と言われたダンナさまはどんな方か
想像をたくましくしてしまいました。


一人暮らしを念願だの至福と言い切る90歳は素敵です。


  ☆   ☆   ☆


普通、犬はこういう座り方はしないそうです。

娘が「猫の香箱座り」だと教えてくれました。

前足をたたんで猫みたいな栗。

P1680767.JPG



P1680642.JPG




夕食

新じゃがの蜂蜜甘辛炒め煮
帆立大根
鯖の冷燻とクレソンのカルパッチョ
ズッキーニと南瓜の揚げ浸し冷製
豆腐 / わかめ / 茗荷の味噌汁
ヨーグルト&ブルーベリー

P1680790.JPG

posted by てこな at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

夜行列車・・(火)

同郷の友人が、

夜行列車で田舎に帰ってきた、なんかよかった〜≠ニ。


夜行列車なんてまだ走ってたのか・・・


私が学生のころは、新幹線はありませんでした。

東京に行くには、夕方実家をでて、

夜行寝台列車「瀬戸」に乗り、朝東京着でした。

確か、寝台は上、中、下の三段あったような。

荷物も柳行李に詰めて、チッキとやらで送った時代です。


チッキなんて言葉、どんな字書くんだろう。
何でもないことを、結構覚えているものですね。


早速、ネットで調べてみました。

今は、1日1本、夜10時東京発、実家の駅には朝8時前に着くようです。

「サンライズ瀬戸」という寝台列車です。

定期便としては、日本で唯一残っている列車なのです。


知らなんだ、知らなんだ〜


紹介されている「瀬戸」の写真は、

昔の狭い、暗いくすんだものではなく、

目を見張るようにおしゃれな列車です。


これは乗らずばなるまい!!


毎回、帰省するときは、気重で憂鬱なのですが

次回はちょっと楽しみ。

問題は、予約が取れるか、です。



母はなんだかんだあっても、頑張ってくれています。

まだ帰る機会はいっぱいありそうですから、今回だめでもいずれ


絶対乗るぞ、青春プレーバック  です。




青春真っ只中の栗くん、生意気盛り

お兄ちゃんの散歩は僕がさせる!

P1670313.JPG





夕食

インカのめざめのチヂミ
キャベツのコールスローサラダ
大蒜の茎と竹輪の油辣椒炒め
ミニトマトのマリネ
わかめと絹サヤの汁
レッドグローブぶどう

P1670425.JPG
posted by てこな at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

人それぞれ・・(月)


喉元過ぎれば熱さを忘れる

まったくその通りで

3週間前は、母の死は目の前だと思っていました。

喪服を用意し、あれこれもしもの手筈も考えました。

電話の音にも、びくびくし、落ち着きませんでした。

ところが、小康状態が続くにつれ、

当分大丈夫だ〜


薄情にも、慣れてきた。


遠距離の今の状態に

友人、知人がいろいろな介護案を提案してくれます。


遠距離の行き来はたいへんでしょう。しばらく、あちらで腰をすえて介護したら?

こちらに引き取ったら、お母さまも安心されるのではないですか

とても評判のいい老人ホームを知ってるから紹介しましょうか

心配でしょ、毎日様子を施設に電話して聞いたほうがいいわよ

施設より病院のほうがお安いと思う

ご実家はもう住まないのだから、
 生きているうちに処分したら税金がやすくなるよ



実の親子だから分かり合える、血がつながっているのだから愛して当然。

そんなことはありません。

かえって、難しい関係になることもあります。

得とか損だけで決められない話もある。

本当に人それぞれです。


ゆえに

聞く耳はもちません。



母は、結構割り切った考えの人で

7年前、ケアーハウスに入居したとき

母がご近所で親しくしていた若い友人に頼みました。


ケアーハウスに週に2回くらい話相手に来てほしい≠ニ。


もちろん、そのかたはボランティアのつもりで OK してくれました。


それから7年、ずっとその約束は守られています。

母はこれを契約と考えていて、毎月決まった金額をお渡ししています。

最初は固辞されましたが、

お互い、このほうが楽だと思うから

と、母に説得されて、今日に至っています。

今、母はお金の管理はできませんが、私が踏襲しています。


週2回の雑談が、今も母がそれなりに元気で暮らせてきたことの源とおもわれます。


ヘルパーさん頼めばもっと安いのに

掃除も洗濯もしないで、話だけなのにいい値段ね〜
 私がやりたい。

もう、お母さまぼけてるようなのに、話し相手が必要なの?

とも、まわりから言われます。



7年間休まず、そして心がこもっていて
ボケてきて同じことを繰り返し言い募り、、
勘違いな言動の多い母に、真摯に付き合ってくれています。

母が信頼できてなんでも話せる、何かの時は頼りにできる

こんな人はなかなかいません。


この人は、うちの最初の犬のトンとポチの親を飼っていた人です。
私よりも若いけれど、もう30年来のお付き合いです。
今は、だんなさまと保護猫17匹と暮らしています。


おばさん(母のこと)のお金のおかげで猫が飼えてるの、感謝してる。

と、言ってくれています。

親不孝の私の代わりをしてくれて、こちらこそ感謝です。





2匹で「愛の賛歌」

愛するわ ーー≠ニ、合唱中

P1660877.JPG



外を見ながらなにやら仲良く語らってます。

P1660865.JPG







昼食

カステルフランコのサラダ
焼椎茸の南蛮漬
クレソンと紫アスパラのしらす和え
カレースープ
グレープフルーツ

P1660900.JPG
posted by てこな at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

口にチャックは難しい・・(土)

新しい元号が決まるにあたり

わたしも、いろいろ予想はしてみました。
たった漢字2文字なのに、思いもつかない組み合わせってあるものですね。

発表になるまで、まったく外部にもれなかったのは、すごいことです。

関わったひとたちが立派だったのではなく、情報管理が徹底していたからかな。


発表時に、選にもれた他の候補、だれが提案したかなどは、公表しないと官房長官は言っていました。

ところが、翌日には、6つの候補作、令和の提案者、会議の内容。

すべて ?マークなしで新聞にでていました。


マスコミも決まるまえから、スクープを狙っていたみたいだし

決まってからも、内輪話をかぎまわっています。

令和 の、出典や背景、意味などは知りたいと思います。

それ以外のことを、詮索するのはどうですか。

公表しないと言ったことが、たった1日で反故同然。

おしゃべりな私でさえ、唖然です。


とはいえ、裏話とか、ぶっちゃけ云々などをを聞いたりみたりすることは

下世話に面白く楽しんでしまいます。


令和  

これから何年もかかわっていく字ですから

あまり手垢がつくと嫌だな



有識者会議に選ばれたかたがたをみて

日本を代表する人がこの人たち?

なんでこの人が ! と思う人もいて

複雑でした。


有識者のかたも、国会議員も

その後、結構あれこれしゃべってます。




仲間内でも、これ、あなただけに言うんだけど

と内緒話は、よくあることです。

口にチャックはなかなか難しく、

私の中で

これは本当に誰にも言えない

内緒とはいうものの、まぁいいか

と、使い分けています。

時々、使い分けを間違って騒動を起こした前科ももっておりますが・・・


元号も

まぁ、いいか〜≠フ口ですかね。





栗はだんだん色白になってきました。

生後2か月

IMG_9950.JPG



3か月半

P1630091.JPG



現在、4か月半

P1660450.JPG



もっと、もっと白くなるらしい。知らなかった〜

栗色の栗ちゃんのつもりの命名が、そのうち

マシュマロに改名になるかも。




昼食

カステルフランコと松の実のサラダ
八ツ頭子の煮ころがし
蜂蜜レモン
鰤大根
独活の味噌汁
レッドグローブぶどう

P1660822.JPG

posted by てこな at 13:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする