2022年10月02日

家族葬・・(日)

ここ数年はコロナ禍ということで、人との触れ合いが少なくなりました。

お葬式も、家族葬が多く参列することもありません。

これはこれで、変な義理に縛られず、助かっているところもあります。

盛大な葬儀や、たくさんの人が集まることが大事だとも思っていません。

私のときも家族だけ、夫、子、孫の8人であっさり済ませてね。


そう決めているくせに、昨今の簡略化を寂しく思うこともあります。


父のとき、義父のときは20年近く前のことですから
宴会付のワイワイガヤガヤの、にぎやかなものでした。

8年前の義母のときも、田舎のことで親戚、知人も多くやはり
大勢が集まりました。

私の母のときは、母が100歳越えしたもので
母の親しい方々はほとんどいなくなり
私の一存で、家族とほかに数人の
地味なお別れでした。

生前、母に

家族だけでいいよね〜≠ニ言ったら

えっ! みんな呼ばないの?
 私、ずっとお香典出しっぱなしだわ。回収できないじゃないの。

どうも帳尻があわなくて、納得できないようです。

それに派手好きの母には、地味な別れで悪いことをしたのかもしれません。


先日亡くなった友人の葬儀に

長い付き合いでもあり、彼はひとり者でしたので、
親戚まがいで夫婦で参列しました。

弟さん、従兄妹さんと私たちの8人でした。

友人もきっとこれでいいと思っているはずです。

が、が、

なんだか泣けてくる。



弟さんは2年も見舞いに来なかった。

喧嘩しているわけじゃないのに・・

私がなんで、来ないの? 薄情者!≠ニ
外野席で腹を立てていたら

いいんだよ、話もないし。あいつも悪い奴じゃないから。

と、かばってました。


私は俗な人間だから

弟さんには、結構な遺産がはいるはず!!
 なんでもっとお金や手間をかけないの!!

葬儀社が喜ぶだけとわかっていても
なんだか悲しい。



読経の間に、青春時代から今までのことを思い返してみました。

50年余りは瞬きほどの早さです。

最後のお別れのとき、手を握って

「いい席とっておいてね」と頼んでおきました。



   ☆   ☆   ☆ 



もうハロウィンの季節になった

IMG_5065.jpgIMG_5072.jpg

















最近の夕食



カマンベールとトマトのスパゲティ
ブロッコリー/キャベツ/わかめのにんじんドレッシング
ヴィシソワーズ
巨峰ぶどう
ワイン

P2000333.JPG




栗ごはん
ズッキーニの焼きサラダ
紫菊のおひたし
茄子とトマトの炒めもの
千六本の味噌汁
グレープフルーツ

P2000477.JPG




チーズリゾット
ルッコラとアイコトマトのサラダ
ゴーヤ/薩摩芋/アスパラのごま和え
アボカドのレモン醤油
ワイン

P2000595.JPG
posted by てこな at 23:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月28日

寂しい・・(水)

いい話と悪い話があるのだけれど、どっちを先に聞きたい?

私は、悪いほうから聞くタイプです。

昔、友人に聞いたら。その友は

いい話だけ聞きたい。悪いほうはきかなくていい。

といいました。

楽しい話だけして、

悪いほうを知りたくないの?気にならないの?≠ニ聞いても

知りたくない!≠ニ。

私なら、嫌でも知っておきたいので、聞かないで平気な友の茫洋さが理解できませんでした。

大器なのか、ただの呑気なだけの男なのか
つかみどころのないまま、50年以上行き来してきました。


春先から余命宣告を受けていたその友が亡くなりました。。

7月に会ったときは

もう生きているのにも飽きたよ、もういいよ。

と、明るい顔で言ってました。



そろそろ・・・

と施設から連絡があり

9月9日、面会に行きました。

私の顔を見るなり

なんで来たの?

もう帰って!≠ニ、ひどく不機嫌でした。

私も言う言葉もなく、勝手に押しかけてごめんね。

と、3分で面会終了。

こんな不愛想で毅然とした友を初めてみました。

お見舞いに行けば喜ぶに違いない、思いあがっていた自分が恥ずかしい。

不機嫌だった友に、いたたまれなくなりました。


ただ一つ救われた気になれたことがあります。

病床の枕の下から、絵葉書の端っこがのぞいてみえました。

わたしが先月出した絵葉書だと思います。

これはうれしかったですね〜


その面会から2週間後、亡くなりました。


30日がお葬式です。

私とは57年、連れ合いとも50年余りの付き合いです。

二人でお別れに行ってきます。



数年前、有名な【成田のうなぎ】をごちそうになりました。

最上級のうなぎ≠注文しようとした彼を

さすがに遠慮して、2番目にしてもらったのですが、それでも

一緒に行った友人と目をむくほど高かったわね〜

と今も語り草です。

その時写した、彼の書斎です。

IMG_0732.JPG


施設の生活も2年にわたり、主を待つ部屋です。

お棺の中にそっと入れたいと思っています。


   ☆   ☆   ☆


栗の前歯の牙、先っぽが折れた!

IMG_5204.jpg




最近の夕食


アボカド/ポテト/ミックスビーンズのサラダ
無花果の腐乳ソース
玉子焼き
枝豆と長芋の味噌汁
グレープフルーツ
ワイン

P1990331.JPG



玉蜀黍ごはん
ズッキーニのナッツサラダ
夏野菜のピリ辛ゴマソース
茗荷と水雲の汁
いろいろドライフルーツのヨーグルト漬けプラム
ワイン

P2000052.JPG



野菜厚揚げのメンマ煮
玉菜の梅生姜あえ
ズッキーニのレモン醤油漬け
茗荷とアオサの味噌汁
グレープフルーツ
ワイン

P2000253.JPG



栗の渋皮揚げ
おおまさり落花生の塩茹で
万願寺とうがらしと紫玉葱のサラダ
ナイヤガラぶどう/巨峰ぶどう
ビール

P2000364.JPG

posted by てこな at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月24日

近所付き合い・・(火)

読売新聞の夕刊の
発言小町≠フ投稿について

投稿者は多分50歳前後の女性と思われます。

同じ集合住宅に住む80歳過ぎの女性(6年前くらいから挨拶程度の仲)から
お友だちになってほしいと言われ、戸惑っている

という話です。

これについたコメントに、私のほうが戸惑いました。

大半が

☆ 何かの時にあてにされる、断るべき。

☆ 覚悟が必要

☆ ヘルパーさんだと思っているのでは。

☆ 包括支援センターを紹介したほうがいい。

☆ なぜ友だちになりたいか理由を聞く。


結構、みなさん冷たい反応なのです。


私も若いかたとあまり馴れ馴れしくすると警戒されるのかと思うと、
なんだか悔しい。

同じマンションとか犬友さんのなかには
独居の高齢者もいます。

私はどちらかといえば自分のほうから
電話番号を教え、

なにかあったらいついでも電話してください

と言ってます。

私、暇ですから。


数か月前、急な電話があり駆けつけると奥さまが倒れていました。

だんな様は状況が把握できなくて、慌てておろおろしています。

救急車を呼び、息子さんに連絡しました。

脳梗塞ということで、翌日手術をして

数か月の入院を経て、今はずいぶんよくなり
ご夫婦で散歩ができるほどになりました。

私たち夫婦が少し手間をかけただけですが

いのちの恩人です≠ニ感謝され

本当にいい気持にさせてもらいました。


私は田舎育ちなのですが

こどもの頃は、町内の結束は固いというか密だったように思います。

近所のお年寄りのところには。夜電気がついてないと

てこな、ちょっと覗いてこい!≠ニ見に行かされたものです。


もちろん、困ったことに発展することもあるかもしれない。

祖父母は文句言いながらも、せわを焼いていました。



母は強気で明るい性格でしたが
それでも晩年は、なにかのはずみに

心細さ∞寂しさ≠ェ滲んでいました。

私は意気地がないから、すでにその心境を実感しています。

それでもまだ、なんとか役に立てることもありそう。

ちょっと優しくなってる自分にいい気になっています。


  ☆   ☆   ☆



トイレの便座が壊れました。
お尻の重さで?



  ☆   ☆   ☆


玄の椎間板ヘルニアは少しずつよくなってきました。
長期戦です、油断できません、
がんばれ! 玄。

P1990248.JPG




最近の夕食

トマト雑炊
茸とじゃがいものチーズ煮
ゴーヤと水雲のマヨネーズ和え

ワイン

P1990072.JPG



焼き茄子
揚げ出し豆腐
南瓜のカレー風味ポタージュ冷製
無花果のオリーブオイルがけ
ワイン

P1990182.JPG



糸茎わかめ/舞茸/油揚げの煮もの
長芋と黒木耳のコチジャン煮
じゃがいものチヂミ
南瓜の味噌汁
パイナップル&ヨーグルト
巨峰ぶどう
ワイン

P1990253.JPG



韮焼き饅頭
大蒜カナッペ
マカロニサラダ
ワイン

P1990322.JPG
posted by てこな at 22:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

椎間板ヘルニア・・(水)

人間にある病気は、犬にも同じようにあるそうです。

4代目のボスは悪性リンパ腫で3年、5代目雷は遺伝性の門脈シャントで3年治療しました。

寿命半ばで死なせた犬は、後悔が残ります。


どの犬が死んだときも、夫婦で涙、涙。

もう2度と犬は飼わない≠ニ決心するのですが

これが最後、これが最後と結局7代目まで来てしまいました。

数日前から、玄がよろよろしています。
おしっこで片足を上げると転んだり、
歩いても腰くだけになったりで、

P1980636.JPG


あわててちかくのクリニックに連れていきました。


獣医は玄にはほとんど触らず

「レントゲンを撮り、血液検査しましょう。」

結果は「大きな問題はなさそうです。経過観察。」ということになりました。

「炎症反応もありませんでした」と言われたのに

もらった薬は、しらべると炎症を抑える効能があると書いていました。

2日たっても、玄はふらふらしています。


ちょっと遠いのですが信頼している獣医さんに
緊急でみてもらえるようお願いして
炎天下、行ってきました。

熱を計り、聴診器をあて、いろいろ触って、歩かせて、

「軽度の椎間板ヘルニアです。今のうちなら内科治療でなおる可能性が大きい。」

「1週間薬を飲ませて、その効き方でまた考えます。」

と、診断されました。

人間もそうですが、

データーだけでなく、触ったり、話を聞いてくれたりなど、
温かみがある診察は落ち着いた気持ちになれます。


重度になると手術、または車いすになるそうです。

薬を処方されて2日たちました。

なんとなく明るいものが見えてきた感じです。

セカンドオピニオンに行って

よかった〜


犬ともさんのクマちゃんです。
車いす生活がもう数年続いていますが、元気です。
上手に乗りこなしていました。

image0-3.jpeg

万一のときは、玄ちゃん、いい車いす買ってあげるね。



玄は安静なので、散歩は栗だけです。
ちょっと寂し気。

image0-4.jpeg




最近の夕食


10種野菜の天丼
セロリとルッコラのサラダ
おぼろ昆布のすまし汁
アボカドのレモン醤油
ワイン

P1980856.JPG



マカロニサラダ
ジャンボマッシュルームのバター醤油ソテー
黄菊のおひたし
おぼろ昆布の汁
ブルーベリー&ミルク
ワイン

P1980908.JPG



茄子の蒲焼丼
マッシュルームとシュリンプのエスカルゴ風
枝豆と豆腐のスープ冷製
プルーン
ワイン

P1980913.JPG



ゴーヤ/南瓜/オクラの揚げびたし
じゃがいもの吉野煮
いろいろ茸のグラタン
酢薑
豆腐とわかめの味噌汁
グレープフルーツ
ワイン

P1980925.JPG
posted by てこな at 23:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月24日

才能あり?・・(日)

ここ一年あまりで親しい人が何人か亡くなりました。

自分の年齢を考えると、当たり前のことなのでしょうが
寂しくなります。

知ってるだけでもう4人の友人や親せきの者が
医者から

もう使える薬はありません。余命は○○月くらい。
 最期を自宅か緩和ケアかどちらを希望されますか?

と、言われました。

そして医者の宣告通りに3人が亡くなりました。

介護施設に入っている友人が残る1人です。

コロナのせいで面会は月に一度、家族のみです。
ひとり者なので、家族まがいの扱いで先日面会してきました。

5月に会ったときは車いすながら元気そうで
医者の宣告も、信じられない感じでした。

でも先日は違ってました。
ベッドから起き上がらなかった・・・

本人は生きてるのに飽きたよ、もういいよ

と。

そうだね〜 でも来月もまた来るよ



☆ ☆ ☆


私にも明るい話はあります。

下の孫の自慢です。

絵を描いたり物を作ることが好きなようです。

小学6年生なのですが、

わが孫ながら、絵もうまい、背景も面白い。
細かいところも丁寧だし

才能あり、と思っています。


水彩画

学校から出されたお題は【浮世絵】だそうです。

image0.JPEG


リスの版画

IMG_6605.jpg



☆ ☆ ☆

ベンチで休んでいると銀だこの風船が飛んできました。
栗は食べられないものには興味なし。
びびりの玄はすっ飛んで逃げて怖がっています。

image0.jpeg



最近の夕食

じゃが芋とチーズのグラタン
凍み蒟蒻のから揚げ
切り昆布と春雨のサラダ
わかめと蕪の味噌汁
アボカドのレモン醤油
ワイン

P1980721.JPG



蛇腹胡瓜と椎茸の和えもの
枝豆の塩茹で
トマトの粒マスタードサラダ
西瓜の皮の昆布茶漬
豆腐と葱の味噌汁
ブルーベリー&ミルク
ワイン

P1980781.JPG



小玉葱の丸ごとトマト煮込
じゃが芋と大蒜の茎の中華サラダ
大蒜の丸ごと蒸し焼き
豆腐とアオサの味噌汁
アボカドのレモン醤油
ワイン

P1980806.JPG



黒木耳と大蒜の茎の卵炒め
無花果の腐乳ヨーグルトソース
胡瓜の香味醤油漬
じゃが芋とズッキーニの味噌汁
ピオーネぶどう
ワイン

P1980846.JPG
posted by てこな at 23:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月13日

盆供養・・(水)

先日、盆供養にのために郷里の檀家寺から、
住職さんが家に来てくれました。

3日間で6軒のお宅に読経にいくそうです

結構信心深い人がいるものだと思いました。

前日、慌てて仏壇の埃をはらい、
お位牌、過去帳、線香、ろうそく、りん、揃えました。

この暑さの中、お寺さんは読経の1時間、一度もマスクを外しません。
まさに修行です。

IMG_4814.jpg


本当は面倒くさいなぁと思っていたのですが

たしかにこうやって仏壇に手を合わせていると
親孝行した気分になれましたから

佳き日になりました。




故郷がらみでもう1つ


60年以上昔の郷里の中学の同窓生で名前くらいは知っている

その程度の友ともいえない人から電話がありました。



一年半前、私の一番古い60年来の親しい友が亡くなりました。

私がその友と親しいと知っていたのか

〇〇さんと一年くらい連絡がとれないので心配しています。
彼女は今どうしてますか?≠ニ。

亡くなったことを伝えました。

衝撃だったらしく電話の向こうで号泣している様子でした。

60年間、ずっと密かに想い続けていたのだそうです。

長々と私に想いを話すのです。

まるで少年のような熱い想いに、聞いてる方が恥ずかしくなりました。

これは純愛?

こんなに想ってくれる人がいるなんて

彼女も女冥利につきる!


いい話です・・・が、ここだけの話


彼からのたびたびの電話を、友は迷惑そうでした。

それにちょっと怖く思ってた節がありました。



この顛末をそばで聞いていた連れ合いは、あきれ顔で


その人、耄碌してるんじゃないか!≠ニ一蹴。


   ☆   ☆   ☆


玄、顎に傷ができ化膿して痛いみたいで
ちょっと元気がありません。
医者で痛み止めの注射をして、静養中
栗が優しく介抱してくれています・・

P1980572.JPG

が、栗は信用できない。 ガブッ! って。
可哀想だけれどエリザベスを。

P1980537.JPG




最近の夕食


メークインのターメリックソース
白黒木耳と零余子の茶碗蒸し
揚げ茄子の韓国風ピリ辛だれ
豆腐と茗荷の汁
レッドグローブぶどう
ワイン

P1980310.JPG



雁擬きと生麩の薄味煮
ズッキーニのカルパッチョ
大蒜の丸ごと蒸し焼き
しめじとわかめの味噌汁
グレープフルーツ
ワイン

P1980390.JPG



フェンネルとズッキーニの塩炒め
枝豆とトマトのサラダ
いろいろ茸のグラタン
雁擬きとわかめの汁
アボカドのレモン醤油
ワイン

P1980417.JPG



夏野菜の揚げびたし
麩とトマトの炒めもの
鬼おろし納豆
酢薑
キャベツと隠元の味噌汁
ブルーベリ&ミルク
ワイン

P1980581.JPG
posted by てこな at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月11日

降ってわいた災難・・(土)

今、我が家のマンションは大規模改修工事中です。

全体に足場が組まれ黒いメッシュのシートで覆われています。
あと半年かかります。
同じマンションの友は、一日中カーテンを閉めているそうです。
私は、鬱陶しのが嫌で開けっ放し、

見たくもないもの見せられて、工事の人は迷惑だよ。

と、連れ合いは言ってます。自分も開けてるくせにです。


42年前にここに来ました。
まさか終の棲家になろうとはね〜

30年を過ぎるころから、マンションも人間も老朽化し、
朝夕は介護サービスの送迎車が目立つようになりました。

豊かでゆとりのある明るい老後・・・

そんなことはない、なんだか侘しい感じになっていました。

ところがここ数年、亡くなる人、施設に入る人などが続出し

うちのマンション、若返りました。

朝は小学生の登校風景、乳母車や車のチャイルドシートなどが
目に付くようになりました。

マンションも息を吹き返した感じです。

ただ、今度の修復工事で

年増の厚化粧≠ノならないかとちと心配。


うちの玄関の壁にこんな絵文字。

アリババが描いた?
1000万はありそうだ、と。

IMG_4719.jpg



最近は家の電話はほとんど鳴りません。

たまにかかると、オレオレ詐欺、金融商品の勧誘、
土地の売買、保険などなど

ろくな話はありません。

受話器を取ったときから、不機嫌な声を出してしまいます。

今日も、てこなさんのお宅ですか?≠ノ、思い切り感じ悪く返答したら

実家のお寺さんでした。

びっくりしてしどろもどろになってしまいました。

コロナのせいで遠方の檀家さんにはお参りもままならず
 残念なことでございます。
 つきましては、関東方面の檀家さまから頼まれまして
 お盆のご供養に東京に行くことになりました。
 おついでと言ってはなんですが、この際よろしければ、
 みなさまがたのお仏壇にもお経を唱えさせていだだこうかと思い
 ご連絡いたしました。
 よろしければ、お伺いいたしますが、どういたしましょうか?

という内容でした。

突然のことで、断る口実が思いつきません。

お寺のご住職はまだ若いのですが、真面目で誠実なお人柄です。

私が帰省しなくても、先日の母の命日には、
きっとお墓にお花を供え、お経も唱えてくれたことでしょう。

うちは面倒くさいので結構です、とは言えません。

出張供養ですからね、お包はいくらかな。
お食事も出すの?
どんな接待をするべきか、いろいろ悩みます。

お寺さんがいいかただけに、本当に悩みます。

降ってわいた災難だわと、仏壇の中の母に報告したら

母は高笑いをしてました。



   ☆   ☆   ☆

富士には月見草がよく似合う
玄栗には白い薔薇がよく似合う

image2.jpeg




最近の夕食


ゼッポリーニ
茸のオイルマリネ
トマトと胡瓜の水雲サラダ
卵と茗荷の汁
メロン
ワイン

P1980062.JPG



新玉葱のチーズグラタン
ヨーグルトいっぱいのポテトサラダ
いろいろ茸のオイルマリネ
半干し大根の漬物
アスパラと南瓜の味噌汁
グレープフルーツ
ワイン
  
P1980075.JPG



レタスとヤングリーフのサラダ
いりいりナッツとドライフルーツの南瓜あえ
つぶし新じゃがのチーズガレット
豆腐と茗荷の汁
アボカドのレモン醤油
ワイン

P1980082.JPG



茄子/トマト/チーズの重ね焼き
セロリのレモン漬け
ミニ胡瓜のホースラデッシュマヨ添え
南瓜と葱の味噌汁
西瓜
ワイン

P1980131.JPG
posted by てこな at 22:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

むかし話㉟ 悪魔の誘い・・(金)

山口県の町役場が誤って公金4600万円をある青年に送金し、
その青年が返金に応じず、ネットカジノで全額失くして、逮捕されました。
本当に全損したのか、どこかに隠しているのか、毎日テレビで大騒ぎです。

本当にスッカラカンになったのだろうなと、私は思っています。

毒食らわば皿まで と。

この青年は思いもかけない入金で
悪魔の誘いに乗ってしまったのですね。

だれしも、ちらりと

なんとかならないか!≠ニ夢見てしまう・・



50年以上前のこと。

同僚の友が

銀行に入金して帰ってから通帳をみると、
 凄い金額が入ってるのよ。

5000円くらいを入金したのに、通帳には0が2つ多くなっていたのです。

そのころはATMなんてなくて、窓口で紙に書いていたと思います。

給料袋は現金で部長からの手渡し、2万円くらいだったかなぁ。
ボーナスは社長から最敬礼しながら貰ってました。

2桁違いは、大きい!

仲間うちで一瞬考えたことは

得をしたかもしれない≠ニ。

気がつかなかったふりをして、しばらく様子をみたら?

試しに1000円くらいおろして、残金がどうなのか見ては?

銀行が勝手に間違えたのだから、こちらのお金になったのでは?

だれからも銀行に訂正に行こうという話はでませんでした。

数日様子を見たのですが、銀行からの連絡はありません。

私たちは当事者じゃないので、なんだかウキウキしてきました。

ところが、当人は黙っていることに耐えられず

銀行に電話しました。

銀行の対応は

ご連絡ありがとうございます。記帳間違いです。
 おついでの時に窓口までお越しください。
 正しく記帳させていただきます。

つまり原本は正しい金額になっているそうなのです。
銀行にとってはたいしたことではなかったということです。

菓子折り程度は期待していたのですが
それもなしでした。


今でもみんなでその話になると、よこしまな考えをもったことを反省するのではなく

いまだに菓子折りももってこなかった銀行に不満もっています。


   ☆   ☆   ☆


うちの毒食らわば皿まで

P1970981.JPG




最近の夕食

新じゃがと新玉葱のリヨン風味炒め
茗荷とわかめの卵とじ
スナップエンドウとエビのガーリックソテー
甘夏
ワイン/ベルガーダー

P1970632.JPG




丸ごとレタスのシーザーサラダ
丸ごとキャベツのベジタリアンブイヨン煮
レッドグローブぶどう
ワイン

P1970483.JPG




カプレーゼ
紅はるかの酢油醤油あえ
ズッキーニのナムル
新じゃがと茄子の味噌汁
バナナ
ワイン

P1970983.JPG
posted by てこな at 20:54| むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする