2009年04月26日

裁判員・・(日)

裁判員制度ができるまでの過程を、私は不勉強で、よく知らない。
実施される今ごろになって、いろいろ考えてしまう。

選ばれると、辞退できないとか
国民の大半は、やりたくないと思っているとか

私同様、どういう制度か、わかってない人が多いでしょうね。

国は、裁判員が座る椅子いすを、高級なものにする、
待ち時間に退屈しないように、ゲーム機をそなえるなどの対策をねっていると新聞にでていたが、

それ、ちょっと、違うんじゃない exclamation&question
そういう対策は、次元がちがうんじゃないか・・・・と思うのです

裁判員に選ばれても、全員が裁判参加するわけじゃなくて、
その前に面接などもあるそうだから
やりたくなければ、その席で、ちょっと過激発言をしたり
《私は、おしゃべりだから、守秘義務は守れそうにないダッシュ(走り出すさま)》などと言うと
あちらから、お引取りをと、なるのではないかしら。

一般人の感覚や民意を、反映させたいということなのでしょうが、

それより何より、私は、自信がない

我が家では、新聞、テレビで事件を知るたびに、連れ合いともども

《こいつは、死刑 パンチ

《獄門さらし首 むかっ(怒り)

《市中引き回しの上、打ち首 雷

《断種させろバッド(下向き矢印)

その他、もろもろの物騒 どんっ(衝撃)な言葉が、平気で飛び交う

とても、裁判員になれる器じゃないのです

それに、世間を見回しても
政治腐敗、汚職、収賄、凶悪事件、たかだか酒の失敗
それらが、同列に騒がれ、あっという間に忘れ去られていく

新聞の論調、テレビのコメンテーターの一言で、
世論とやらは、あっちに行ったり、こっちに行ったり・・

私をふくめ、こういう人たちが多い現状なのですから
辞退よりも、まず、その資格があるのか考えてしまう





昼食

エノキと舞茸の蕎麦
ブロッコリーとニラのガーリックオイルあえ
豆腐とアボカドの和風サラダ

IMG_8347.JPG






夕食

里芋のポタージュ
モッツァレラチーズのフラン(レシピ)
ほたてと蕗のサラダ
大根の葉の佃煮

IMG_8405.JPG




今日のボスは可愛く見えるでしょ犬・・

IMG_7396.JPG
posted by てこな at 22:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする