2010年07月04日

怖い話・・(日)

私は築30年、100戸くらいのマンションに住んでいます

交通の便もよく、管理もしっかりしていますので
定住率もよくて、最初からの住人がまだ半数は残っています

30年も住めばたいていの人とはご挨拶程度ですが顔見知りです



今朝、救急車が来て、すぐに消防署の車も来たりで
うちの前の階段が慌しげでした

午後になって、二人連れの警察の人が家にきて
《上の階の××さんをご存知ですよね》
《奥さまが自宅で亡くなられたので、ちょっとご協力ください》
《どんな感じのご夫婦でしたか?》
《だんなさんは、あなたとお話したことありますか?》

《個人的はおつきあいはありませんので、なにもしりません》
事情がわからないし、本当になにも知らないのです

ところが、入れ替わり立ち代り、別の警察の人もきて、3回も同じことをきくのです


私は犬の散歩でよく歩いているので、××さんとも、ちょっと立ち話程度はしています


どなたかが、私に聞くように言ったらしいのです

最近は妻が死ぬと夫が、夫のときは妻が疑われるご時世なので
そのための情報集めかとも思いました
××さんは、私より10〜20歳は年上で、ご夫婦二人暮らしです

警察の人に
《奥さまは病死じゃないのですか?》
《何か不審なことでもあるのでしょうか?》と聞いても

《ムニャ、ムニャ・・》と言葉を濁し

《最後に会った日を思い出してください、6月ですか?5月ですか?》
と、しつこく聞きます

死亡時期が問題のようでした

私は、まったくいつだか思い出せなく、なんの役にも立てません



今、思い起こすと、春頃にご夫妻そろって立ち話したとき
ご主人は、うつろな感じで、奥さまが世話を焼いているようで
だんな様の手を繋いで歩いているので、大変そうに見えたことを思い出しました
奥さまは、とても元気そうでした


あれこれ考えてみると、怖い話です







シェルティーのシェルくん、ボストンテリアのボス
お互いに、お手軽名前で初めまして・・

IMG_0496.JPG
posted by てこな at 21:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする