2011年04月15日

(金)

震災の被災者の人たちへ、有名人がテレビや、被災地を訪れて
お見舞いや応援のメッセージを伝えています

今日の読売新聞の寸評の欄で

《勇気を与える・・・・》などと、よく耳にするが
与える≠ヘやめたほうがいい、と

なるほどそうですね

確か、頑張れ!≠焉Aあまりにも酷、とか言われています
気持ちがあっても、どう言い表していいか、難しいですね


私は数年前、乳がんの手術をしました
その頃の私は、もう長くは生きられない・・・≠ニ思い込み
とても落ち込んでおりました

《大丈夫よ、治るわよ 決定》⇒他人事だと思って、軽く言わないでよ 雷

《お気の毒・・お辛いわね〜》⇒同情されたくない、憐れまないでよ どんっ(衝撃)

電話のとき
《あらっ、元気そうじゃないの》⇒私は声の病気じゃないからね むかっ(怒り)

とにかく、針ねずみのように、とんがっておりました

自分が苦しい時でしたから、他人の何気ない言葉や、ちょっとした態度に傷ついていました


今回の被災されたかたがたは、私のこととは次元の違う大きな悲しみですから
本当に、なにを言っても、むなしさを感じます

少しずつでも、いい方向に進みますように





昼食

3種ラディッシュとモッツァレラのサラダ
じゃがいもといんげんのニース風サラダ
きのこと空芯菜の芽の炒めもの
大根の葉と油揚の味噌汁

CIMG4389.JPG






公園の茂みの中から、誰かが落としたボール発見
大得意な顔 グッド(上向き矢印)

DSC03900.JPG





posted by てこな at 22:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする