2011年08月26日

(金)

日本橋三越で、食事 レストランをしました

ランチコースで、前菜、スープ、和洋折衷料理、デザート、コーヒー
コーヒー 喫茶店はお代わりできます
これで3500円は妥当でしょう

その後、同じデパート内の甘味処で
かき氷のいちごミルク≠注文しました
これがなんと、950円です、ちょっとぼりすぎでしょ
水商売とはよくいったものです
私が子どものときは、こんなもの10円くらいでしたよ

玉子は高価で1個10円くらいはしたかしら?
お見舞いなどには、玉子数個を貴重品のように持って行ってました
バナナも、遠足や運動会限定でした

今の値段がかわいそうな玉子とバナナです

それにくらべてかき氷のこの価格は、許せんむかっ(怒り)




売り場をちょっとぶらぶらしていたら
可愛いふくろうのブローチ≠ェ目に止まりました

ふくろうがメガネをかけて、揺れるとメガネの奥の
スワロフスキーの目玉が動くのです

1万円はちょっと高いけれど、ほしいな〜と思いました
一緒にいた友人二人も、《てこなさんが好きそうだわね、ちょっと高いけど可愛いしいいんじゃない?》

店員さんも、笑顔で
《これ、ステキですよね〜お年に関係なく、一生付けられますよ》

一生!!ちょっと大げさ!!

友人が私の顔をみて、なんだか目配せ目

10500円だと思っていたら105000円でした

さすが、三越
10万円のブローチを無造作に置いています


昔、実家の母は、これと同じ間違いをしました
《買います》と言ってから、桁間違いに気づいたのです
(16万のコートを1万6千円と見間違えた)
母は見栄っ張りですから、取り消しができません
その後、何年も悔やんでいましたよ


私は、《桁を間違えちゃった》と笑う勇気もなく、もちろん買う見栄もなく
ムニャムニャごまかして、遁走・・・

私も友人2人も、みんな1万円だと思っていたのです

私のような老眼鏡世代には、きっとよくある話しだと思いますね





夕食

失敗した玉子蓮
里芋の煮ころがし
だだちゃ豆の塩茹で
酢豆
大根の味噌汁
ピオーネ

DSC03968.JPG






ボスのお腹・中年の兆が・・・

DSC03943.JPG
posted by てこな at 22:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする