2011年11月03日

(木)

震災の瓦礫の処分を、東京都が一部引き受けて
今日、最初の30トンが着いたらしい

何千トンのうちの30トンでは、これからが大変です

この瓦礫は岩手県宮古島もので、福島のものではない

都庁には、1800件もの苦情がよせられたらしい

1800が多いのが、少ないかはよくわからないのですが
賛成も、反対も、声なき声はどちらがおおいのでしょう

東北を応援しようと、みんな声をあげています
自分の生活が困らない程度に、募金もしているでしょう
もちろん、私もそうです

たくさんの地方自治体は、最初のうちは瓦礫処理に協力するようなことを言っていたのに
今は、激減してるようです

自分の身近に火の粉が飛んできたら

《都は説明責任をはたしていない》
《もっと慎重にかんがえて・・・》



私に知識がないから、怖さを知らないのかもしれません

岩手や、宮城の人たちは、その瓦礫の中で生活しているのです

応援するってことは、痛みも分け合うってことではないですか


私の年齢が、言えることかもしれません







太郎くん、この近辺では強くて怖いもの知らずです
でも、幼馴染のボスは、負けてませんよ〜

CIMG9634.JPG


CIMG9637.JPG
posted by てこな at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする