2012年05月12日

(土)

94歳の私の母は、今ケアーハウスに入っています

この経緯については4月15日と17日のブログに書きました


入居してから1か月、2日に1回決まった時間に電話しています


《なにか困ったことはない? 食べたいものがあったら送るよ〜》

《今月末には、様子をみに帰るからね》

などと、ネコナデ声でご機嫌伺いです


いつ電話しても、愛想のない受け答えで、気が滅入ります
食事がまずい、友達ができない、職員が気働きしない・・・
口にでるのは、文句ばかりです

ところが今日は、やたらに元気のいい声で・・

《私、やっぱり家に帰ることにする exclamation
《ケアーハウスなんて、性に合わないの、面白くないのよ》
《あなたは、嫌だったらいつでも帰れる 決定って言ったでしょ》
《月末、あなたが帰ってきたら手続きお願いね》


ぎゃ がく〜(落胆した顔)


《てこなちゃんに、ケアーハウスに入れられたなんてお気の毒》
って、ご近所の人に言われたことも、ショックだったらしい


そのおせっかいオバサンがどんな顔で言ったか、想像できます
嫌な奴 むかっ(怒り)


また振り出しにもどったようで

布団をかぶって泣きたい



昼食

ルッコラのサラダ
ブラウンマッシュルームのカレーマリネ
ズッキーニの辛子あえ
あやめカブのミルクスープ

DSC05781.JPG



夕食

きのこカレー
車麩とゴーヤのチャンプルー
ピーマンのじゃこ炒め
レッドグローブぶどう

DSC05799.JPG


ピーマンのじゃこ炒め

DSC05788.JPG




こんな顔して、私は母に噛みつきたい  

DSC05240.JPG






posted by てこな at 23:39| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする