2013年01月11日

(金)

新聞のニュースより

乳製品アレルギーがある5年の女子児童(11)が給食を食べた後に死亡した問題で、
市教育委員会は8日、おかわりをした女児に担任が誤ってチーズ入りチヂミを食べさせたと発表した。


確か以前にも、お蕎麦で同じようなことがありました


給食で、アレルギーの子だけのために特別な安全な食事が用意されているということのようです

私はこういう場合は、お弁当を持たせるのかと思っていました


自分に置き換えて考えると(うちの子が、重大なアレルギーをもっていたら)
とても心配症で、また他人を信用しない性格なので
命にかかわることですから、全部自分で管理したい

給食なんて、たくさんの人が関わって、管理も複雑です
どこか1ヶ所で、ずさんなことがあったら命とりです


この場合の担任の先生のうっかり、許せないことかもしれないけれど
気の毒にも思います

《給食を食べる権利》
《みんなと一緒じゃなければ、いじめにつながる》
《お弁当は親の負担になる》

いろいろ理由はあるのでしょうが、複雑な思いで新聞を読みました



それから、大阪の高校で部活の先生に体罰を受け、自殺した子がいました
親御さんは、体罰を聞いていたようですし
まわりもこのことをしっていたのです
それでも、止められなかった


怖いことですが、他人は信用できません
私や、家族、そして大切に思う人たちは、


鬼になっても、自分で守る  


改めて、決意しました



本当に僕のこと守ってくれるの exclamation&question 首かしげますね〜

DSC06562.JPG





昼食

ばぁばの大根そば/ばぁばのそばつゆ/一茶庵流さらし葱(!?)
仙台油麸のオニオングラタン
茄子と茗荷の浅漬け
サンふじりんご

DSC07318.JPG

ばぁばとは、NHKの今日の料理に出演している鈴木登紀子さんのこと





posted by てこな at 21:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする