2013年02月20日

(水)

京都亀岡の無免許運転事故の判決

京都府亀岡市の集団登校事故で、無免許運転で事故を起こした少年(19)に対し
(懲役5年以上8年以下)の不定期刑を言い渡した。
求刑通り量刑の上限(懲役5年以上10年以下)を求めていた遺族らは悔しさをにじませ、
検察に控訴を求めた。
 (3人亡くなって、7名重傷)



求刑通り10年が認められたとしても、それでも軽すぎる刑だと思っています
無免許運転の事故は、殺人罪でさばいてもいいくらい、悪質です

公道を刀や斧を振り回して、暴れているのと同じでしょ



求刑よりなぜ2年軽かったのかというと

彼は18歳で、無免許ながら過去に20回ほど無免許運転をしており
運転技術もそれなりにあったので危険運転≠ニは言えず
《危険運転致死罪》が問えないという説明を読んだ


無免許で20回、その分の罰は?なし

その上、こんな大罪の刑がかえって軽くなる 雷


これこそ、一般感覚と大きくずれていると思いますむかっ(怒り)



本来の刑より重く、そう20倍、重くするべきだとは思いませんか?





昼食


きぬかつぎ
プチヴェールのくるみみそ和え
リーキと葉玉葱のヴィネグレットサラダ
白子の味噌汁
オレンジ

DSC08143.JPG





この寝顔 眠い(睡眠)を連れ合いは可愛い ハートたち(複数ハート) と言います

DSC08119.JPG





posted by てこな at 20:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする