2013年05月25日

介護認定・・(土)

母の介護認定のこと

母は去年は「介護1」でした
めまいで入院したり、気弱になってケアハウスに入居したものですから
とても危うくみえたらしく、介護度が高く認定されました。

ところが、今年は、とてもお元気で介護の必要なし・・ということで
認定が取り消されました。

ケアマネージャーのかたのアドバイスもあって、再認定を申請し
私も一緒に立ち会って、認定審査を再度お願いしました。

認定員の人は、とても好意的で、いろいろ母に認定がうけやすいような質問をしてくれます。

ところが母は、まったく唯我独尊、天衣無縫で
身振り手振りで、元気度をアピールします。

《私は、みなさんから、若い若いって言われてます(自慢顔)。
 困っていることなんて、ないですよ(笑)
 足だってこんなに上がりますよ(実演つき)》
 

これじゃ、認定がもらえなくても、文句は言えません。


それでも、認定員の人が、母のいないところで私の話も聞いてくれましたので

95歳という高齢、一人暮らし、私は遠方ですぐには来られないこと、
寝たきりになってからの手厚い介護も大切だけれど
それ以前に、そうならないようにサポートする意味で
いろいろな介護サービスが利用できる権利が欲しい、とお願いしました。

「予防で認定はできないのですよ」とのことでした。




さきほど、電話で、

《お友だちに九月の南座の歌舞伎をさそわれたのだけど、あなたも一緒に行かない?》って言ってます。

元気でしょ!!





ところが、予想外の認定結果 “支援2”がつきました。

これで、デイサービスとか、ヘルパーさんを少しは利用することができます。

私が執拗に食い下がったので、得をしたのかもしれません。

私のように、うるさく頑張る身内がいる高齢者と、
家族の縁が薄く、一人で遠慮しながら生きているかたがたとでは、
介護の認定、施設の利用など、大きく差がついてしまうように思います。。


まだまだ、問題がいっぱいですね。




昼食

キャベツと生木耳の甘酢炒め
さつまいものレーズン煮
鰆の西京漬
ごぼうとエノキの味噌汁
フルーツトマト

DSC08118.JPG



夕食

ゴーヤと鰻の混ぜずし
とうもろこしと海草のサラダ
カプレーゼ
カリフラワーの味噌汁
レッドグローブぶどう

DSC08131.JPG




Best Selection - BOSS  A

名画になったボス

feb522e92fd6e2b9_o.jpg
2007/11(1歳6ヶ月)





posted by てこな at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする