2013年09月20日

(金)

それなりの有名人やその身内の不行跡がよくスクープされてます。


私は、下世話な噂好きですから、興味津々で見ています。

他人さまのちょっとした不幸は・・・蜜の味かな〜


親の方に問題がある場合は

《こどもは親を選べない》と、かえって気の毒に思います。
とんでもない親に、健気なこどもの話などを見聞きすると、
よくぞ ガッバってるね〜と、
これは表彰ものですね。



子どもの方の悪行については

成人したら別人格とはいうものの


みのもんたさんの息子さんのように
親の権威、コネ、財力など
七光り浴びまくり(に見えます)では、世間の(私の)目は厳しい。

 
 
親の方が日頃、したり顔でウンチクを垂れ、傲慢不遜にも見える言いたい放題だと、
言葉は悪いけど、《ザマーみろ 》的感じで
どうしても、意地悪になってしまいます。


まぁ、成功者への私の妬みが、そんな反応になるのですけどね。

 
 


最近はマスコミ(テレビなど)関係には、たくさんの有名人の子女が採用されています。


そういえば、私が住んでいる町の市役所なども、コネが効きまくりのようで、
兄弟同じ市役所、身内が大勢市役所など、自治会長さんの息子が・・と、???な感じです。




コネ入社などは、どこの会社でもやっていることでしょうが、

 
 
公正中立を旨とすべき職域ですから、
何となく、不愉快に思って見ています。
 
 
 
Best Selection - BOSS 26


これもコネ?

2011年9月のカレンダーの表紙の写真。
娘夫婦の、七光りのおかげで採用されたのでしょう。

親心としては、実力と思いたい わーい(嬉しい顔)

IMG.jpg


4歳ころ

 
 



昼食


豆腐の明太子炒め
メークインとアボカドのターメリッククリーム
ガルバンゾ/レッドキドニー/釜揚げ桜えびのサラダ
蕪の葉の味噌汁
プルーンの蜂蜜がけ

DSC02424.JPG





 


夕食


菊のおひたし
じゃがいものチヂミ
本干し身欠き鰊の甘露煮
ウニの瓶詰
大根の味噌汁


DSC02219.JPG

posted by てこな at 19:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

ただいま〜・・(日)

昨日、お気楽入院終了帰宅しました。


新しい薬と相性がよくて、あまりによく効くので

私、ひょっとして全快したのか≠ニ勘違いしそうになります。

一生治らないとわかっていても、私だけは神様のご褒美で、
と虫のいいことを期待するのです。


それでも、今度の薬は使い勝手がいいようで、入院した価値はありました。

私は《尿崩症》という病気ですが、患者数が全国で7〜8000人くらいの、
相当に珍しい病気です。


ところが、入院中に同じ病気の人に偶然に会いました。


私は、病歴がまだ3年ですが、
そのかたは10歳に発病して、40数年通院しています。

小学校の時に、原因不明に発症して、
病名が確定するまでに、大学病院に2か月も入院し、
薬もとても高価で、大変な年月を過ごされたとのことです。


今は、いい薬を保険で安く使えますし、副作用も心配ないのですが

昔は症例が少なくて、手探り治療だったらしく、
若いころには《結婚、出産》も、なかば諦めていたそうです。

それが、理解ある優しいかたとの出会いがあって、結婚なさっていると聞き、
ちょっとウルウルしました。


40年以上の病歴があるのに、同病の人に直に会うのは初めてだとのことでした。



 

幼いころに別れ別れになった妹だ exclamationexclamation みたいな感覚です。

 

☆  ☆  ☆

病室は2人部屋だったのですが、
同室だったかたは、副腎腫瘍の再発の疑いでの検査入院です。

大学病院なので、主治医、入院担当医、専門医など、  

部屋には色々な先生が来ます。

カーテン1枚の仕切りですから、声は全部聞こえます。
私はお気楽入院ですから、先生がたも数秒回診です。
 
そのかたには、それぞれの先生が、長く触診したり、データーを見ながら(私の想像です)


《あぁ、しこりがあるね〜再発かな》(泌尿器科の先生)


それを聞いてお隣の人は、ズドーンと落ち込んでいました。でも、次にきた病棟の先生は


《検査しているけれど、僕は再発したとは思ってませんよ、数値も悪くないしね。
安心するための入院と思ってね》

と、言ってます。


翌日きた、主治医の先生は

《再発の可能性はあります。そのための検査ですから》
 

ちょっとした言い回しかたの違いですが、
隣のベッドで聞いていても、すっきりしなくて、
その後の、彼女のため息の数をどうしようもない思いで聞いていました。


内分泌科は、包帯とか、ギブスなどの人はいないのですが、
なんとなく、元気のないバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印) かたが多くて


私だけ浮かれているわけにはいきません。


帰宅したら、ボスがバンザイして迎えてくれました。

IMG_7950.JPG


娘が描いた、2歳ころのボス

 
 



 

昼食


さつまいもとにんじんのドライフルーツ和え
ブロッコリー/ズッキーニ/エリンギーのインディアンソース
とうもろこし
鰆の西京漬
千六本の味噌汁

DSC02332.JPG

posted by てこな at 21:50| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

(日)

2020年のオリンピックが、東京に決まりました。
私は、落選と予想していたのです。


楽勝でしたね。びっくりしました。

宅配の号外まで配達されました。


半世紀近く前、田舎から上京したばかりのころに、東京オリンピックがありました。

確か、1964年10月10日は晴天で、

開会式の東京の空に、飛行機5機が、5色の煙で、
とてもきれいな五輪マークを作りました。

下宿の窓から見上げた、思い出があります。

テレビは白黒でした。

田舎者のミーハーで、東京弁にさえ感動していましたから、

期間中は、あちこちで外国人や外国語があふれていて、
もう、浮かれてましたね〜。



バレーボールの金メダルに熱狂し(もちろんテレビで)、

マラソンのアベベ選手は、沿道で見ました。
 
東洋の魔女=@裸足のアベベ=@です。

その時の女子バレーのキャプテンだった河西さんが、先日テレビに映りましたが
すっかりおばぁちゃんになってました。

私もおなじだね。



2回もご当地オリンピックを見られるのも、いいかもしれません。
まだ7年もありますから、生きてればの話です。





連れ合いは、オリンピック招致には、前々から大反対でした。

皇室嫌い、政治不信、流行の風潮には背を向け、

とにかく、偏屈に暮らしています。


その上、年と共に怒りっぽくなり癇癪も起します。


これから7年、ことあるごとに、オリンピック関係には
いちゃもんちっ(怒った顔) をつけることでしょう。

 
 
鬱陶しいことです。
 
 
  ☆   ☆   ☆
 
 
明日から数日、病院に行ってきます。



 

 
Best Selection - BOSS 25


留守を頼むね。

は〜い、ハイタッチ 決定

IMG_4135.JPG

1歳3か月






夕食

落花生の塩茹で
ズッキーニとかぼちゃのマリネ
じゃがいもと鱈のグラタン
生木耳の塩こうじ味噌汁
川中島桃

DSC02242.JPG

 
posted by てこな at 22:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

朝顔・・(木)

ベランダに咲く朝顔です。


DSC01777.JPG


今日で、3202輪咲きました。

去年は2000輪あまりですから、

今年は猛暑の中頑張りました。

頑張った朝顔もすごいけれど、毎朝数える連れ合いも
まったくね〜

 

朝起きて、まず朝顔を数える、夢日記をつける。
食事を作る、楽器(チェロとクラリネット)の練習をする、
お習字の手習いをする。
読書・音楽鑑賞しながら居眠りをする。


どれも、1つ1つはまともな事なのですが、
連れ合いは、これを毎日全部やっているのです。

 
家にいる限り、毎日です。

忙しい〜って、イライラしてます。
 
あぁ、私にはついていけないです。
 


その連れ合いが、真面目な顔をして
暑中見舞いのはがきを持ってきました。

 
《この当選番号を調べてほしい。どうも当たっている予感がする》
と、言うのです。たった1枚ですよ。

1カ月も前にきていたものを、その予感とやらで大切に残していたのです。
 


年賀状だと、結構な枚数があり、多少は期待するけれど
それでも大したものは当たりません。


それがたった1枚の暑中見舞いが、当たってるはずないですよ。


ところが、当たってたexclamation


なんてことはないです。 惜しい数字でもなかったです。

 
 
 
そういえば、昔、昔を思い出しました。


長男が小学生のころのことです。

 
クイズの懸賞はがきを出すのを、ひどく躊躇っているのです。
当たるはずがないと思ってのことかと聞いてみましたら


《僕は2等の賞品が欲しいの、それなのに1等が当たったら困るよね〜》




脳天気な父子の話です。



 


Best Selection - BOSS 24

7年前の今日です。(3か月半)

IMG_0557.JPG









 


昼食

豆腐のなめこあんかけ
九条葱とタコのぬた
玉葱と肉厚ピーマンの辛味炒め
りんご

DSC02133.JPG

posted by てこな at 22:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

(月)

明日から、内分泌科 病院 に入院の予定でした。

薬の変更のための入院ですから、お気軽なもので、楽しみにしていましたが、
ダメになりました。

先生が気を利かせてくれたのか、貧乏を承知の上なのか
差額ベッド料金のない部屋という条件まで付けてくださったのですが、

どうもその条件のせいらしく、空き室なしということで入院できませんでした。

主治医は《大丈夫、大丈夫》って笑って請け合っていたのにね。

予約係の人にその旨を話すと

『こっちの苦労もしらないで、先生方は勝手なこと言うのよね〜むかっ(怒り)
と、切れた言い方していました。


しっかり、係のかたには謝ってもらったし、まぁ、ゆっくり待ちます。
 


    ☆    ☆    ☆     



31日の土曜日、次男一家が遊びに来ました。

4か月ぶりに会った孫たちは、ずいぶん大きくなっていました。

来るたびに、柱にしるしをつけて測っているのですが、
今回は4か月で、5cmも伸びています


孫に見下ろされる日も遠からずでしょう。




向かいのトイザラスに行きました。

買ってあげるものは1人2個までと、いつもの約束です。


以前は、とっかえひっかえ悩んで、悩んで2個を選んでいました。
5000円のものと300円のものを、同じ1個の価値で、
どっちにするか悩んでいるのは、おかしいですね。
どんなに迷っても、2個以上は欲しがりません。

DSC01943.JPG


DSCN3857.JPG

今回はすんなり決まりました。
安いものばかりで、大助かりです。






初めて、下の孫もお泊りすることになりました。
お姉ちゃんと一緒だと、そう難関ではなかったですね。

むしろ、息子やお嫁さんのほうが、心配げで寂しげでしたよ。





翌日は、上の孫の希望で、映画『風立ちぬ』に行きました。

DSC01967.JPG


子供向けのものは、たいていはもうみているらしいのです。

まだ見てないという『こびと劇場』を提案しましたが、

《いやだ〜気持わるい》と却下されました。



『風立ちぬ』は6歳、3歳では、ちょっと無理かと思っていましたが、
案の定、よくわからなかったらしい。

それでも、自分が言い出したことなので、文句も言わず居眠りもせず
頑張って見ていました。

私は、途中で下の孫のおしっこ∞のどが渇いた≠ノ、大汗かいて、
鑑賞どころじゃない。


終わってから、


《おもしろくなかったでしょ。みのりちゃんが希望したのだからね》
と嫌味を言ってやったら

さすが、楽しかったとは言わず

《面白くないから見ない方がいいよ、って最初に言ってくれなかったおばぁちゃんも悪い》


ああ言えば、こう言う・・まさに私の孫です。





人間嫌いで、癇癪持ちの連れ合いですが
この2人にだけは寛容です、下僕のようにお仕えしています。

DSCN3836.JPG



Best Selection - BOSS 23

昨日見た《風立ちぬ》の宮崎駿監督が、引退されるそうです。
宮崎監督のスタジオジプリといえば《となりのトトロ》

トトロといえば、ボス。
トトロはボスのお母さんでした。

うちの子になった、次の日です。
なにげなく見せたら、こんな感じになって・・・・・

P1000650.JPG


亡くなる日まで、大切なお母さんでした。
このトトロは10代目くらいですかね〜
さびしいです。

DSC08397.JPG






夕食

そうめん
焼き茄子
蕪と油揚げの煮もの
鮪のやまかけ
川中島桃

DSC02052.JPG





posted by てこな at 22:33| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする