2013年11月30日

とりちがえ・・(土)

ニュースから

60年前に生まれた東京の男性について、東京地方裁判所はDNA鑑定の結果から病院で別の赤ちゃんと
取り違えられたと認めたうえで、「経済的に恵まれたはずだったのに貧しい家庭で苦労を重ねた」として
病院側に3800万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。



60年も経ってわかるってこともあるのですね〜

今になっては、どうしようもない話ですが、

3800万円がその値段だとすると

人の人生は、安くみられたもんですね。


裕福か貧困かの差は大きいけれど、それよりなにより

本来居るべき場所が違っているのです。

やり直しがきかないほど年月を経ているのです。


貧乏=不幸 とは言い切れないし、、

お金のないほうに間違われた男性ばかりを、
あまりにお気の毒、お気の毒と言い過ぎるのも
かえって、失礼な気もします。

それでも、やっぱりご本人やその周りの人にはひどい話です。


どう償っても十分とはいえないけれど・・・

宝くじが数億円の時代に、60年の理不尽の代償が3800万円とは、いかにも軽い。



子どものころに『王子と乞食』という児童図書を読みました。

あれは、王と乞食が納得して交代したのですが、
お互いに苦労して、結局もとにもどる、という話だったと思います。

子ども心に、王子さまは元にもどりたいのは当然として、、
乞食の少年の気持ちがよくわからなかった。

小さいころの私は、王様になったら絶対幸せ!元に戻りたいなんておかしいよ。
と思いながら、読んでいました。

作者の意図は私には伝わってなかったみたいです。




Best Selection - BOSS  43

うちの王子さまです。

IMG_3290.JPG

3歳頃





昼食

大和芋と小えびの磯焼き
セレベスのホットクリーミーサラダ
海草とスモークサーモンのサラダ
いんげんとじゃこ天の味噌汁
サンふじりんご

DSC04294.JPG
posted by てこな at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする