2014年12月23日

ボスの映画・・(火)

娘から、教えてもらいました。

もうすぐ公開の、ディズニーの新作アニメは、

ボスが主役だって。

《フィースト》という短編作品らしいのですが、
どこに見に行ったらいいんでしょう〜
普通の映画館でみられるのかしら。






名前はウインストンというらしいですが

ボスと改名してもらいたい。


posted by てこな at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

日々のこと・・(日)

術後6週間たちましたが、
膝に入れた人工関節が、まだ私と一体化したくないらしく
ずきずきと痛い信号を送ってきます。

長年0脚で歩いていたものですから、
急に膝が真っ直ぐになったからといって
他の体の部品が対応できないようで、あちこちで不具合がおきています。

腰から下が、鉛のようににぶく、だるく、夜も眠れない有様です。

入院中には、耳鼻科で鼻腔粘膜焼灼術もしたりで
今も、鼻の奥が腫れぽくて、これにも困っています。


私にして、大真面目に取り組んでいる毎日のリハビリも、目にみえた成果はありません。

転んではいけない。転んではいけない。と
念仏のように唱えながら、慎重に歩いています。

ところが、なんでもない道で、ドタンと転んでしまった。
膝が壊れた 頭が真っ白になりました。

何人ものかたが、寄ってきて手を貸してくれました。
恥ずかしい、痛い、悲しくなります。
それでも、転び方がよかったらしく、その後、膝は大丈夫だとわかり
気を取り直しています。

健全な体に、健全な心が宿る。とはまったくその通り

見るのもきくのも癪の種、ひねくれて暮らしています。




癪なこと

アヒルの保険会社に、今回の入院の保険請求しました。

振り込まれた保険金は、入院保障は予想通りでしたが、手術給付金は、なんと5万円なのです。

4時間の手術、ウン十万円の手術料で、たった5万円ですか


乳がんのときは、なんやかやで200万円もらいました。


2年前、白内障の手術をしましたが、
片目、15分くらい、日帰りの簡単なもので、
両目で、治療費は10万円くらいでした。

その時の、手術給付金は片目10万円、両目で20万円もらったのです。
手術は楽チン、そのうえ、儲かっちゃったと、喜んだものです。


私の膝の中には、高級な500gもする金属がはいっているし、
1ヶ月も入院したというのに、この扱いの軽さぞや、泣けます。

足は目より、格下ってことなの。


なんでだろうと、不思議でなりません。



とはいっても、私はこの会社の保険をもう30年以上は掛け続けています。

私などは、払い戻しをしてもらってるほうだと思いますが、


それでも、今までに掛けてきたお金のほうがはるかに多いでしょう。

まだ、半分も返してもらってないよ、と文句をいったら

《保険ってそういうものでしょ》と、亭主に笑われた。


保険会社は、儲かる商売ですね。




数日前から、友人の紹介の整骨院に通い始ました。

息子くらいの若い整体師ですが、なかなかのもので、

通院2回と、この整体師から教わった自宅での訓練で

少し、目先に明るいものが見えてきました。

理学療法士、整体師、マッサージ師のちがいはなんなんでしょう。
なにかわからないけど、今回は当たりのような気がします。


ただ、ねぇ

整体の診療台、乗せているバスタオルも、枕にのせる白い布も
なんだか、わびしい。

病院のような、清潔感がないのです。


でも、腕がよさそうだし、イケメンなので、我慢します。
自分用の枕カバーをこっそり用意して持って行きます。


 ☆   ☆   ☆


年末なので、祭壇をちょっときれいにしました。

来春には、ボスを納骨しようと思います。

DSCN4843.JPG



昼食

ぶり大根
ピータン豆腐
白菜漬・青菜漬
アボカド

DSC04799.JPG



posted by てこな at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

わたくし事・・(水)

人工膝関節置換術のため、一ヶ月近く入院していて、
月末に退院しました。

退院時に、主治医から
『順調ですよ〜 傷もきれいだし問題なし 決定

『飛んだり走ったりして、転ばないようにね』という注意もありました。


へえ 飛んだり跳ねたりができるんだ グッド(上向き矢印)

ここ十年以上、跳ねるどころか、小走ったこともなかったですから、
すごく、うれしくなりました。


ところが、家にもどってみると、

ちょっと動くと熱はでるし、歩くと痛い。

下半身が、だる重〜い
重くて、重くて、身の置き所がない感じで、悶々としています。

自分の日々に課せられたリハビリの訓練は、辛くて心が萎えそうです。


忍耐、努力、継続、根性

この言葉は、私がもっとも苦手にしているものです。


手術は本当にちゃんと正しくやってくれたのかしら、責任転嫁で、

ちょっと、疑ってしまいます。


私はこの病院で4回、手術をしました。
乳がんのとき、脳下垂体のとき、どちらも明日の自分を想像できませんでした。

それを思うと、贅沢な話です。



入院中に、誕生日になりました。

食事カードに、お祝いのメッセージがついているので
(メッセージだけで、ケーキのひとかけら、おかずの一品もふえてないのですが)

DSCN4841.JPG

みなさんから、おめでとう、おめでとう。


若い看護士さんたちから

『てこなさん、長生きしてくださいね 』

ショックです。

長生きなんて言葉は、平均寿命を過ぎてから言われるものだと思っていたのです。

電車で席を譲られたり、この長生きしてね、も、みんな善意だとわかっているのです。


素直に感謝して生きるということを、もっと勉強すればいいのでしょうが、

なかなか丸くなれません。まぁ、とんがってがんばります。



とにかく、痛くて怠くて

喚きたい むかっ(怒り)



夕食

きのこスパゲッテイ
四色トマトと豆腐のサラダ
柿とキーウイの蜂蜜ヨーグルト和え

DSC04506.JPG

posted by てこな at 21:05| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする