2015年02月03日

ボスの散骨・・(火)

1月31日に、ボスの散骨をしました。
DSC06175.JPG

墓地からみた、瀬戸内の海です。 ⇒


この霊園には、ボスの兄たち、
実家のワン、ニャン
ボスの兄の両親、親族一党が、眠っています。

あちらの世界では、我が一族は幅を利かせて
いることでしょう。


弟だよ、仲よくしてね≠ニ、
3兄に紹介しました。



みんなが守ってくれるから、
ボス、大丈夫だよ。

DSC02064.JPG




翌1日は、丸亀マラソンの日で、一年で一番人間が多い日です。
人口6万人の市です。
マラソン参加者は1万人くらいはいるそうで、
タクシーの運転手さんが
『北海道や沖縄からも、よ〜け(たくさん)来るけんね』
と、誇らしげです。
若者で駅前が、賑わっていました。

箱根駅伝の山の神≠ナ有名になった神野大地くんを

生でみたよ〜






実家の母は、元気でした。

連れ合いは外ずらがすこぶりいいので、母にとても優しく接してくれます。

自分が若く見えること
頭もしっかりしていること、
ケアハウスでは最高齢で、みんなから百歳まで生きるって保証されている・・etc

連れ合いが根気よく聞いてくれるので

自慢しまくりで、ご機嫌でした。


 ☆  ☆  ☆


凹むこと

バッグを落としました。
置き忘れじゃなく、バッグごと落としものです。

多分、落としてから5分くらいで、気づいたと思います。

母の用事で買い物に出掛けたときのことです。

逆の順路でたどってみても、ありません。

地獄に堕ちた気分です。

バッグの中身は

財布、運転免許証、健康保険証、銀行カード、その他のカード
携帯電話、母から預かった通帳類

30分くらいうろうろしましたが、やっぱりない。

どうしよう〜 頭が真っ白とはこのことです。

魔法のように消えた って感じで
思い当たることもないのです。

ハッ と思って、公衆電話から、自分の携帯に電話をしました。

電話がつながった

『もしもし、こちら、丸亀警察署です』だって。

うれしかったですね〜


飛んで行きました。


道路にゴロンと落ちていたそうです。


『誰が拾ってくれたん?』

『お礼はいらんちゅうて、名前を言わんと帰ったで。』


世の中、親切なかたがいるものです。感激しました。
ありがたかったです。


バッグの中身をみまわしても、全部そのままのようでした。

警察の人と一つ一つ確認しました。


たったひとつ足りないものがありました。
8枚の一万円札です。(母からの預かりもの5+私の3)


財布の中の千円札や硬貨は全部そのままありました。


届けてくれた人が?
いや、その前なのか?

分かりません。


警察から『被害届をだしますか?』って、言われましたが、


出せませんよね〜

バッグごと海にでも捨てられていたらと思うと、やっぱり恩人でしょうからね。



それでも、時間が経つうちに、だんだんケチな本性がでてきて、ちょっと悔しくなってきました。

だれにも言うまいと思っていたのですが、

つい、母に愚痴ってしまいました。


『財布を落とす人はいるけど、バッグごと道に落とすなんて、聞いたこともないし、私でもやらない。
東京に帰ったら、脳の病院に行ったほうがいいよ。あきれたもんだ』

『○○さん(連れ合い)には、言わないからね、娘がおかしいと思われるのは嫌だから・・』

『あなた、こないだ手術したので、そのせいで頭がおかしくなったのかねぇ』


散々の言われようです。損失補てんしてもらった手前、頭が上がりません。


帰りの電車で、つらつら考えましたが、やっぱり頭がおかしいかもしれません。
来月は、脳外科の定期検診なので、先生に相談してみます。


自分の恥をブログに書くのもどうかと思われそうですが、


笑話しに、してしまお〜




夕食

芽キャベツのトマト煮
トレヴィス/チコリ/ルッコラのサラダ
えぼ鯛の干もの
つぶ貝煮
白子の味噌汁

DSC06099.JPG




posted by てこな at 19:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする