2015年08月10日

機転が利かず・・(月)

土曜日の午後2時ころのことです。

買い物に行こうと、マンション玄関を出たとたん

男の怒声が聞こえます。


怒鳴り合いの喧嘩か exclamation


若い男が奇声を発して、駐車場で走っています。

それで、マンションに駐車している車を喚きながら足蹴りにしはじめたのです。


怖くて、怖くて、声も出ず、植込みに隠れてしまいました。

しばらくしたら、奇声を上げながら、マンションの敷地からいなくなりました。

精神を病んでいるのでしょう。


すごい声と音ですから、マンションの窓から見ていた人もきっといたと思います。

でも、だれも窓も開けないし、出てくる人もいません。

本当に聞こえてないのか、見て見ぬふりか


蹴られた車をみたら、無数に凹んでいました。

もしも私の車だったら、立ち直れないほどショックだと思います。



その後、近くのショッピングセンターに行ったら

あれっ

先ほどの、青年を見つけました。

泣いている母親らしき人、施設の人らしき人に押さえつけられています。


車のことを、この人たちに、言うべきですよね。


言えなかったのです。

逡巡しているうちに、見失ってしまいました。


今思うと、携帯で写真でも写しておけばよかった。

車の持ち主は、犯人が分からなかったら、自腹で修理でしょ。
車輛保険にはいっていても、相当の損害です。


同じマンションのかただから、事情を説明したほうがいいでしょうね。


管理人さんが今日までお盆休みなので、

明日、相談してみます。


それにしても、いろいろチャンスがありながら、

なにもできなかった。


悔やまれます。




この子たちが一緒でなくて、よかった〜〜

玄だときっと吠えたでしょうから、

考えただけで、ゾッーとします。

P1030296.JPG




夕食

きのことイカのバター醤油
豆苗と春雨のごま和え
鰆の西京漬
にらと茗荷の卵汁


P1030112.JPG



posted by てこな at 19:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする