2016年06月13日

雷のこと・・(月)

雷の診察日でした。

前回の血液検査でアンモニア値が高かったことで

門脈シャントの再発≠フ影におびえていました。


今日は、念を入れて、血液検査、超音波などしっかりやりました。

結果は、

『肝臓に正しく血液が流れていて、シャントはありません』

『アンモニア値も正常です』

うれしかったです。


じゃ、前回の数値はなんだったんだ

先生、しゃらっとした口調で

『1回くらいの数値ではわかりませんよ』


心配そうな顔付したのは、あんたでしょ 💢

って、言いたい。



ここ1ヶ月の心配のストレスと、検査料のお値段・・・


安心料は高くついた〜 😵

P1250576.JPG

玄8キロ、雷7・7キロ。
上限いっぱいです。
安心したから、明日からは、ダイエットしないとね。




夕食

きのこの茶碗蒸し
切り干し大根と青葱のゴマ炒め
鰆の西京漬
ぶどう

P1240942.JPG
posted by てこな at 22:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

動物園・・(日)


昨日、連れ合いは孫たちと上野動物園に行きました。

朝10時に出発して、帰ってきたのは、8時です。

この暑いのに頑張りましたね〜


孫が来るたびに

『動物園は楽しいよ。』

『ハシビロコウもいるし、パンダやライオンや・・・』

『おじいちゃんが連れて行ってあげようか?』

親切の押し売りをしておりまして、
今回は、孫が彼に付き合ってくれたのかもしれません。

連れ合いは動物園が大好きなのです。

ナマケモノの檻の前で

『おばあちゃんみたいだね〜』と、きっと言ってるな。

このところ、

おじいちゃん株が急上昇中。

ちょっと妬ましい・・・・


動物園で、

P1250051 - コピー.JPG

帰りの電車では、

P1250465.JPG


  ☆   ☆   ☆


明日は雷の血液検査に行ってきます。心配 ⤵
替え玉に玄を連れて行きたい、

大丈夫、🆗  ってわけにはね・・・

P1240738.JPG



夕食

アスパラとズッキーニのバーニャカウダ
ケールとセロリのチーズサラダ
ブロッコリーとサーモンの粒マスタード和え
小松菜の味噌汁
アボカドのレモン醤油

P1240691.JPG

posted by てこな at 23:23| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

なんか悔しい・・(土)


頭ごなしに説教された。

家の近くの歩道を自転車に乗って通行中のことです。

『ちょっとあなた、止まりなさい。ここは歩道ですよ』

私と同じくらいの年齢と思われる女性から声をかけられました。

瞬間的に

『すみません。』

と、言っちゃったのです。

内心、ここの歩道は確か、自転車可だったのでは・・・
でも、自信がありません。
見回しても、標識がありません。

謝るしかないね〜

ところが、ここからです。

『あなたも、相当の年齢でしょう、少しはお勉強なさいませ』

『歩道を走った自転車が3000万円の賠償させられた例がありますよ、ご存じ?』

『自転車保険に入っておくべきですよ』

『あなたのような非常識な人が、世間にどれだけ迷惑をかけているか考えてください』

最初に謝ってしまったもので・・・卑屈になってしまった。

何回、すみませんと言ったことか。

そのかたは、正義の鉄槌を下して颯爽と行かれました。


やっと放免されましたが、さすが鉄仮面のてこなも、茫然自失です。

桝添さんが、正義の刃とやらのいじめによく耐えられると、
ある意味、感心してしまいます。



一旦帰宅しても、もやもや・・

確かめに、その道までもう一度、歩いて 行ってみました。

ちょっと離れた所に、自転車可の標識がありました。
でも、100メートルも先なので、通用するかな?

なにも考えないで走っていた私は、あまり大きい口はたたけません。


今度は、道路交通法を調べました。

結構いろいろな条件があって、一方的に叱られることはなかったのです。

それよりなにより、

私は、大手をふって、歩道を自転車で走れるのです。

ただ、その理由がね〜 泣ける。


〈13歳未満と70歳以上の人は、自転車で歩道通行可〉


  ☆   ☆   ☆

今日は暑かった〜
冷え冷え雑巾を頭にかぶって、青息吐息のお二人さま。

P1240547.JPG

posted by てこな at 23:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

母、ひとり勝・・(日)


運動会のリレーのときの孫です。

クラスの激戦を勝ち抜き、選手に選ばれて、とても喜んでおりましたので、
ぜひ応援に行こうとおもっていたのですが、
急きょ帰省することになって、残念。

連れ合いが撮った写真です。

P1240284.JPG


実家の母が電話で

『そろそろお迎えがきたみたいだから、すぐに帰ってきてよ』

『0先生(近所の主治医)があなたに話があるらしいのよ。
そのとき、あとどのくらいか、あなたから聞いてね。』

さすが慌てて帰りました。


母は、意外に元気そうで、お土産のガトーショコラをペロリと食べて
とてもそろそろには見えません、

本人は、『夏は越せそうにない』と弱気になっています。



早速、主治医に余命宣告とやらを聞きにいきました。

先生、

『僕、呼んでないよ。娘さんは元気?とお母さんに聞いただけだよ。
別に特に問題ないですよ。

後どのくらいって言われてもね〜
98歳じゃ、毎日がそろそろみたいなもんでしょう』

と、笑ってました。


もともと唯我独尊の人でしたが
ますます磨きがかかってきました。

耳が遠くなったせいで、私の言うことも聞こえたふりで誤魔化すし、
話しも全部自分中心です。

昔話しが多くなり、
話しの中の母は、いつもスターです。

役どころは、
意地の悪い姑や小姑にいじめられながらも、
勝手な暴君に尽くす健気であっぱれな妻。
関係者はみな鬼籍ですからね〜
言いたい放題、生きてる者勝ちです。

あちらの世界で、蓮の台から下界を眺めた祖父母や父が苦笑いしていることでしょう。


私も母と同じような性格ですから、

自分の老いさきをみるようで、ちょっと怖いですよ。


一安心したものの、やっぱりこちらに帰るときは
1人で残る母に、後ろ髪をひかれます。


まだ呆けるというほどではないので、きりのいい100歳までは
母には頑張ってほしいと思っています。


  ☆   ☆   ☆



炎天下の散歩にはどっちがいいでしょうか?

P1220714.JPG

P1220294.JPG




昼食

アボカドと豆腐の和風サラダ
鯵の冷たいラタトゥイユソースマリネ
棒天
アスパラとマッシュルームの味噌汁
ぶどう

P1240581.JPG

posted by てこな at 14:14| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

しつけ・・(土)


行方不明だった大和くん、無事に見つかって、本当によかった

日本中が安堵してますよね〜

この父親が、山中に置き去りにした、しつけ≠ノついては
ずいぶん、責められていました。

今までの事件の子ども虐待とはまったく違った次元の話しなのに、

最初の嘘も加味されて、つらい立場だったと思います。

この最初の嘘も、気持ちはわかります。
まさかここまでの大事になるとも思わなかったでしょうしね。

このお父さんのしつけ≠ヘそんなにひどいことだったのでしょうか。
今までの事件の虐待の親が言う『しつけ』と同じではないはずです。

お父さんは、大和くんに、辛い思いをさせてごめん、と謝ったようですが。


こんな過酷な状況を生き抜いたなんて、頭がよくて逞しくてたいしたお子さんですね。
このたくましさも、この家族の育てかたのたまもののよう思います。

こんなことになるなんて・・・・

大騒動になってしまったので、ご両親は頭を下げるしかないですが、

とても、親ごさんを責める気になれません。

大和くんは根性があるだけに、ちょっと言い聞かせるなんてことでは
治まらなかったのでしょう。
意地っ張りみたいですしね。

大和くんは親に捨てられたと、本当に思ったのかな?、
怒られたことに反発して、待てば迎えにくるとわかっていて
その場から離れたような気がします。

親も子も、想定外なことになっちゃった。

と、私なりの推測です。


私は、30年前には、大和くんくらいの年の子を3人育てていました。

こどもも悪かったし、私も未熟で

しつけ

私や夫が癇癪をおこして八つ当たり

その両方で、結構怒りましたよ。


連れ合いなんか、時間構わず、外に放り出していました。

私も、やってましたよ。


普通1人を外に出すと他の兄姉が

『もう、許してあげて、入れてやってよ』と助け舟をだすのが普通なのでしょうが

うちでは、私が入れようとすると、

『まだ、早いんじゃないの』なんて、言い出す始末。


ある時、次男を叱って、外に出したことがあります。

深夜に電話がありました。

『てこなさんにも、考えがあってのことでしょうが・・・・もごもご・・・
○○○くんが、階段で寝ているのだけど・・・相当寒いと思うけどいいの?』

と、同じマンションの友人から遠慮がちに言われました。

『忘れてました ❗ 』

それ以来、何かにつけて、鬼母≠ニ話しの種にされています。



捜索にかかった規模が大きいので
これからのご両親の始末につけかたが、難しいでしょうが、

早く普通の生活に戻れますよう、応援します。



私、先週から昨日まで実家に帰っておりました。

いろいろありました。

98歳の母のことは、次回のブログで愚痴りたいと思っています。

疲れました。





またまた太って、子豚になってた。

P1230926.JPG
posted by てこな at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする