2017年09月30日

介護覚え記 1期終了…(土)

は22日に退院して新しい介護施設に入居しました。

今まで居たケアーハウスは1DKでしたから、引越しなんて簡単と高を括っていましたが、なんのなんの、
母は捨てられない人なので、
包装紙、紐、箱、缶、雑誌、ぬいぐるみ、折り紙、
わたしから見るとみんなゴミなんですが、
黙って捨てると、怒りそうです。
洋服も数十年前のものも捨てません。
5年前にケアーハウスに入る時、どうせ覚えてないだろうとごっそり無断で捨てました。
ところが、バレました。

「あれは高かったのに〜」「あの服は好きだった!

全然着てなかったくせに、散々文句を言われました。

今回は、気を遣って少し丁寧に整理しました。

確かに以前私が捨てすぎて、洋服がたりないかな。

お詫びに、何枚か買いに行きました。

母が好きそうなものをみつけても、値札を見て

「もったいない!」

母はもう長くないと、秘かに私思っているのですね。

自分のセコさが嫌になり、無理してそこそこの物を買いました。


新しい施設で1週間は日中は一緒に過ごし、夜は慣れるためもあり、母だけにしてみました。

母用に介護計画書というのがあり、細かくやってもらえることが書かれています。

薬の管理、食堂への誘導、部屋の掃除は週2回、お風呂は週2回、着替えなどの見守り、夜の巡回、汚れものをクリーニングに出す、入れ歯の洗浄の促し、日用品の管理などなど

???と思うことが沢山ありました。

母の洋服を他の人が着ています。
寝る前の入れ歯も洗浄していません。
意地悪なんですが、前日にポリデントの数を数えていたのですが減ってなかった。
部屋の掃除は「本日、都合によりお掃除は中止」と張り紙がありました。パートさんが休んだらしい。

なんだか心配になりますが、文句は言い難いものです。
連れ合いに「言うべきことはちゃんと言うべ し」といわれましたが、なんともね。

母は

「年を取ると待たされてばっかり、食堂に1時間も前からみんなを連れていって、放ったらかしだよ、みんな文句も言わないから、馬鹿にしてるんだわ」

「用事があって呼んでも、返事だけでなかなか来ないし

「年は取りたくないわ、悔しいことばかり」

と、感謝の気持ちはないのです。

施設の中で、何でもかんでも
「ありがとう」を連発するかたもいます。

確かに、ありがとうはいい言葉ですが、
あまりにも頻繁に言うのを聞くのは辛い気持ちになります。

出来たばかりの施設なので、入居者もみなさん新しい人です。
早く慣れて、食堂がサロンのようになっておしゃべりに花が咲くといいなと思っています。

そんなこんなで、明日自宅に帰ろうとおもいます。

昔の唯我独尊でわがままな母は嫌いでしたが、
弱った母を見るのは辛いですね。

親不孝だけれど、しばらく帰れるのは嬉しい。





posted by てこな at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

家でのんびり・・(火)

久しぶりの玄雷です。

P1460527.JPG

玄は減量中で、食事を少し減らしました。


腹が減るとなんだか悲しい〜 情けない顔してます。

P1450902.JPG


雷はますます女子化して、色っぽくなってきました。

IMG_0062.JPG




連れ合いはちょっとした病気で入院しています。

昨日手術も無事に終りました。

簡単な手術でも、待機している時間は長いですね。

連れ合いが病室に帰ってくるのに3時間も待たされて・・・


顔を見たら、麻酔もほぼ覚めているようだし会話もできたし、
主治医からも、問題なしと説明も受けました。

安心、安心。


看護師さんにもう帰っていいですか?≠ニ聞いたら

えっ、もうお帰りになるんですか?

ダメですか?

いえいえ、大丈夫ですよ(笑)


5分じゃ、冷めきった夫婦と思われたかもしれませんが、

玄雷を留守番させてたからね・・・・



玄雷もこんな感じで心配してた。

P1460546.JPG

ってことはないか 😃



今日、見舞いに行ったら、もう歩いていましたが、
なにしろ手術は初体験なので、あまり元気ではありませんでした。

内臓の病気ではないから、今日はもう普通食です。

でも、半分も食べません。

???

たくさん食べると、傷口が裂けるといけないから、と。


まさか!!



posted by てこな at 20:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

介護覚え記 8 …(水)

のリハビリ

今日から、母が施設に入ってからの生活を見据えてのサポートが始まりました。
新しい施設の見取り図、部屋の間取りなどから動線を考えての訓練です。
これはありがたい提案でした。

母に合った安全で使い易い歩行器も選んでもらいました。
介護4なので、月額300円でレンタルできるのだそうです。購入だと6万円。

早速レンタルの手続きをお願いしました。

ところが、施設のほうがレンタル不可と言うのです。
施設にあるものを使って欲しいと。
調べてもらったら、母が使いたい種類のものは施設にはありませんでした。
自分で買ったものはいいのですが、市からのレンタルは不可、契約書に書かれているらしい。
不可の理由がわかりませんが、私が承諾のサインをしているそうです。
膨大な契約書、意味わからずに読み飛ばしていたのでしょう。

悔しいけれど、買うしかないね〜

今後を考えると、まだまだおかしなことありそうで、

疑心暗鬼になっていますが、


成るように成る。と信じたい!


明日は我が家だ  🐶🐶


posted by てこな at 15:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護覚え記、番外編始末…(水)

先月30日からの母の退院騒動は前回のブログに書きました。
その後の数日は針のムシロのような日々で、落ち着かなく過ごしました。

幸いにと言うか、悲しいことにか、
母は耳が遠い、理解力低下で感も鈍ったようで
このゴタゴタにはまったく気づきません。
辛い思いをさせなくて、よかったです。
昔の母なら、真っ先に参戦してるはずですから、
年には勝てませんね。

ところが、週明けから様子が一変しました。
今までリハビリ病棟で医師の姿は稀でしたし、
病室で医師を見かけたことはありませんでした。
月曜日朝、数人の医師が各病室を回診し、患者に優しく声をかけています。

婦長もソーシャルワーカーも、私に笑顔で挨拶をくれます。

ありえない〜   わかりやす過ぎる‼️


母の現状は

リハビリ病棟から、地域包括支援センターの病棟に変わりました。
受け持ちの婦長もソーシャルワーカーも変わります。
リハビリは、療法士が病棟に迎えに来てくれて、同じことを続けることができるようです。
主治医だけは、変わらずS医師です。

院長より偉いと言うS医師がこのところ毎日母の病室に笑顔で回診に来てくれています。
不思議なかたです…

院長からは
「友だちだから便宜をはかった訳じゃない。納得できる事情なら、どの患者にも同じことをする。」そうです。

まぁ、院長に相談できる僅かな縁をもっていたと言うのが、私に運があったのかな。

大人の決着   そんな感じです。



明日、家に帰ろうと思っています。
手術を前にビビっている連れ合いの顔を見るのは、ちょっと楽しみ。

玄雷を相当太らせたらしく
今の体重を聞いても、もごもご話しをすり替える。

どんだけ豚化させたか!
すごーーく楽しみ。








posted by てこな at 00:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする