2018年05月29日

雷のこと・続・・(火)


数日前から、嘔吐や下痢はあったのですが一過性かなと、深くは心配していませんでした。

ところが、土曜日の夜からは、まったく食べなくなり、動かなくなったものですから
大慌てです。

かかりつけの獣医さんも、『再発かも・・』

パニックになりました。


月曜日の受付時間を待ちかねて、大学病院に診察予約の電話をいれました。

『予約は来月20日以降なら入れられます』と。

そんな呑気なことじゃない!! と力説しましたが

『こちらの病院はそういうかたばかりなので・・・』


あの手、この手・・・省略しますが

3年前の執刀医と直接お話しすることができました。

31日木曜日に診てもらえることになりました。


病犬を抱えた飼い主さんたちは、みんなできるだけ早く診察してもらいたはずです。

思い通りに予約が取れなくて泣いている人もたくさんいると思います。


私のように押しが強く、横入りするようなやりかたは、問題あるでしょう。


ちょっと後ろめたいのですが、早く診てもらえることになって、正直ほっとしています。



今朝、雷がベッドから起き出し、少しだけ食べられるようになり、
嘔吐も止まりました。

排泄も普通にできて、今はグーグーいびきをかいて寝て居ます。



『今にも死にそう〜』と直訴したのに・・・ 嘘っぽくなってきました。



再発じゃないかもしれない。
ちょっと明るい希望ももってしまいます。


大がかりな検査になると思うので、再発じゃなかったら恐縮ものですね。



でも、でも、大恥かいてもいいから


大山鳴動ネズミ一匹


と、安心したい。




病気の雷を、肩に手を置いて優しく労わる玄。

あぁ、兄弟愛、うるわし・・・

と言いたいところですが、介護しているのが雷 ⁉

P1550470.JPG




昼食

新じゃがのチーズガレット
焼き茄子のツナマヨネーズがけ
ズッキーニと南瓜の揚げびたし
豆腐と茗荷の汁
西瓜

P1550988.JPG
posted by てこな at 12:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

雷のこと・・(日)

中旬に帰省しました。

施設の専属の医師から、お話しがあると言うのです。

一般的なことですが、という前置きはあったものの。

母の終末医療のことでした。

病院じゃなく、出来る限り施設で看取っていただくことを希望しました。

100歳を超えてからの母は、やっぱり目に見えて弱ってきました。

本人も“もう十分に生きた、もう終わっていいわ〜”

とは言ってますが


私が着々と母の死の予定を組んでいるようで、今回の帰省は滅入りました。



家に帰ってみると、雷が元気がありません。

ちょっと吐いたり、下痢したりで

連れ合いは犬を粗略にはしない人ですから、余計心配です。

3年前のことが頭をよぎります。

赤信号が点滅し、警報ブザーまで聞こえてきます。

再発の予感がします。


今日、クリニックでいろいろ検査してもらいました。

『再発かもしれない。前に手術した大学病院に連絡してください。
まだ症状が軽いので、たとえ再発でもなんとかなりますよ。』


術後3年もたって、再発なんて・・・・・

なにも食べようとしない雷をみると、胸が潰れる思いです。


今日は日曜日なので、なにも動けません。
調べてみると、雷の手術を執刀した医師は、まだ大学に在籍していました。

早く明日にならないかと気がせきます。一日でも早く予約を取りたい。


雷は、3年前奇跡の生還をした幸運の犬です。

死んだりしないはずです。

今度も頑張ってもらわないと、

大丈夫、雷。いっしょにがんばろうね。




てこな家にも、ちょっぴり明るい出来事もありました。

昨日は、孫たちの小学校の運動会でした。

上の孫は、毎年リレーの選手にも選ばれ、運動神経もいいようです。

下の孫は、学年で一番背が高いのですが、運動は好きじゃないです。

なんとなく、おねえちゃんに劣等感を持っているようで、かわいそうにな〜

と思っていました。


ところが今年の運動会のプログラムの表紙に

下の孫の絵が採用されました。


孫もうれしいでしょうが、私も大いに喜んでいます。

IMG_0033.JPG

4位の子の足だけも描いて、芸の細かいことをやってます。
私、説明されるまでわかりませんでしたが。」
posted by てこな at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする