2018年06月27日

雷の災難・・(水)


昨日は雷の診察日でした。

前回から4週間、とても元気に過ごしていましたから、

『完治』のお墨付きがもらえるはずでした。


前回は以前手術をした外科医の診察だったのですが、
今回から内科の先生に代りました。

少し、問診があって

検査のため、雷ちゃんお預かりしますね

1時間、2時間・・・戻ってこない。


ちょっとずつ不安になってきました。

その後、新しい内科医から長〜い説明があって。

前略、中略、

病名は

胆のう粘液嚢腫 

『高齢犬だと薬でだましだまし経過観察なのですが

雷ちゃんはまだ若いから、完治させてあげたい。

胆のう切除を考えてみませんか?』


切除といっても、胆のうは小さく(とくに雷のは小さいらしい)
取り出すときにほかの臓器を傷つけるおそれもあり、
簡単な手術ではないそうです。

雷は若い、早期発見で癒着していない。
だから手術の危険性がすくないということです。

本来あるべき臓器を取って、本当に大丈夫?


急なことなので、なかなか頭が整理できません。

この大学病院のいいところは、じっくり説明をしてくれるのです。
結論を急がせません。

メリット、デメリット、いっぱい聞いてきました。


以前の病気は、手術しないと確実に死ぬとわかっていましたから
心配はしましたが悩むことはありませんでした。

今回は、目の前で雷は元気にしていますし、
内科治療で、生きながらえている犬もたくさんいるそうです。

ただ、胆管が詰まって破裂したら、命にかかわります。
定期的に検査が必要です。

雷が破裂するかどうかは、予測できない

運 だそうです。


破裂する前に取る


それしかないのかな〜

早期発見なので、余裕はあるそうなので、もう少し考えて
次回の診察日に決めることにしました。

前の病気は肝臓がらみ、こんどは近くの胆のうですから
関係があるのかもしれません。

胆のうを取っても、今度はそのために別の何かがでてくる・・・

そんな連鎖もないわけじゃない。



連れ合いの妹は、胆のうを切除しました。
そんな話を忘れてしまうくらい昔のことです。
妹は今も、元気で溌剌としています。

妹には言えませんが、これは大きな安心材料になっています。

雷にとっては降ってわいたような災難です。
可愛そうに・・・  



こんなに元気なのにね〜
サッカーのゴールキーパーみたい、いけてるでしょ!!

P1560654.JPG




夕食

カプレーゼ
鱧のポン酢
いかの酒炒り葱まみれ
ゴルゴンゾーラ
エノキと葱の味噌汁
メロン

P1560663.JPG
posted by てこな at 20:41| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

掛け時計・・(土)

犬の社交場だった公園がしばらく閉鎖されることになりました。

公園内にカラスが新しい巣作りをして、これから子育てが始るようです。

ところどころに、木の枝とか針金ハンガーとかを使った
結構しっかりした巣が見えています。


夫婦でしっかり巣を守っています。

威嚇するようにするどくあたりを睥睨し、
人間にも、怖れることなく至近距離で風を切って飛び
カーカーと大声で鳴きます。

なにがなんでも子供を守る!!

そんな感じです。


カラスは悪者かもしれませんが、


管理者が、巣を撤去しないで見守るようなのでちょっとうれしい。

IMG_0057.JPG



  ☆   ☆   ☆


先日掛け時計が壊れて、
連れ合いが新しい時計を選んで買いました。
ところが、何時?何分?

image1-a2425.jpg


見にくいったらありゃしない!!


任せるんじゃなかったわ、と後悔しましたが
我慢して文句は言いませんでした。


連れ合いだって、本当は見にくいと思ってたのね。
黙って自分の小遣いから
新しいのを買ってきました。

確かに、よく見えますが・・・

デカすぎでしょ

隣の温度、湿度計と比べてみてください。

IMG_0060.JPG

連れ合いの計算違いか、私へのあてつけか。

さぁ、どっち?


  ☆   ☆   ☆
 

雷は、2週間しっかり薬を飲んでいるせいか
元気に過ごしています。

26日、無罪放免になるといいな〜

P1560142.JPG



夕食


椎茸とナッツの鎮江香醋黒糖炒め
紫菊のおひたし
トレヴィスと山伏茸のごまドレ
鰤と根菜の和風煮
ミニトマトの味噌汁
ブルーベリー&ミルク
ピュリニー・モンラッシェ

P1560478.JPG




posted by てこな at 22:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

歯磨き練習・・(金)

目黒区で虐待死させられた5歳の女の子の事件は、酷いです。

この親は人非人そのもの、吐き気がします。

結愛ちゃんがノートに書いてあった文章を紹介したアナウンサーも
声を詰まらせていました。

5歳で、あんなに心に響く叫びを書き綴る、すごいと思います。
あれを書かせた親は、鬼畜です。

虐待の兆候がありながら、助けられなかったこどもたちをすでに何人もみてきました。

なにも教訓にはなってないのには驚きます。


児童相談所の職員がこどもに会えなかった時点で

危険信号を感じなかったのが、信じられない!!

『助けてあげられなくてごめんなさい』と数十秒も頭下げたからって終る話じゃないと思う。


虐待した義理父は八つ裂き、
自分の子を守れなかった母親、同罪です。

自分の子どもは可愛いに決まっているとは言いません。
生んだものの、疎ましく思う母親もいるかもしれない。

殺すくらいなら、捨てればいいと思う。

施設で育った子が、普通の家庭の子と同じ可能性のある未来がえがけるような
そんな社会は、今すぐにでもできそうな気がします。
そういうところに税金つかってもらいたいわ。

結愛ちゃんの書き残した文章を読むと、本当に悲しくて残念です。


和歌山の怪しげな資産家の覚せい剤死のことばかりがテレビで騒がれています。
でてくる人みんな、胡散臭いですね。


そんなことは警察にまかせて


教育のこと、子育て支援の今の状況、

児童相談所と警察は連携してないのか? などなど・・・

いろいろ、役所が動き出すようにテレビで大騒ぎしてほしいと思います。



  ☆   ☆   ☆


犬に歯磨き。
結構やっている人が多いので、ちょっとびっくりです。
そんじゃ、うちでも。
まずは、歯ブラシにならしましょう。
玄雷、5分で毛を全部毟って食べてしまったよ。

うちは無理かな〜

IMG_0044.JPG




夕食


アスパラと鯛のアクアパッツァ
メークインのターメリッククリーム
豆みそ
アボカド

P1550500.JPG
posted by てこな at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

雷の診察・・(金)

昨日、雷の診察のため3年ぶりに大学病院に行きました。

時間をかけて、もろもろ検査して・・・


門脈シャントの再発ではない と思う。
肝臓がんの可能性はない と思う。

うれしいことですが、

思う。  というのがね。ちょっと不安です。

肝臓の炎症、胆管の炎症の治療を1ヶ月して、その後確定診断されることになりました。


雷は見た目はすっかり元気になり、
若い研修医にべたべた甘えていい気になっています。

付き合いで同行した玄は、待ちに待たされ、昼ねもできず

帰宅したときは、どっちが病犬?

今日は玄が吐いたり、下痢したりで、まったく!


ネズミ一匹とはいきませんでしたが、
最悪ではなかったので、ひとまずです。

P1550610.JPG
posted by てこな at 09:58| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする