2018年08月29日

雷・おかえり〜♪・・(水)


昨日、退院できました。


胆のう摘出の簡単な手術のはずが、結局は摘出できず
出欠多量で生死をさまよい、危機一髪です。

深刻な病変があるそうなのですが、
いまだに、確定診断には至っていません。


先生方も誠実に対応してくれているので、なんとも言い難い・・・

これからもがんばります!!

と、おっしゃる。

本当に本当によろしくお願いしますよ。


雷には

『お前さんには高額投資したのだから、死んだら承知しないからね』

と、脅しをかけておきました。



退院おめでとう!!

って、一番喜んでいるのは、玄みたいです。

雷のお尻を追いかけまわしています。

P1580295.JPG


この10日間、家中がばたばたしていましたから

玄も、感じるものがあるらしく、

名前を呼べばさっと来るし、ケージに入れてお留守番もギャーギャー言わず

まったくの優等生になりました。




昨日は、久しぶりの雷にちょっと遠慮して優しくしていましたが

今日は、すっかり元に戻り、頭突きで雷を跳ね飛ばし

おやつを横取りします。


8キロで入院して7・2キロで帰ってきました。
痩せたパグは、絵になりません。


雷くん、豚になるまで食べようね。

P1580294.JPG



夕食

揚げ茄子の韓国風ピリ辛だれ
ルッコラのサラダ
ヨーグルト納豆
蓮根としめじの味噌汁
グレープフルーツ
パウラーナー・ビール

P1580315.JPG
posted by てこな at 21:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

雷、5日目…(日)

雷は一歩一歩前進しているそうです。
連れ合いが、毎日面会に行ってくれています。

持って行ったオヤツを食べたとか、うれしい。


てこなは?


今、実家におります。

金曜日深夜、母がペット脇で転倒して、救急車で運ばれたと、連絡がありました。

結果は、打撲の傷による出血だけで大事にはならず、

安静にしでくださいで、放免されました。

母は、あちこちが痛い痛いと喚いてはおりますが、

まぁ、不幸中の幸いで収まりました。


てこな家は、火宅真っ只中です。

大きな不幸じゃない、

それなりに、なんとかなるさと思って頑張ろう。
posted by てこな at 15:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

雷・術後3日目・・(金)


心配な症状が少しずつ改善傾向にあり
毎日の面会も、心の痛みが少なくなってきました。


こんなすっきり爽やかに登場しました。

点滴も外れています。

レスリングの選手みたい!!


IMG_0137.JPG



今日の主治医からの病状説明は

まだ、わからない部分、説明できない症状があって
普通の症例ではおさまらないことが多くて・・・
不思議なんですよ〜
もう少し、待ってください。

いい意味にも悪い意味にも取れますね。

息子は

『大学病院なんだから、普通にない症例なら、
研究材料にもなるし、一生懸命やってくれるよ』

と、言います。 どうでしょうかね〜



先々のことをあれこれ思い悩んでも暗くなるばかりですから、

昨日より今日、今日より明日が元気ならいいわ。




もともと散歩嫌いなのに、今までは叱咤激励して連れ出していました。

散歩の途中で、寝っころがって、『もう絶対歩かない』と動きません。

『まぁ、雷ちゃんたら、またごねてるの?』

犬ともさんからは笑って撫でられたり

小学生からは

『元気のゲンちゃん、歩かないライちゃん』

と、雷はグータラの烙印を押され、それはそれで愛嬌があるものですから

結構、みなさんに可愛がってもらっています。


雷が退院したら

我儘は許しましょう。

雷ちゃん専用ペットカートをカタログで検索しています。

しゃれたのを買うつもり、雷、もう無理させないから

期待して帰っておいで。





夕食

だだちゃ豆の塩茹で
おおまさり落花生の塩茹で
チーズ盛り合わせ
刺身盛り合わせ
ネクタリン

P1580021.JPG
posted by てこな at 21:32| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

雷・術後2日目・・(木)



一般の待合室まで、雷は抱っこされて出てきました。

一歩前進!!

昨日にくらべても、しっかりした顔付で表情もでてきているように思います。

血圧も安定してきて、腹水も吸収されたとかで、
世話係の研修医さんの笑顔がうれしい。

雷の頑張りは あっぱれ。


IMG_0129.JPG




連れ合いは、雷ショックで放心状態でしたが
やっと、台所に立てるまでになりました。

人間以外には、情に溺れるほど情が深い人なので、今回相当参っています。

父子愛 とでも申しましょうか・・

IMG_0132.JPG


私のほうが手放しで泣きたいのに・・・




夕食


酢橘そうめん
焼き茄子のごまそぼろ
セロリと葱のアンチョビ炒め
無花果のオリーブオイルがけ
アボカド

P1570849.JPG
posted by てこな at 21:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

雷の手術・・(水)

雷は20日に入院して21日に胆のう摘出の手術をすることになっていました。

手術そのものは、命にかかわるわけでもないし、
緊急性はないのですが、胆のうが破裂する前に、
そして体力のある今のうちにすることにしたのです。


3年前の絶望的な手術とは違うので、そう重くは受け取めていませんでした。




手術の日は術後の報告がくるまでは自宅待機です。

予定の時間に電話がありました。

お腹を開いたら、思わぬ病変がみつかり、
胆のう摘出は無理だそうです。


先生方も予測してないことで驚いているとのことですが
こっちは、説明されても理解できないくらい混乱しました。



術後の容態も悪く意識が戻らないというのです。


『今のうちに会っておかれたほうが・・・』


駆けつけたときは、雷は意識は少し回復しているようですが、

手術の執刀医、内科の主治医、研修医数人が
みんなそろって

予断を許さない!!  と。


昨夜はいつ電話が鳴りだすかと、一睡もできず、
長い夜になりました。


面会時間を待ちかねて、会ってきました。

まだ集中治療室にいましたが、

昨夜よりは、顔つきもしっかりして、私たちをみてしっぽを少し振りました。

きょとんとした目で見つめられると、切ないこと・・・

『雷ちゃん、お母さんですよ、わかる?』

『ぐーぐー』と返事もできます。


血圧も安定してきたので、一応危機は脱したかもしれないと言われました。

ただ、かも ですからね。



今回無事生還できたからといって

雷の根本的な病気は深刻なものです。

どれだけ残された時間があるのかはわかりませんが

とにかく一回は家に連れて帰って

もうベタベタに甘やかして、美味しいものたべさせて



『てこな家最高!!』 と、雷を喜ばせたい。



犬は、自分の行く末を案じてくよくよなんてしない。

ソラは片目しかなかったけれど、なんの不自由もなく明るかったし
ボスも長く闘病したけれど、7年間飛んで跳ねていた。


今を生きる です。


今がよければ、それでいいかな〜


雷が辛くならないような治療や生活をさせてやりたいと思っています。





20日、入院直前の待合室での玄雷。

IMG_0117.JPG
posted by てこな at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

雷のこと・・(金)


暑い暑い夏もちょっと山を越えたような気がします。
とはいっても、今日も暑〜い


先日の夕方のことです、まだ日差しも残った公園の日向に

高齢者の女性が車いすに乗って、付き添いの人も見当たらない、

帽子も被らず、おひとりで座っています。

『大丈夫ですか?日陰のところまで押しましょうか?』

と、声かけしました。

『結構です。私、日向ぼっこしてるんですから。』

にべみない口調です。

余計なお節介をしてしまった。

でも、にっこりくらいはしてほしいよ・・・



と、今度は逆な話しで、

これも夕方の日没前のことで、

玄雷を散歩させていました。
公園までの間に100メートルくらい直射日光に当たる道を通ります。

ちょうどその道で、私と同年配の女性がすれ違いざまに

ジロリと横目でにらみ

『こりゃ虐待だわ!!あぁぁ可哀相に・・酷いわね〜』

舌うち混じりに言い捨てられました。


言い返せないけど心の中では

『余計なお世話だよ!』と。

立場立場で、いろいろありますね。


虐待してないアピールに
帽子買おうかな〜

IMG_0108.JPGIMG_0107.JPG


21日に雷は胆のうの摘出手術をすることになりました。

血液検査の結果が不安定で、毎回一喜一憂しています。

夫婦ともに心配性なもので、これでは神経が持ちません。


胆のうはなくても生きられる。


決心しました




昼食

ジェノベーゼパスタ
カプレーゼ
ローストセロリの焼き茄子ピューレ
ゴーヤのピクルス
グレープフルーツ

P1570467.JPG
posted by てこな at 14:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする