2018年12月27日

年の終りに・・(木)

しばらく実家に帰っておりました。

1週間の予定の帰省でしたが、なんだかんだで長くなりました。


今年一年をふり返ってみると

雷が死んだ〜

というだけで、なにもかもが帳消しみたいな気分です。


4年も生きた。

4年しか生きられなかった。

どっちにしても残念無念。

ボスと雷が重なって、なかなか思い出にはなりません。


私には、もう次の犬は考えられない、

年令を考えると、飼わないのではなく飼えません。


玄がいてくれますが、それでも寂しい・・・




年の終りに明るい出来事もありました。

母は1年半前に大腿骨を骨折して、手術をしました。

それまでいたケアーハウスでは住めなくなって

介護施設を転々としたのです。


希望の施設が100人待ちという状態だったので

次善の策、三善の策と、母には気の毒なことでした。

施設を移るたびに、母が


だんだん死に場所に近くなっていくのね〜

と、言うのです。

言葉もありません。


ところが、先日、その待っている施設に入所できることになりました。

順番通り?

100歳が黄門さまの印籠の役をしたのかも。


嬉しい知らせでした。


今度のところは、お部屋も広く、南向きで明るくて丸亀城も見え、

さすがの母も、渋い顔はしませんでした。


お金、大丈夫?≠ニ心配していたくらいです。

本当は今までより安くなったのですが、

お母さんはお金持ちだから、高くても払えるのよ。

と、おだてておきました。

結構、うれしそうでした。


ここが母の終の棲家となると思います。

今年の一番よかったことでした。



よいお年を、そして来年もよろしく。


雷を応援していただき、ありがとうございました。

P1610221.JPG




玄です。雷のぶんも長生きしてほしいです。

P1600771.JPG



夕食

あずきかぼちゃ
寒じめほうれんそうとコーンのオイスターソース炒め
八つ頭の煮ころがし
アボカドの奈良漬け
厚揚げと舞茸の味噌汁
サンふじりんご

P1610317.JPG
posted by てこな at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

繰り言・・(火)


雷は大学病院で半年ほど治療していました。

内科と外科を行ったり来たりでした。


8月に手術をしたとき、

命に別状のない簡単な手術ときいていましたのに
大量の出血で、一時はあぶない状態にまでなりました。
予想より胆のうの状態が悪く、癒着があったからだそうです。

その後、体内にガーゼ忘れが発覚したりで
雷には可哀想なことが次々起こりました。

外科医の術後の説明も、二転三転・・・


ガーゼ忘れなんて、まったく。。。。

ふつふつと疑念がわいてきました。


連れ合いにも内緒で、
医師に了解なく、こっそり診察のとき録音するようになりました。

もし雷に何かあったら許さない!!


内科の医師や研修医は、本当によく診てくれました。

外科と内科のハザマで、いろいろ考えさせられました。


ガーゼ忘れで再手術後、外科医はどうも私たちを避けているようで
ますます不信感が募ります。
不誠実です。


雷が死んだのは、その外科医のせいではないことはわかっています。

もともと悪いところがあっての手術でしたから、

たぶん、いつかはこの結末になったことでしょう。


それでも、あの手術が雷の死期を早めたのではないかと

逆恨みみたいですが、悔やんでいます。


承諾なしで盗みどりした録音です。後ろめたいですが、

今、聞きなおしてみると、いろいろ説明に矛盾はあります、

とは言っても

いまさらぐちゃぐちゃまわりの責任を云々しても


詮無いことですね〜


雷ちゃん可愛かったよ、ありがとう、忘れないよ。って、

それだけのほうが雷は喜ぶのでしょうね。


トイレは玄が使っていたもので・・・
あぁ〜 待てなーーーーい。
粗相をしてしまった雷、トホホの顔 😖


2018-11-05 16.57.03.jpg




夕食

新じゃがの濃厚炒め煮
ほうれんそうのごまよごし
オレンジブーケのポタージュ
サンふじりんご

P1600952.JPG
posted by てこな at 23:37| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

じわぁと寂しい・・(月)

雷が亡くなって2週間が過ぎました。

雷のケージを片づけたり、市役所に死亡を届けたり
使わなくなった雷の食器、リード、首輪・・・
ひとつ、ひとつと雷が消えてゆくようで

さびしい、さびしい、さびしい。

11月半ば
クリスマス用に、ペットショップでちょっと帽子を拝借。

IMG_0037.JPG


きみはもういないんだね〜




私の年齢になると

出会いより、別れのほうがずっと多く、

今年も届く喪中ハガキに、感慨深いです。



週末には実家の母に会いにいきます。


母は女学校のころ卓球の選手をしていて
学校の代表になるくらいうまかったらしいのです。
これは私の子どものころから聞かされた話しですから嘘ではないと思います。

ところが先日、次男が見舞いに行ったときも
娘夫婦が行ってくれた時も


私、愛ちゃん(福原愛さん)と卓球したことがあってね、
 負かしたら、愛ちゃんが大泣きしたのよ

と自慢したそうです。

いくらなんでも、時代が合わない・・・

娘はあまりにすらすら楽しげに言うので、本当かと思ったよ≠ニ。


多分、負けて大泣きしている愛ちゃんを昔テレビで見て

すっかり自分の記憶に置き換えたのでしょうね〜


最近の母は昔のことは

なりたい自分になる!

を実践しているようで、都合よく記憶を塗り替えています。


私はどちらかと言えば、心配性でマイナス思考なので

こういう母を羨ましくおもっています。

来年は101歳になりますが、まだまだがんばりそうです。





夕食

カリフラワー・オレンジブーケ・バイオレットクイーン・
 ロマネスコのバーニャカウダ&サラダ
マッシュルームとシュリンプのパン粉焼き
サンふじりんご

P1600879.JPG
posted by てこな at 21:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする