2019年03月31日

誕生日・・(日)

明日、新しい元号が発表になります。

私は E か K を予想していますが

クイズの答えを聞くようで、ちょっと楽しみです。


ただ、生年月日とか、出来事に元号が使われると

何歳?

何年前の出来事だっけ?

足し算、引き算がままなりません。


簡単な換算方法はあるのでしょうが、ついていけません。

私は指定がない限り、西暦をつかっています。


  ☆   ☆   ☆


昨日の昼食

P1660304.JPG

残り物の整理メニューです。


ところが食卓に

小さな小さなバースーデーケーキが乗っています。

忘れてた!!


連れ合いの誕生日でした。


朝起きたときから、私がなにも反応しなかったので

こりゃ、忘れてるな  って察したのですね、

あてつけがましく、こっそり自分で買ってきたのです。


プレートには

さ★★くん、おめでとう

と、書かれていました。


お店の人はお孫さん用にと思ったでしょうが、

本人、こども返りしてますね。


その後、息子、娘からお祝を言われ

まぁ、ご満悦のようではありましたが、


忘れた私は、愛情不足なのか、ボケのはじまりなのか

微妙なところです。


  ☆   ☆   ☆


栗は、わがやの下足番です。
預かってはくれるのですが、なかなか返してくれないのが難です。

P1650007.JPG


P1660046.JPG



玄も堪忍袋の緒が切れる!

P1650783.JPG

と、こうなります。

一瞬だけ栗は恐れ入ってます。





夕食

あさつきの酢みそ
トマトとルッコラのしらす和風サラダ
するめいかの酒煎り、ねぎまみれ
なめことわかめの味噌汁
伊予柑

P1650795.JPG

posted by てこな at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

花見・・(金)


昨日、恒例の花見に行きました。

もう20年以上続いた行事なのですが、

なかなか満開と合わせられません。

今年は神田川。ちょっと早かった。

IMG_0152.JPG



南こうせつの神田川

もう50年ちかく昔のフォークソングですが


あなたは もう忘れたかしら
赤い手拭 マフラーにして
二人で行った 横丁の風呂屋
一緒に出ようねって 言ったのに
いつも私が待たされた
洗い髪が芯まで冷えて
小さな石鹸 カタカタ鳴った
あなたは私の 身体を抱いて
冷たいねって 言ったのよ
・・・
窓の下には神田川


今でも、歌詞を覚えていて、胸がキュンとなります。

貧乏が売り!!みたいな時代でしてね。



思い出のなかの神田川は、もっと情緒があったなぁ

目黒川は、大盛況のようですが、ここは知られざる名所か
ゆっくり楽しめました。



ランチしながらの井戸端会議で友人が

てこなさんが投稿したかと思ったのよ

朝日歌壇に24日掲載された短歌を教えてくれました。



『独り居の母を残して帰途につく故郷の春はいつもさみしい』

              (丸亀市・金倉かおる)


私と同郷ですし、思いも共感できます。

同じ思いを抱えている人は、たくさんいるのでしょう。



親が終われば、こんどは我が身ですし、
ひたひた、先が見えてきました。


このグループの一人が先日、終活で介護施設を契約しました。

また一人、こんなことを言い出す友人にびっくりしました。

私、天涯孤独の身だから、ここまで!と思ったときに自殺する。
 自室じゃいろいろ迷惑かけるから、海か山にする

息子さんも弟さんもいるのですが、意識として

天涯孤独  ということらしいのです。


そんなにかっこよくできるわけないじゃん≠ニは思うものの

この人ならやってのけるかも・・


心配でもあり、うらやましくも思いました。



  ☆   ☆


4か月の肉球です

P1650542.JPG




昼食
 
いただきもののモリーユ茸、高級品だそうで、
初めて使ってみました。
食感がよく、美味しかった。

P1660258.JPG

モリーユ茸のクリームパスタ
根菜5種のグラタン
ほうれんそうと椎茸のガーリックバターソテー
蜂蜜レモン
パパイヤ
ムレダ・カベルネソーヴィニヨン

P1660249.JPG




夕食

ルッコラのアボカドサラダ
茄子とピーマンの鍋しぎ
インカのめざめとたこのバジルアイオリ和え
ブロッコリーの卵とじ汁
レッドグローブぶどう

P1660011.JPG

posted by てこな at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

貴景勝・・(火)


貴景勝の大関昇進が決まりました。

おめでとう。

私は昔から、貴乃花のファンですから

当然、元貴乃花部屋の力士を応援しています。

千賀の浦部屋に移ってからも

貴≠ェついた四股名の応援団です。


でも・・・

千賀の浦親方って、あだ名(どらえもん)のとおり
優しそうで、いいひとっぽく見えます。

部屋も和気あいあい楽しそうです。

その分、いろいろ管理がゆる〜くなったのかなぁ


貴源治、貴ノ富士が取り組みに負けて土俵を降りるとき

挨拶もそこそこで、

なんとも不貞腐れたような仏頂面が気にかかります。

負けん気が強いからでしょうが、貴乃花部屋のときは

もっと潔かったような気がします。


その点、貴景勝は、平常心を心掛け地に足がついている感じがし、

とにかく可愛い〜


平成になっての大関では一番背が低いそうです。


相撲にはそっぷ型≠ニあんこ型≠ェありますが

生まれついての体形が進化したものだと思っていました。


写真でみる貴景勝は、小さいころはまったく普通の体つきですね。

小学生のころは、お父さまが毎日大量の肉や、バーガーを無理やり食べさせたとか、

泣きながら食べた、と言ってました。


今も茹で卵を一日、5、6個食べ、

そのあげくのあんこ型


最高峰の関取になったわけですから
成功したということでしょうが

175センチ、170キロ、


もともと大きな人ではないので、足も手も短いです。

健康にはどうなんでしょう。
引退してから痩せて、それで間に合いますか?


どんなスポーツでも極めようと思ったら、
健康 をこえたものが必要なのでしょうが

力士の食生活、体形は命を削っているとしか思えません。


お父さまの星一徹なみの熱血指導や、肥満強要を

母親が望んだこととは思えません。


相撲は好きなのですが、

太りすぎによる、心臓や内臓への負担、
昔は相撲取りは長生きできないとまで言われていました。
怪我が多いこと
故障力士への治療期間の制約がきついこと

日本人力士が少ない理由にもなっていると思います。


貴景勝さん、もうこれ以上、太らないで!

応援しています。


  ☆   ☆   ☆


栗は、よく食べ、よく出し元気です。

一日中、ヤクザのように玄に因縁をつけてからんでいます。

玄の寛容さがいとおしい〜

P1640543.JPG


P1650158.JPG





昼食

楤の芽の味噌グラタン
菜の花の辛子あえ
とんぶり納豆
クレソンと新玉葱のサラダ
ブロッコリーとかにかまの味噌汁
レッドグローブぶどう

P1650918.JPG


posted by てこな at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

栗づくし・・(日)


昨日は、孫たちが栗に会いに来ました。

P1650614.JPG


上の孫が、おばぁちゃんが飼えなくなったら、私が面倒をみるから・・・

と、安請け合いしてくれます。


この孫では、とても安心しては死ねませんけどね。

DSC_0341-1238x2201.JPG



母のことが気にかかり、落ち着きませんが

玄栗を見ていると、なごみます。


母を思うと切ない、と殊勝なことを言いながら

こちらに帰ってきてしたことは

連れ合いと私の喪服を点検してまとめたこと

生前に作っておいた母の位牌と先祖の過去帳を荷物に入れた。

ペットホテルの申し込み用紙にあらかじめ日付以外は書いておいた。

着々と、手際よく用意している私は、なんでしょうね〜



日頃、家電も携帯も電話なんかかかってきません。

たまの電話は勧誘か、詐欺電くらいのものです。


ところがここ数日、不思議によく鳴るのです。



まれな友人、知人、選挙などで、

セーフ! なんですが、

心臓によくありません。




ワクチンが終わって、散歩ができるようになりました。


最初の一歩・・ちょっとビビっています。

P1650244.JPG


ご挨拶まわり、栗です、よろしく

P1650256.JPG


お散歩、3日目、
公園で飛んでます。

P1650249.JPG




昼食

蕗の薹と浅蜊のパスタ
ブロッコリーのクリーム煮
レタスとセロリのマンゴーサラダ
せとかみかん

P1650532.JPG

posted by てこな at 18:46| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

はじめまして・・(木)

終活の手始めに、身の回りをシンプルにしよう!!

まず車を売りました。

余分なものをそぎ落として、断捨離の始まりです。


と、本当にそう思っていたのですが


真逆のことになってしまいました。

いろいろ二転三転思い悩みました、
連れ合いを説得するのも、あの手この手で大変でした。


新しい家族が増えました。

栗(くり)、ペキニーズの男の子、4か月です。

どうかよろしくお願いします。

P1630640.JPG


うちの子になった途端、

嘔吐、嘔吐と吐きまくり

雷のことがありますから、夫婦で頭を抱えました。

どうも、環境が変わってのストレスだったらしく

点滴に通い、数日でうちの子になることを受け入れてくれ元気になりました。

今では、乱暴狼藉、わがやの主役を張っています。

一番の被害者は玄で、一日中まとわりつかれ、吠えられ、噛まれていますが、

我慢、我慢。渋い顔ながら栗に付き合っています。

玄の人の好さに感心し、仲良くできそうなのがうれしいです。

P1630511.JPG



先日、実家の母が101歳の誕生日を迎えました。

栗という新しい家族に心が奪われ、帰省したくはありませんでした。

そうはいかないですよね〜

誕生日の日の母はとても元気でした。


100で終わりと思ったのに、予定外だわ

と言い

102があったらどうしましょう

と笑っていました。


ところが、次の日

座って話しているとき急に、目つきがうつろになり

意識が飛んだようになりました。

母と二人だけだったのですが、私は慌ててしまい

お母さん、お母さん ‼ 

抱きかかえて背中をさすりました。

何秒でもない間に母は意識が戻り、普通に会話の続きを始めます。

その日は、私や介護職員の前で何回かそういうことがありました。

主治医の説明では、

意識が戻らなかったら、それが老衰というものです。

それを自然に受け入れるか、救命の積極的方法を希望するかを、確認されました。


母が、もしよびかけても戻ってこなかったら

お母さん、よかったね〜

と喜んであげたいと思いました。


その日から母と過ごす日々は、緊張で息苦しくちょっと耐え難いものになりました。

その後の母は見た目は元気な普通の生活ができています。



それでも、医者は、もうお近いと思います、と。


そばでついているのも、死ぬのを待っているようで

意気地がないけれど、いたたまれません。



施設の方々も、同じような症例はよくあることで

明日かもしれないけれど数か月後かなどいろいろあって

なにかあれば連絡しますから、一旦お帰りになってはどうですか?


甘えることにして、帰宅しました。


帰宅して栗が飛び回るのをみて、

身勝手ながら、救われた感じになりました。


101歳なのでなにがあっても大往生なのですが

心が落ち着きません。




夕食


四種人参の蒸しもの、蜂蜜粒マスタードディップ
ミニ慈姑の揚げ煮
独活の辛子酢味噌
蕗の薹味噌
南瓜と玉葱の味噌汁
デコポン

P1640175.JPG
posted by てこな at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする