2009年01月17日

一年祭(土)

何か困ったことがおこると、すぐ
《神さま、仏さま、どうか助けてくださいexclamation×2》と、お願いし、
もっと困ると、イエスさま、アラーの神まで総動員して頼みまくるあせあせ(飛び散る汗)
そのくせ、嫁ぎ先の宗派を聞かれても、???と、とっさには出てこないという、不信心者です。
とくに、教会は結婚式と告別式しか、行ったこともありません。

今日は、友人のご主人(かっての、私の上司でもある)が、亡くなって1年でした。
まぁ、普通でいう一周忌です。
キリスト教では、一年祭というのだそうです。
《祭》と《忌》では、印象が違いますねぇ
牧師さんのお話があって、賛美歌を歌い、爽やかなものでした。

そのあと、お肉やお魚が満載のお食事会で
ご馳走に舌鼓をうってるのは、不謹慎なのでしょうが
天国からの晩餐会のご招待≠ニ思って、楽しませてもらいました。




昼食

白舞茸とゴーヤの炒めもの
ヤングコーン・ホワイトアスパラ・チコリのサラダ
パパイアの蜂蜜がけ
豆腐とわかめの味噌汁

IMG_0829.JPG



夕食

一年祭のお食事

IMG_0830.JPG
posted by てこな at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の夫の両親はキリスト教でした。
夫は洗礼は受けてはいませんでしたが
葬儀はキリスト教式で行いました。
通夜のことを「前夜祭」というのですよ。
神様に天に召されるのだから喜ばしいことで
あるという発想のようです。
ちなみに神道でも「祭」を使いますね。
こっちは「49日」ではなく「50日祭」
いろいろあるものですね。
Posted by ポー at 2009年01月19日 15:52
ポーさん
お経は、勉強すれば、深い教えがあるのでしょうが・・教本みても??で
バチがあたりそうですが、父の葬儀のときでも、退屈しました。
それにくらべて、キリスト教は、お話もわかりやすいし、
賛美歌も旋律が美しく、さっぱりしていて、いいなぁと思いました。

Posted by てこな at 2009年01月19日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック