2011年12月08日

むかし話24 ピアノの先生・・(木)

年々<喪中につき・・欠礼>のはがきが多くなっている

たいていは、父・・・母・・・と書かれていて
《ご苦労様でした》と、ねぎらうような気持ちで読んでいます

先日は、ちょっと悲しい知らせが届きました


我が家は、長男、長女がピアノ、次男がヴァイオリン
連れ合いはチェロとクラリネットが、すこしできます

私も息子のお下がりのヴァイオリンでドレミくらいはひきます

私の郷里は小さな田舎町でそのうえ、家族は文化・教養とは無縁な人種で
音楽的なものといえば・・
ラジオで聞く、浪花節、民謡、歌謡曲そんな環境で育ちました

ピアノと自家用車がある家は、お金持ちで、特別の家だと思っていました

同じクラスで親がお医者さんの女の子が、ピアノを習っていました

とってもうらやましかった

その子はいつも髪にリボンを蝶々のように結んでいたのですが
こっそり、引っ張っては形を壊していました

今は笑い話のように言ってますが、
その頃は、しんねりと劣等感を持った子だったのです

《大人になったら、ピアノと自動車のある暮らしをしたい》

それが、夢でしたね〜
ピアノなんて触ったこともないのにです



そんなわけで、長男が5歳くらいのとき
ピアノを買いました。
長男はやる気なかったのに、無理やり習わせましたよ

その時、うちに毎週教えにきてくれたのがトンちゃんという
若い先生です
音大を卒業したばかりのお嬢さんで
数年間、長男と、長女をみてもらいました

トンちゃん(先生と呼ぶには若すぎて・・)は
優しくて、丁寧で根気よかったです

その後、私たちは引越しをして
トんちゃんも結婚して

《てこなさんと同じように、私も3人の子供がいます〜》
って、幸せそうな賀状をもらいました


今、家族中が楽器にさわっているのも、
トンちゃんから始まったご縁です

“音楽は楽しい🎵”

そんな明るい先生でした


トンちゃんが、数年間の闘病ののち、今秋亡くなられたそうです


30年前の、トンちゃんとうちの長男と長女の写真です
こんなに素敵なお嬢さまでした
顔だしてもいいよね

IMG_0001.jpg



IMG.jpg





昼食

焼きそば
菜の花のチーズ白和え
カブのジェノヴェーゼ
りんご

DSC08460.JPG






夕食

レンコンのバルサミコ酢炒め
カリフラワーの梅赤ジソ和え
カレー風味のラタトゥイュ
めかぶ
りんご

DSC08490.JPG


カレー風味のラタトゥイュ

DSC08489.JPG







≪強制猥褻≫につき逮捕💥

CIMG0020.JPG
posted by てこな at 20:55| むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする