2012年06月16日

(土)

一週間前から、腰が痛い

まぁなんとか動けるので、湿布薬でしのいできたのだけれど

だんだん痛くなって、トイレに行くのも不自由
ボスの散歩も苦になってきました


火曜日に、しぶしぶ近所の整形外科に行きました

レントゲンに写った私の骨をみて、医者が

《腰の骨、右に曲がってますね〜
 つまり、いつも軽いぎっくり腰のようなものです》

《長年かかって曲がったものだから、そう簡単には治らないです》


長年かかって曲がった


私は、6年間、毎年“骨シンチグラム”という検査をうけています
全身の骨にガンの転移がないかを調べる大がかりなものです


体のど真ん中の骨が曲がっているなら、画像診断医が見るとすぐにおかしいと判るのではないですかね〜

転移のこと以外は《検査項目外は無視 》ってことでしょうか

6年間に一人も、教えてくれる医師はいませんでした



ちょっと一言《曲がってるようだから、整形に・・・》くらいは言ってほしかった もうやだ〜(悲しい顔)


  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


最近、この白くまくんがお気に入りで
しっぽを咥えて連れまわしています 

DSC06729.JPG


DSC06724.JPG









posted by てこな at 20:42| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする