2013年01月22日

(火)

体罰 ⇒ 自殺問題の桜宮高校の話

大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した
問題をめぐり、市教育委員会は21日の会議で、今春の体育系学科の募集を中止し、
定員120人分を普通科として募集することを賛成多数で決めた。
橋下徹市長による入試中止要請を受け入れた。(ニュースより)



以前から、橋下市長は、教育委員会のことを
隠蔽、事なかれ体質と罵倒し
“バカ集団”とも言って
廃止すら考えているようだった

私も、日本中の教育委員会のいままでの問題の対処法にはあきれる思いでみています

私の住む地域では、先生が教育委員会に転任すると
《栄転おめでとう》って感じです、出世コースなのです
教師や知識人として、優秀な人の集まりのはずなのにね


今は本来の役割がまったく機能してなくて、悪いところばかりが見えています

だからといって、廃止していいとはおもえないのです

行政とは一線を画する壁として、役割は重大なはずです


橋下市長は、今回の問題では、
非常に高圧的、人事権や予算の停止までちらつかせ脅しにさえ思える強引さです

たしかにこの高校の体質、今後の問題は大きい課題ではありますが

こうまで威圧していいものでしょうか

一方、
子どもに責任はないだの、在校生に配慮せよだの・・

私は、一概にそうとばかりは言えないとも思っています


ただ、今回の決定には、教育委員会の面目もプライドもない、
その上、今後の改革の展望もみえない

双方に配慮して ???

《事なかれ、ごまかし》でしかないと思う むかっ(怒り)




☆☆☆


一年ぶりで、弟分の優作くんに会いました
弟のほうが、大きかった

DSCN2503.JPG







posted by てこな at 15:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする