2013年01月24日

(木)

ニュースより

アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、
朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。
その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上
実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。
しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。
これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。




遺族や会社の意向に逆らってのことのようです

関係者の了承もとらずに公にしても許されるのでしょうか

まぁ、近いうちに正式に実名が公表されることになったのですが
それまで、待てないことですか


早急な実名報道が、社会的にもそんなに必要なのでしょうか



お名前や役職、年齢などは確かに気にはなりますが
私の“気になる”というのは、知る権利などと大上段には言えない
低俗なもので、恥ずかしいです




元ジャーナリストのかたのブログで、もし自分が被害者だったら

僕は「Aさん」という匿名ではなく人格を持った実名で死にたい。
家族にも報道機関の取材があれば、きちんと応じてもらいたいと思う。


と、書かれていた


それも、わかる気がします




それでも、マスコミの今度の報道には、傲慢さしか感じません




今日のボス

DSCN2563.JPG





posted by てこな at 22:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする