2013年11月22日

(金)

週に1回、近所の整形外科医院に膝のリハビリに通っています。


医院のリハビリ室の一角に、コートなどををかけておくハンガーラックがあります。

先週の金曜日のことですが、かけておいたダウンコートがなくなりました。

たった、30分間のことです。

色もかたちもありきたりな物ですから、だれかが間違ったのでしょう。


《きっと黒いコートが残るはずだから。私のものがもどってきたら預かっておいてね》

と、受付に頼んでおきました。


それで、今日聞いてみたところ

《このコートが残っていました。これはてこなさんのではないですよね》

もちろん違います。

取り換えにきた人はいないそうです。


《残ったコートのポケットとか、なにか特定できるものはなかったのですか?》

《いえ、みていません》


なんだよむかっ(怒り)

責任を追及する気はないけれど、むっ ちっ(怒った顔) としましたね。



もし私が受付の人間だったら、どうするか、考えました。

まず、先週の段階で、残ったコートの中身を調べます、特定できない時は

この時間帯のリハビリ患者に電話を入れます。
リハビリにきている人限定ですから、きっと10人以内と思うのです。

それが失礼に当たるかもしれないと心配ならば

《間違っていませんか?》と、メモをつけて残ったコートを待合室に展示する。

けどね。



《こういう事は今までにもなかったのですか?》

《1年に2、3回くらいあります》



《もう、あきらめましたので、忘れてください》

といったら

さらりと《わかりました》。終わりです。


気に入らぬ風もあろうに柳かな


を、心で三回唱え無理して笑ました。




ブログ名は 《満漢全席》 から 《癇癪日記》 に変えたほうがいいかな〜



b28da5d9a5[1].jpg






昼食

ドライトマトとバジルのスパゲッティ
カポナータ
レタスとパルミジャーノのチーズドレッシング
ラ・フランス

DSC03989.JPG
posted by てこな at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする