2013年12月26日

遺言もどき・・(木)

今、遺言のようなものを書いています。


私のまわりには、母、義母、ひとり者の叔父、叔母など、高齢者がたくさんいます。

病気になったときどういう医療を望んでいるのか、
どう生きていきたいか、そして
自分が死んだ後の、お葬式、お墓、お金のことなど

本人がどう思っているのかは、結構わからないものです。


先日、娘に

《歳を取ったら、まわりに心配させないように、自分の考えとか事務的なことを、
書いておくとか、言うかすればいいのにね》
と、言ったら

きっと私の言い方に傲慢さを感じたのでしょう


《じゃ、自分はちゃんとやってるのね》 だって。


《私はまだ、そんな歳じゃないでしょ》
と、内心ちょっとむっとしたけれど・・・


まったく、その通りです。

言ってもらってよかったです。

お金のことなど、連れ合いはまったくわかってないので、
わかるようにまとめ書きはしてありますが。これは遺言ではないですからね。

まわりが余計な気を遣わないように、
はっきり、自分の希望を書きまとめることにしました。


私の場合、財産があるわけじゃないので、揉めることはないのです。
でも、少しくらいは、子どもにもあげたいなぁとは思っているので、
ちょこちょこヘソ喰ってます。

そんな程度ですから、公正証書みたいな正式なものはいらないと思います。


パソコンに、入れておきます。

書き始めると、なかなかまとまらず、難しいものです。

@ 病気になって自分で判断が出来なくなった時の、終末医療について。

A 認知症とか、介護が必要になった時のこと。

B 葬式のこと。

C お墓のこと。

D 実家の母のこと。

E お金のこと。保険のこと。

F 連れ合いのこと。

G 私の残したガラクタのこと


 Gまで、一応書いてみました。

後は、なにがあるでしょうね〜





Best Selection - BOSS  52

ボスくん〜
君も首をかしげて、何を思案中なの?

P1020024.JPG

1歳
posted by てこな at 17:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする