2016年06月04日

しつけ・・(土)


行方不明だった大和くん、無事に見つかって、本当によかった

日本中が安堵してますよね〜

この父親が、山中に置き去りにした、しつけ≠ノついては
ずいぶん、責められていました。

今までの事件の子ども虐待とはまったく違った次元の話しなのに、

最初の嘘も加味されて、つらい立場だったと思います。

この最初の嘘も、気持ちはわかります。
まさかここまでの大事になるとも思わなかったでしょうしね。

このお父さんのしつけ≠ヘそんなにひどいことだったのでしょうか。
今までの事件の虐待の親が言う『しつけ』と同じではないはずです。

お父さんは、大和くんに、辛い思いをさせてごめん、と謝ったようですが。


こんな過酷な状況を生き抜いたなんて、頭がよくて逞しくてたいしたお子さんですね。
このたくましさも、この家族の育てかたのたまもののよう思います。

こんなことになるなんて・・・・

大騒動になってしまったので、ご両親は頭を下げるしかないですが、

とても、親ごさんを責める気になれません。

大和くんは根性があるだけに、ちょっと言い聞かせるなんてことでは
治まらなかったのでしょう。
意地っ張りみたいですしね。

大和くんは親に捨てられたと、本当に思ったのかな?、
怒られたことに反発して、待てば迎えにくるとわかっていて
その場から離れたような気がします。

親も子も、想定外なことになっちゃった。

と、私なりの推測です。


私は、30年前には、大和くんくらいの年の子を3人育てていました。

こどもも悪かったし、私も未熟で

しつけ

私や夫が癇癪をおこして八つ当たり

その両方で、結構怒りましたよ。


連れ合いなんか、時間構わず、外に放り出していました。

私も、やってましたよ。


普通1人を外に出すと他の兄姉が

『もう、許してあげて、入れてやってよ』と助け舟をだすのが普通なのでしょうが

うちでは、私が入れようとすると、

『まだ、早いんじゃないの』なんて、言い出す始末。


ある時、次男を叱って、外に出したことがあります。

深夜に電話がありました。

『てこなさんにも、考えがあってのことでしょうが・・・・もごもご・・・
○○○くんが、階段で寝ているのだけど・・・相当寒いと思うけどいいの?』

と、同じマンションの友人から遠慮がちに言われました。

『忘れてました ❗ 』

それ以来、何かにつけて、鬼母≠ニ話しの種にされています。



捜索にかかった規模が大きいので
これからのご両親の始末につけかたが、難しいでしょうが、

早く普通の生活に戻れますよう、応援します。



私、先週から昨日まで実家に帰っておりました。

いろいろありました。

98歳の母のことは、次回のブログで愚痴りたいと思っています。

疲れました。





またまた太って、子豚になってた。

P1230926.JPG
posted by てこな at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする