2016年06月05日

母、ひとり勝・・(日)


運動会のリレーのときの孫です。

クラスの激戦を勝ち抜き、選手に選ばれて、とても喜んでおりましたので、
ぜひ応援に行こうとおもっていたのですが、
急きょ帰省することになって、残念。

連れ合いが撮った写真です。

P1240284.JPG


実家の母が電話で

『そろそろお迎えがきたみたいだから、すぐに帰ってきてよ』

『0先生(近所の主治医)があなたに話があるらしいのよ。
そのとき、あとどのくらいか、あなたから聞いてね。』

さすが慌てて帰りました。


母は、意外に元気そうで、お土産のガトーショコラをペロリと食べて
とてもそろそろには見えません、

本人は、『夏は越せそうにない』と弱気になっています。



早速、主治医に余命宣告とやらを聞きにいきました。

先生、

『僕、呼んでないよ。娘さんは元気?とお母さんに聞いただけだよ。
別に特に問題ないですよ。

後どのくらいって言われてもね〜
98歳じゃ、毎日がそろそろみたいなもんでしょう』

と、笑ってました。


もともと唯我独尊の人でしたが
ますます磨きがかかってきました。

耳が遠くなったせいで、私の言うことも聞こえたふりで誤魔化すし、
話しも全部自分中心です。

昔話しが多くなり、
話しの中の母は、いつもスターです。

役どころは、
意地の悪い姑や小姑にいじめられながらも、
勝手な暴君に尽くす健気であっぱれな妻。
関係者はみな鬼籍ですからね〜
言いたい放題、生きてる者勝ちです。

あちらの世界で、蓮の台から下界を眺めた祖父母や父が苦笑いしていることでしょう。


私も母と同じような性格ですから、

自分の老いさきをみるようで、ちょっと怖いですよ。


一安心したものの、やっぱりこちらに帰るときは
1人で残る母に、後ろ髪をひかれます。


まだ呆けるというほどではないので、きりのいい100歳までは
母には頑張ってほしいと思っています。


  ☆   ☆   ☆



炎天下の散歩にはどっちがいいでしょうか?

P1220714.JPG

P1220294.JPG




昼食

アボカドと豆腐の和風サラダ
鯵の冷たいラタトゥイユソースマリネ
棒天
アスパラとマッシュルームの味噌汁
ぶどう

P1240581.JPG

posted by てこな at 14:14| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする