2017年04月15日

叔父からのおくりもの・・(土)

昨年末、連れ合いの叔父が93歳でなくなりました。

生涯、独身でした。

叔父にとっての甥や姪が、遺産をいただけることになったのです。


叔父は、だれの世話にもならず、短期間の入院で亡くなりました。

簡潔、丁寧、清々しく生き、
亡くなる日の夕方まで、病院で談笑していたそうで、
まったく見事な大往生だと思います。

誠実に生きる、そのままの人でした。



思い入れのあった美術館に寄付をして、残りをみんなで分けていただきました。

今日、連れ合いの口座に振り込まれました。

20人ちかくの甥姪が、この恩恵にあずかったわけです。


まったくもう、すごい話しです。

連れ合いが、全額私にくれました。

私は、心秘かに、

『皺取り、しみ抜き、たるみ引き上げ』

そう、美容整形したいと思っていました。

それとなく、連れ合いに言ってみたら

すごーーーーーーーく嫌な顔をされました。



そうですよね

叔父の生き方とは、真逆ですよ。


連れ合いは、私に

『まずは補聴器!補聴器!』

と、煩いことです。

私がきこえないのは、亭主の声だけなのに・・。



どなたかのブログ、どこからかの引用かもしれませんが、
こんな言葉に、ぐさっときました。

『あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が
あれほど生きたいと願った明日』



叔父のことを思い、そしてこんな文章を読むと


毎日を空しく過ごしている私は、、、、なんだ。



   ☆   ☆   ☆


P1420025.JPG



夕食

和風ラタトゥイュ
新玉葱と鰹のタタキのサラダ
ズッキーニの網焼き
ぶどう

P1410707.JPG
posted by てこな at 23:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする