2017年06月08日

終るという事・・(木)

5月末、連れ合いの妹が亡くなりました。

すい臓がんで、家族一丸になっての治療も甲斐なくでした。

最近まで、病気のことは知らされてなかったので、
本当に驚きました。

8ヶ月間の闘病生活の様子を聞き、
本人はもとより、残されただんなさま、お子さまがたの無念さが伝わってきました。

義母の介護も妹が率先して、介護当番、介護施設の手配などを引き受け、
義母が不安なく最期を迎えられたのも、義妹のおかげです。

義妹の死については、あまりにいろいろな思いがあって、
何を書いても、空しい。

義妹のことは、ここまで。



お葬式に参列して、あらためて自分たちのエンデングについて考えました。

一応、遺言というか、私の希望という形で
老後のこと、終末医療のこと、お金、葬式、お墓のことを書いてあります。

どれもこれも『適当でいいよ』的ないいかげんな文面です。

が、適当って、結構難しいことかもしれません。

連れ合いは、葬式はいらない、家族だけでいい。
戒名もお経もなしにしてほしいと言います。

彼が死んだら、どうすりゃいいの?
葬儀社に連絡したら、こんなお金にならない話し、引き受けてくれるのでしょうかね。

お通夜や告別の日、坊主もお経も、牧師もなにもなかったら
どう過ごすのよ。
好きな曲で送ってほしいらしいけれど、その曲、2日間流しっぱなし?
家族というのは、どこまで? 子ども、孫、その伴侶、妹たちとその伴侶?
なんだか、線引きも考えてしまいます。

お寺に無断でお墓に納骨はできるのかな?

わからないことだらけです。

私も戒名もお経もいらないと思っているのですが

残された者が困らないように

ちゃんと調べて、明確に書いておこうと思いました。


連れ合いと家中を見回して

『われわれが死んだら、犬以外は全部ゴミだね〜』

といいながら、捨てられない生活をしています。


捨てられないもの。

P1440106.JPG



27日、孫の運動会。

上の孫。リレーの選手に選ばれて、得意満面。

P1430762.JPG


下の孫。体育会系は、ちょっと苦手。

P1430652.JPG

posted by てこな at 19:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする