2017年06月13日

大腿骨折れた! って...(火)

9日夜、母が入居しているケアハウスから電話がかかってきました。
電話器のモニターに施設名がでた瞬間、アウトだ!
来た、来た、来たと、冷や汗がでました。

案の定、部屋で転倒して救急車を呼んだとのこと。

その後、大あわてで帰省し、

現在、大腿骨骨折ということで、手術待ちしています。

主治医の先生はまだ若く

99歳でもこのまま寝たきりにはしたくない。また歩けるように手術しましょうと、言ってくれています。
歩けるようになるか保証はないけれど、挑戦したいと思っています。

母は、

手術が失敗したら、寝てる間に楽に死ねそうだから、ぜひ気楽にやって下さい、と言って

先生から

僕、失敗しませんから、と言われ大笑いです。

ただ、焦らずゆっくりと治療しましょうね、
先生も、看護師も、ケアマネージャーも言い、
時間がやけにゆったり流れています。

えっ、私ずっーーーと、このままなの。
病室では、居眠りくらいしかすることもないのです。

田舎の事で何事も悠長で、先の見通しが立たないので、イライラしています。

今後の母の暮らしかたを考えると、途方に暮れます。

周りの方々は、なんだか呑気に

なんとかなりますよ〜

なんとかしてくれ!

と、叫びたい。


posted by てこな at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする