2018年05月27日

雷のこと・・(日)

中旬に帰省しました。

施設の専属の医師から、お話しがあると言うのです。

一般的なことですが、という前置きはあったものの。

母の終末医療のことでした。

病院じゃなく、出来る限り施設で看取っていただくことを希望しました。

100歳を超えてからの母は、やっぱり目に見えて弱ってきました。

本人も“もう十分に生きた、もう終わっていいわ〜”

とは言ってますが


私が着々と母の死の予定を組んでいるようで、今回の帰省は滅入りました。



家に帰ってみると、雷が元気がありません。

ちょっと吐いたり、下痢したりで

連れ合いは犬を粗略にはしない人ですから、余計心配です。

3年前のことが頭をよぎります。

赤信号が点滅し、警報ブザーまで聞こえてきます。

再発の予感がします。


今日、クリニックでいろいろ検査してもらいました。

『再発かもしれない。前に手術した大学病院に連絡してください。
まだ症状が軽いので、たとえ再発でもなんとかなりますよ。』


術後3年もたって、再発なんて・・・・・

なにも食べようとしない雷をみると、胸が潰れる思いです。


今日は日曜日なので、なにも動けません。
調べてみると、雷の手術を執刀した医師は、まだ大学に在籍していました。

早く明日にならないかと気がせきます。一日でも早く予約を取りたい。


雷は、3年前奇跡の生還をした幸運の犬です。

死んだりしないはずです。

今度も頑張ってもらわないと、

大丈夫、雷。いっしょにがんばろうね。




てこな家にも、ちょっぴり明るい出来事もありました。

昨日は、孫たちの小学校の運動会でした。

上の孫は、毎年リレーの選手にも選ばれ、運動神経もいいようです。

下の孫は、学年で一番背が高いのですが、運動は好きじゃないです。

なんとなく、おねえちゃんに劣等感を持っているようで、かわいそうにな〜

と思っていました。


ところが今年の運動会のプログラムの表紙に

下の孫の絵が採用されました。


孫もうれしいでしょうが、私も大いに喜んでいます。

IMG_0033.JPG

4位の子の足だけも描いて、芸の細かいことをやってます。
私、説明されるまでわかりませんでしたが。」
posted by てこな at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする