2018年09月07日

時はもどせない・・(金)

雷は10日前退院しましたが、
そう喜べることではありませんでした。


お腹を切ってみたら、腫瘍がみつかって
とても、取り切れる状態ではなく、リンパ腫ではないかという執刀医の判断で、
組織を採っただけで、胆のう摘出はできませんでした。

今後は、抗がん剤治療を提案されていました。

とにかく、組織検査の結果がでたら、治療方針を決めましょう
ということでした。


今日はその確定診断が出る日です。

ここ1週間、あまり元気もなく、息も荒く
見守るのが、とても辛い毎日でした。

それなりの覚悟をもって臨みました。


組織検査の結果は採取した部分にがん細胞はなかったそうです。
他の部分には、ある可能性は残っています。

???

もう少し、調べさせてください

朝9時から、5時まで待たされました。

検査、検査で雷には可哀想なことです。


それでわかったことは

ガーゼが体内に残っている、

3年前の手術のときのものか、今回なのかわからないそうです。


とにかく、ガーゼが残っていることは、はっきりしているのです。

考えられないミスで、ただただ、申し訳ない。
 雷ちゃんのために、出来る限りのことはやらせてもらいます

主治医や執刀医からも、詫びられました。



動物としては、最高の病院を選んだと思っていました。

リンパ腫ではなさそうでよかった〜

ではすみません。

3年も前に残したガーゼだとそう簡単には取り出せないようです。


近々、再手術をさせて下さい。とおっしゃる。


先日の手術のとき、出血多量で死にそうになったのに・・・

不安です。


平身低頭の先生方を前に、

なにも言えませんね。

雷の今後を考えると、

本気だしてやってくれてる

そっちを頼りに、我慢するしかないかもしれません。


ガーゼが残っていた


人間の病院でもよく聞く話しです。


もし、病院が隠す気だったら簡単だったと思います。

私たちは、そんなこと夢にも思っていませんでしたから。



雷が不憫で泣けてきます。



時はもどせない。




待合室、午前9時

IMG_0152.JPG


待合室、午後5時。
閑散としてきて、みんな疲れ切っています。

IMG_0149.JPG
posted by てこな at 22:39| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする