2019年04月04日

真間の手児奈・・(木)

うちの近くの真間川沿いの桜です。
いつもなら、川は桜の花びらでピンクに染まるのですが
まだ八分咲き、週末は賑わうことでしょう。
今年は長く楽しめます。

IMG_0016.JPG

この川にまつわる話。

真間の手児奈伝説≠ニいうのがあります。

今話題の万葉集にもでてくるお話です。

手児奈(てこな)という美しい女がいて、
あまりの美しさのため男たちの争いのもとになり、
手児奈は、自分の美しさゆえの罪の深さを嘆き、
この真間川に身を投げた。

という民話です。


わたしのハンドルネームは、この手児奈をいただいたものです。

子どもの時から、容姿に劣等感を持ち続けていたので

ブログ上だけでも、美しくありたいと

図々しく拝借しました。


美しさゆえの苦しみってのを味わってみたいものです。



☆ ☆ ☆


先日、ブログの友のポーさんが玄栗に会いに来てくれました。


ポーさんは理論派で、知的で、年齢よりお若い!!

なのに・・・結構、縁起担ぎなのです。

ずっと前にボスに1回会ったことがあります。

3年前に玄雷に会いに来てくれました。


ボスも、雷もなくなってしまいました。


1回しか会わないと死ぬ、玄ちゃんにもう1回会って、2回にする。

と、おっしゃる。

冗談のようでもあり、本気のようでもあり、不思議なかたです。

image1.jpeg

本当は笑顔がとてもステキで顔出ししたかったのですが
ご本人さまからきつ〜いクレームがあって、顔潰しました。


我が家についてしばらくしたら、いったん外に出て

また、改めて こんにちは≠ニ。

これで玄とは3回、栗とは2回ということです。

ゆえに、玄栗は不死身になりました。



雷のお下がりを着て、

長生き祈願、ありがとう≠ニ、手を合わせております。

P1660674.JPG



夕食

山形の蕎麦
インカのめざめのポテトサラダ
鯖の冷燻と大根のカルパッチョ
山形小茄子の漬けもの
いちご
ムレダ・カベルネソーヴィニヨン・オーガニック

P1660702.JPG

posted by てこな at 22:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする