2020年01月19日

それぞれの終活・・(日)

昔勤めていた会社の同僚とは50年あまりの付き合いになりました。

入社以来、仕事や上司の悩みから始まり

恋バナ、子育て、亭主の愚痴、病気、介護・・・・と変遷し

現在は、終活で盛り上がっています。


そのうちの一人が

住んでいる家を売って、介護付きシニアマンションに年末引越しました。

そのお披露目、お祝いに行ってきました。

思った以上に高級で、玄関にはドアボーイがたち
最敬礼で迎えられます。
まるでホテルです。

昼ごはんは住人と同じ食事を食堂でたべました。

食事時で、老夫婦とはいえない(若くみえる)二人連れがたくさんだし
溌溂としたお1人さまは、女性が圧倒的に多い

どのかたがたも、ネックレス、イヤリングまでつけた正装です。


わたしたち、浮いてるわ。

友人は、どうみても

お掃除のおばちゃんに見える。

誰からも遊んでもらえないかも。

ちょっと心配。


もう人の目なんか気にしてない、ここは楽でいいわ〜
自由に生きる。
15年で元が取れるから、それまでは頑張る。


と、笑っておりました。



別の1人の終活は

何年後かに必ず自決すると言います。

そのためにも、飼っている猫が死ぬのを待っているのだそうです。

どういう方法で死ぬかは教えてくれません。

あだ名が宇宙人ですからね〜

彼女ならやり遂げそうです。



別の1人は

樹木葬にするとかで、いろいろの見学会に参加しています。

自分の木を選べるところもあって、

なんの木にするか、楽しそうに迷っています。



もう1人は

こちらは、独身のお嬢さま2人を残して逝くので

残された2人のことばかり心配しています。

自分の死後、娘たちが困らないように準備することが
彼女の終活です。



最後の1人の私は

終活するぞ!!

の掛け声だけで・・・




1人で老後のこと、死ぬことなどを考えていると
物悲しくなってきますが

友人たくさんでおしゃべりしていると

結構死ぬのも怖くない、


どうせ、20年後には

みんな居なくなった〜 ですが。


  ☆   ☆   ☆


下の孫が水疱瘡になりました。
会ってないのですが、さてさてどんな顔になっているのでしょう。
鏡を見て、泣いてるのかな。

この子は絵を書くことが好きで、雷、栗を描いてくれました。

1年前になくなった雷です。

P1770643.JPG


栗の1歳の誕生日に。
あれっ、ろうそくが2本だ!!

P1770642.JPG






夕食

カーボロネロとラディッシュのパスタ
グリンケールとパープルケールのチーズサラダ
蕾菜と生木耳のクリームソテー
シャインマスカットぶどう

P1780429.JPG
posted by てこな at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする