2010年02月24日

むかし話L・・(水)

今は、バナナも玉子も大喜びする子は少なくなりました

私の子どものころは、バナナ 三日月、ゆで玉子 新月、佐久間の缶入りドロップスは
遠足ぴかぴか(新しい)とか運動会ぴかぴか(新しい)でしか食べられない、うれしいおやつでした


小学校3年生の時の話です

先生が
《お家でニワトリを飼っている人はいませんか?》
私がすかさず
《ハーイ、ハーイ グッド(上向き矢印) たくさん飼ってます》

《突然なんだけど、てこなさんちに見に行ってもいいかしら 》

《大丈夫 手(チョキ)、みんな来て、来て 決定

というようなやりとり(もちろん、方言で)がありまして・・・


1クラス50人くらいでしょうか、先生を先頭に行列して私の家に行きました
突然のことで、祖父母はびっくりしていましたが
先生の前ですから、ニコニコ笑って
《わざわざ、ご苦労なことですね、よく来てくれました 》

ニワトリ小屋に案内して、みんなに鶏を触らせたり、えさやりを見せたりして、
帰りには、お土産にみんなに1個ずつ玉子を配りました

先生が
《てこなさんの、お祖父ちゃんにお礼を言いましょう 》
《ありがとうございました 》 の大合唱

私はその日の主役、晴れがましくて 晴れ得意満面です わーい(嬉しい顔)


学校から帰ると、あんなに愛想がよかった祖父母は鬼に変身

《てこなは舞い上がり(お調子者)だから、自分から家に来い、来いと手を上げたに決まっとる 雷
さすが、孫の性格よくわかっています

《大事な玉子を、大損した むかっ(怒り)

夜には、母からも
《あなたのせいで、お祖母ちゃんから怒られた バッド(下向き矢印) 》
と、口をひねられました

お調子もの∞でしゃばり≠フ性格はそれから50年ずっとひきずってます








昼食

赤飯
アボカドと厚揚げのレモン醤油
里芋の和風サラダ
武満徹レシピ納豆(きのこ)汁

IMG_4075.JPG






夕食

きんぴらごぼう
セリとベビーリーフのゴマドレッシング
キーウィ・バナナ・チーズの生春巻
舞茸と葱の味噌汁
パイナップル

IMG_4117.JPG





可愛く、優しげなボスでしょ ハートたち(複数ハート)

IMG_4047.JPG
posted by てこな at 21:27 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

むかし話K・・月)

小学校低学年のころの話しです

大家族の我が家で一番の道楽者が祖父です
長男の父が仕事の中心で、祖父は名ばかりの家長で遊び人でした

学校で新しいお友だちK子ちゃんができて、帰りにK子ちゃんの家に遊びに誘われました
私は遊びを断ったことはありません
K子ちゃんの家はお父さんは死んじゃって、優しくてきれいなお母さんがいました
お皿に一口大に切ったスイカがでてきました
スイカなんて、我が家では、丸かぶりですから
《上品なお家なんだな〜》とびっくりです
お母さんは私に《◎◎◎(町の名)のてこなちゃんは、おじいちゃんのお名前はなんと言うの?》
と聞かれた


家に帰って、お祖母ちゃんに
《K子ちゃんのお母さんにおじいちゃんの名前きかれたよ》と報告しました
今度は、祖母からKちゃんのお母さんのこと、いっぱい聞かれ
《もう二度と遊びにいくんじゃないよ、お前はおしゃべりなんだから雷》と、口キスマークをひねられた

ここまで書くと、後は想像つきますよね
おじいちゃんの、愛人ハートたち(複数ハート)宅だったのです

きっと、祖母はきつい人ですから、ギュウギュウ祖父を締め上げたことでしょう

普段はやさしい祖父が、誰もいないところで
《どいつもこいつも、女はおやべリで、どうしようもないむかっ(怒り)》と
私の頭をボカンパンチとなぐりました。

この事件に関しては、私はまったくの被害者です もうやだ〜(悲しい顔)








昼食

うどん
ウドと油揚げの薄味煮
大根の柚子風味サラダ

IMG_3486.JPG







今日は小雨の中、サブくんとお茶です

IMG_3164.JPG
posted by てこな at 23:05 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

むかし話J・・火)

小学校にはまだ行ってない、5、6歳でしょうか

その頃は、祖父母、父の妹2人、弟1人、父、母、私の家族8人
塩田を委託されていたので、浜子(塩田作業者)も出入りしていて
それはそれは、大所帯でした

みんな一日中忙しく、あちこちで角突合せ、小競り合いです
祖母と母も、始終もめてました


あるとき、父と母と3人で川に蛍を見に行きました
真っ暗な川辺を、父と母が並んで歩き、私はその後ろを歩いていたと思います


《川に飛び込んでバッド(下向き矢印)死のうと言われたらどうしよう もうやだ〜(悲しい顔)

《死にたくないたらーっ(汗)、命だけは助けてくださいと頼もうか、それとも今逃げたほうがいいかな》

真剣に心配していたのです

蛍なんて1匹も飛んでなかった



これは本当に怖い思い出で、今でもその時の夢を見ます
夢の中の私はいつも泣いています


成人してから、父や母に何回もこの夜のことを聞いてみました

父は、蛍を見に行ったことは覚えていて
《○○(母の名)が、ばあさんのことで、ヒステリーでも起してたのかナァ》程度の軽い話

母にいたっては、蛍のことはまったく記憶になく
《あんな浅い川じゃ、死ねないわよ》
《私は死ぬなら一人で死にます、お父さんといっしょなんて、まっぴら》
と、的外れなことを言います


私があんなに怖く、悲しくかったことを
父母は、ほとんどおぼえていない
私の妄想≠ニはどうしても思えないのです

父も亡くなりましたし、母は情緒を解さない人ですから
もう永遠の謎です






昼食

菜の花のたらこ煮びたし
セロリとエビの柚子蒸し
貝割れとサニーレタスのサラダ
カリフラワーの味噌漬け
りんご

IMG_3140.JPG





夕食

そば
恐竜の卵風巣ごもりタラモ
生めかぶの柚子風味
ししとうのおかかまぶし

IMG_3165.JPG




ビビリ犬ボスの本領発揮
ちょっとした物音で、この顔 目exclamation

IMG_3148.JPG
posted by てこな at 21:20 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

むかし話I・・(水)

私が育った瀬戸内の市はその頃人口6万人
デパートはありませんが、駅前の商店街は活気があり
映画館も5つくらいあり、いつも満員だったように思います

町にお買い物に行く(お惣菜じゃなくて、ちょっとした洋品とか、文具、高い食材など)ことは
東京の人なら、銀座に・・・というくらい、贅沢な感じでした

映画の看板が町の辻々に立てかけられて
美空ひばり、中村錦之助の看板絵を見ては、行きたくてため息をついていました
一年に何回かは、学校から行列して、映画鑑賞会にも行きました
その日はみんな、普通よりちょっとおめかししてましたねぇ
赤と青のメガネ 眼鏡をかけて、飛び出す映画もみました
メガネをはずすと、どう見えるのか、不思議で試してみたかったのですが
メガネを取ると、目が潰れると思い込んでいて、私はできませんでした。
勇気のある子が《ピンボケじゃったわーい(嬉しい顔) 》と笑ってました


デパートは県庁所在地に三越があります
私の家は大家族で忙しく、つれって行ってはもらえません

小学校5、6年生の時に三越の展覧会を友人4人で見に行くことになりました
友人の一人が、何回も行ったことがあり、信頼されたのでしょう

いくばくかのお小遣いをもらい、1時間弱の汽車にのり
あこがれのデパートですから、前日から、眠れないほどのうれしさです

デパートの最上階の食堂 レストランで、お昼ごはんを食べました
なにを食べたか忘れました、たぶん無難なものを食べたのでしょう
回りの人の食べてるものが、みんな美味しそうで見たことないものばかりで
次にきたときには、あれも・・これも・・とキョロキョロしていたのでしょう
お友だちたちはみんな慣れているらしく、堂々としています

《てこなちゃん、デパート始めて exclamation&question 》と聞かれ
嘘つきてこなは、見栄を張ったことは言うまでもありません


その後、お友だちが《エレベーターに乗ろうよ るんるん 》と、言ったのです

私は、そのエレベーターなるものを知らなくて
《私の持っているお金で足りるだろうか あせあせ(飛び散る汗)
《靴は脱ぐのだろうか ダッシュ(走り出すさま)
心配で心配で、心臓がドキドキ 黒ハートでした


お金もいらない、靴も脱がない。きれいなお姉さんがドアーを開けてくれる
感動しました








昼食

白子のグラタン
うどの梅肉きんぴら
ローメインレタスとりんごのサラダ
絹さやの玉子とじ汁
きんかん

IMG_2885.JPG







夕食

むらさき芋と安納芋のレモン蒸し、カッテージチーズ・ドレッシングがけ
ほうれん草と小松菜のごまあえ
かぶとがんもどきの煮もの
けんちん汁
焼きりんご

IMG_2893.JPG







ボスは馬なみに座って眠ることができます

IMG_2802.JPG
posted by てこな at 22:30 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

むかし話H・・金)

昔々のことを少しずつ綴っていこうと思い立って
先日、まずひとつ書きましたら、記憶の底に眠っていたあれやこれやが
いろいろ思い出され、
昔の自分を面白く感じています



小学校2年生の時

同じクラスの子が、きれいな絵がプリントされた新しい消しゴムが失くなったと泣いています
担任のH先生(若い女の先生)が私に優しく
《てこなちゃん、人の物を盗ってはいけませんよ、ちゃんと返しましょうね》と言いました
《盗ってないもの 雷 私、盗ってないよ もうやだ〜(悲しい顔)》失くした子より大きな声で泣きました

その夜、先生は私の家にやってきて、母に事情を説明して
《こどもは、人のものを盗ることはよくあることです。ごめんなさいと言える子になってほしいのです》
というようなことを言ったのです

母は、怒りましたむかっ(怒り)
《うちの子は人様のものに手を出すはずはありません。泣いて盗ってないと言ってるのに、どうして信じないのですか 》
そこへ祖母まで加わり、みんなが私の応援団です

その後、スッタモンダありまして
結局、校長先生とH先生が二人で家に謝りにきて、この事件は終わりました

本当は、消しゴムを盗ったのは私です
見せびらかすその子が憎らしかったのだと思います

最初に《盗ってない exclamation》と言ってしまって、引っ込みが付かなくなったのです
いく晩も《いつ本当のことを言おうか あせあせ(飛び散る汗)》と悩みましたが
言えません

H先生は、私が盗ったところを見ていたのか、挙動不審な私から察したのか
私が犯人だと確信していたと思います
謝罪させられた先生は、さぞかし悔しかったでしょうね
私も、その後先生の顔をまともにみられませんでした

H先生もさるもの
私は、ぶったりたたいたり、大声で叱ったりはされませんが
ずっと精神的に苛められました

きっかけは私が悪いのですし、
母や祖母の性格を思うと、意地悪されてることは言えません

10円ハゲができるくらいですから、自業自得とはいえ
学校に行くのが、辛かったですね

と、言いながらも
3年生になって、担任の先生が変ったとたん元気溌剌わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
私は、逞しい子どもです






昼食

天ぷらうどん
ブロッコリーとマカロニのサラダ
アボカドの帆立のせ

IMG_2530.JPG





夕食

里芋としめじの炊き込みごはん
あさり入りおから
カブときゅうりのふきのとう味噌あえ
味噌漬けチーズ
かぼちゃと小松菜の味噌汁

IMG_2559.JPG







朝寝坊でこまります・・・寝る子は育つかな

IMG_2524.JPG
posted by てこな at 21:25 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

むかし話G・・(火)

若いときは未来を語り
年をとると思い出話をするらしいですね

無為徒食の日々で、やはりついつい昔を振り返ってしまいます

代わり映えしない毎日なので


時々は昔昔を、綴ってみようと思います



小学校1年生くらいだったかな
その頃の鉄道は、柵のない畑の中を走っていて
踏み切り、遮断機なんかなくて
線路も遊び場みたいでした

学校の帰り道、友だち3人で、遠くに見える蒸気機関車をみて
線路の上で手を広げて
《止まれ 手(パー)止まれ 手(パー)》と、ふざけていました

汽車は、本当に止まりました
止まった列車から、運転士さんだか、機関士だかが
ダァーと下りて来て、
3人まとめて、捕まりました

そして《この、クソガキダッシュ(走り出すさま) 》と、ボカンと拳骨 パンチです
3人とも大声で泣きました

列車の窓から、乗客みんなが首をだして
《アホ むかっ(怒り)》 《コラー 雷》と口々に怒っていた光景が忘れられません

今、電車を止めたら、大変なことでしょうね

1発、ボカン パンチで放免されました。名前も聞かれませんでした
のどかな田舎の昔です


その後、3人で相談して、親には内緒にしていました

ところが数日後、3人の親たちは知ってました
そのわけは、汽車の中に近所の人が乗っていたのです。

あやうく、サーカスに売られそうになりました

私にとって一番怖いことは、〈悪いことをしたら、サーカスに売り飛ばされる〉ことでした






昼食

白菜とエビのグレープシードオイル煮
きのことペコロスのスープ
わさび菜と紅芯大根のサラダ

IMG_2300.JPG






夕食

揚げれんこん餅のみぞれあん
蕗のふきのとう味噌がけ
シーザーサラダ

IMG_2370.JPG




お昼ねは、人間ベッドが一番ラクチン決定

IMG_2364.JPG
posted by てこな at 21:20 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

昔話F サーカスと酢・・(金)

酢は体にいいということで、連れ合いの料理には
米酢、ポン酢、バルサミコ酢、レモン、柚子など、すっぱ系が多く使われます
私はどうも酢が苦手で、とても嫌でした
そんなことは、頑張ってるシェフに言い辛く、我慢しています。
まぁ、だんだんと食べられるようになって、笑ってこんなことを書けるようにはなりました

どうも、子どものときの《酢》のイメージが悪いのです

私が小さいころ、何か悪いことをしたら
《悪い子はサーカス(曲馬団)に売り飛ばすよ 雷
《サーカスの子になったら、体をグニャグニャにするため、毎日お酢を飲まされるだよ もうやだ〜(悲しい顔)

《玉のりやブランコから落ちたら、ごはんももらえないんだから 》
と、脅されていました
ひどい親ですよ。

田舎にテントを張ったサーカス団が興行にきたことがあります
連れて行ってもらい、出演する可愛い子役をみても
《あぁ、あの子は売られてきた子で、毎日お酢を飲まされているんだ》
と、楽しむどころか、可哀想で泣きながら見ました

今も、まだ抜けきれなくて
華やかな一流のサーカスをテレビでみても、もの悲しくなります

最近、母に
《昔、よくサーカスに売り飛ばすと、私を脅かしたよね》と言うと
《忘れた exclamation》そうです




夕食

なべ焼きうどん
たらの芽とスナップえんどうの柚子みそがけ
菜の花とタコの辛子醤油あえ
りんご

IMG_1710.JPG






THE DARKEST HOUR COMES BEFORE THE DAWN 
以前にHANAさんの掲示板で、よく目にした言葉です、3年前を思い出します


IMG_1525.JPG
posted by てこな at 21:01 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

昔話E もうすぐ1年・・(月)

去年の11月からブログ始めました。
「初めてのブログレビュー」という本を買ってきて
試行錯誤、暗中模索で始めました

同じ毎日のくり返しの中に、なにかを見つけたかったのかもしれません。

最初は、HANAさんの掲示板つながりで、
何人かの人にコメントいただき、とっても感激でした

1年は、背中を押されるように過ぎて行きます

ブログを続けている限り、元気ですごせそうな気がしています。


一年を振り返って、一番お気に入りというか
気持ちの入った、写真で〆にしたいと思います



《ペットケージ》物語です

29年前、トン(ロングチワワ)を初めて飼いました
そのときのケージに入ったトンです。新品のケージです

IMG_8743.JPG


その後、このケージでポチ・ソラも育ちました

IMG_8751.JPG


ついでに、2男1女も成長しました(25年くらい前かしら)

IMG_0027.jpg


3年前のボスです

IMG_0577.JPG


これは、1歳半の孫です

IMG_0103-bab5d.jpg


同じ犬舎の30年の月日が夢のようです

明日から一週間くらいブログお休みします。








昼食

〔たいめい軒の小皿料理もどき〕
セロリの油みそ炒め
ゆで卵のオリーブソース
残りもの
麩と春菊の味噌汁

IMG_8720.JPG





夕食

根菜のポトフ
ロウメインレタスとわさび菜のキムチマヨあえ
さばの文化干し

IMG_8721.JPG
posted by てこな at 22:50 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

続、むかしむかしD・・(土)

先日、勤めていたころの友人に会い、昔話に花を咲かせた

そこそこ仕事はしていたはずなのに、思い出すことは
すべて仕事外のことばかりでした


何の会だか忘れたけれど、飲み会があって
終電車の時間も過ぎて
同期の女性4人でタクシーに乗り、順番に廻って帰宅しました

酔っ払っているし、さほど美形でもない私たちですから
運転手さんは、安酒場のホステスと思ったようで
応対もゾンザイで、その上、遠回りされているように思えました

翌朝、昨夜のメンバーがそろって

《昨日の運転手さんの態度なによ 雷
それに絶対遠回りされたよね むかっ(怒り)

酔っ払っていても、みんなしっかりしたもので
タクシー会社、運転手氏名、どんな道を走ったか・・

みんなで確認して
社名の入った便箋を使って、タクシー会社に苦情の手紙をだしました

(社用の便箋を使うところが、卑怯なんですが・・)

数日後、受付から
《てこなさんたちにお客さまです》

タクシー会社のえらい人と、運転手さんが謝りに来たのです
それはそれは大きな菓子折りプレゼントをいただきました

部内にそのお菓子を配ったところ、男性陣が口をそろえて

《君たちを乗せた運転者が気の毒だ あせあせ(飛び散る汗)
《女の酔っ払いは、下品だからなぁ バッド(下向き矢印)
と本末転倒のことを言うのです

この件は、その後も周りから白い目目でみられました


それから40年も経ってしまうと
恥ずかしいどころか、自慢話しですよ




昼食

モロヘイヤのじゃこ炒め
ひじきと蒲鉾のおかか和え
かぶと油揚げの味噌汁
バナナジュース

IMG_6116.JPG





夕食

おくらとしめじのガーリックソテー
ルッコラ・ローメインレタス・カリカリパンのサラダ
秋さばの黄金焼き(レシピ
白米の薬味塩昆布のまぜごはん
 (hitoさんのブログのまねっこです)
ししとうの味噌汁

IMG_6149.JPG




聖子ちゃんと、のんびり・・

IMG_5075.JPG
posted by てこな at 21:20 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

むかしむかしC・・(金)

昨日、昔勤めていた会社の0B会の用事で、37年ぶりに社屋に入った。

連れ合いとは、社内結婚なので090910_1040~01.JPG
最近まで、この会社のお給料で生活していました

37年間は、連れ合いが会社にいましたので
私はあまり、社にも人にも近づかない生活です

こんな機会はもうないだろうと思い、
ちょっと緊張して出かけました。

最寄の地下鉄の駅のホームで
鮮やかに、思い出したことがあります

新入社員のころ、ホームで知らない女の人から

《洗面所に行かれたほうがいいとおもいますよ》
と、声をかけられ

なんという失礼な人と思ったものの

洗面所の鏡に映った私の顔は
額に1つ、頬に2つ、はなの頭に1つ、あごに1つ
ファンデーションの固まりが・・・
(乳液状で伸ばすタイプの)
化粧の途中で中断でもしたのを忘れて
出勤したのです。

若いときからそそっかしくて
そのままコメディアンです。


会社の外観は、昔とまったく変らず
玄関ロビーを入ったとたん、
私は、20代にもどりました

あのころは世の中も社も好景気で
社内も浮き立つようで
あちこちで、笑い声、怒鳴る声など
喧騒の中で仕事をしていたような気がします

今は知的になったのか、とっても静かです

ちょっと、お手洗いを・・・

昔のまんまでした
40年前、先輩に叱られて
このトイレの手洗いで同僚に先輩へのうらみつらみの愚痴を言って、泣いたことがあります

後日、その先輩から
《私、トイレの中から、吠えて 雷やろうかと思ったよ》

先輩は、トイレの中にいて、全部聞いていたのです どんっ(衝撃)

《悪口を言うときは、ちゃんと場所を考えなさい むかっ(怒り)
と、またまた叱られた もうやだ〜(悲しい顔)

去年、その先輩にこの話しをしたら
全然、憶えていなかった

あれももこれもバック・トゥ・ザ・フューチャー





昼食

天ぷらうどん
生クリームのタラモサラダ
ルッコラとツナのガーリックオイルあえ

IMG_6095.JPG




夕食

(レトルト)ふくしま白桃(!)カレー
ガルバンゾのゴマサラダ
焼き椎茸の南蛮漬
きのこと帆立の具だくさんスープ
プルーンの蜂蜜ヨーグルトがけ

IMG_6113.JPG





ぶうちゃんの目は、何をみてるのか exclamation

IMG_5471.JPG
posted by てこな at 21:10 | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

昔話B・・(火)

明日は、私の定期の診察日 病院です。

4月から、ちょっと病院が遠くなりました
ただ、病院ちかくには、友人が何人かいて、
その都度、誰かが付き合ってくれています。

明日会う友は、私が東京で初めて出来たお友達です

田舎から、あこがれの東京にきて、寮に入りました
勉学 本なんて口実のようなもので
ひたすら、東京の街、東京の子に目を奪われて、
軽佻浮薄な女の子でした。
門限(9時だったかな)によく遅れて、反省文を書かされるのですが
回数が多いものですから、同じ文章にならないように苦労しました

卒業の時舎監の先生に、反省文の束を渡され
《社会人になったら、ルールを守ってね パンチ 》との、きつい一言も、
今になっては、懐かしい・・

明日会う友人とは、入学式の日に、隣の席だったことで親しくなりました
彼女は、東京の子です
始めて自宅に遊びにいったときのことです

お母さまが焼いたというパン(どんなパンだったか、忘れてしまった)と、紅茶をご馳走になりました
彼女の部屋は畳ではなく、たしかカーペットが敷いてありました

私は、パンといえば、あん・ジャム・クリームパンくらいしか知らなかったし
ましてや、自分の家でパンを焼く、
椅子に座って、紅茶 喫茶店を飲むなんて、映画みたいだと夢のようでした

《これが、東京なのだ ぴかぴか(新しい) 》と、感激したことを覚えています。

それから、45年です

彼女は、PCをやりませんから、ブログのことも知りません

ボスの病気も知らないのです

今は、のんびりお茶する気にならなくて、悩んだのですが

自分の不幸をふれまわってもね・・・
ボスは、連れ合いにたのんで、美味しいもの食べてくることにします。




昼食

キャベツの焼きそば
豆腐のジョン
紫玉葱と貝割れのゆずポン
ラディッシュの五平のたれ

IMG_1588.JPG







ゴロゴロしてる写真ばかりに・・

IMG_1358.JPG
posted by てこな at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

昔話A グレープフルーツ・・(土)

連れ合いが都心に行くというので
〈万惣〉のフルーツサンドを夕食用に買ってきてもらいました。
値段はそう高くはないのですが、とても贅沢な気持ちがするのです

贅沢といえば、バナナ 三日月です。今の値段は、バナナに気の毒〜
生まれて始めて食べたバナナは、4,5歳くらいの時でしょうか
《世の中にこんなに美味しいものがあるんだ exclamation》と、感動しました。
遠足とか、病気をしたなど、特別の日しか、食べられませんでした。 

グレープフルーツ 満月には、反対の思い出があります。

入社して間もない頃、上司から5000円渡され
銀座千疋屋に行って、グレープフルーツ、贈り物用に買ってくるよう言い付かりました。


お店で、まるで、執事のような店員さんが、
みかんのようなものを箱に詰め始めたので、あわてて

《私、グレープフルーツって言ったんですが・・》

私は、葡萄のようなものを想像していたのです

執事さん、にっこり笑って 《左様でございます》

びっくり どんっ(衝撃)して、どうやって食べるのか、聞きましたら、おもむろに

《真ん中から、二つに切って、、上から粉砂糖をかけて、スプーンでお召し上がりになりますと、
美味でございますぴかぴか(新しい)
と、丁寧に教えてくれた

その当時、私のお給料は2万円くらいのものです。
清水の舞台から、飛び降りましたexclamation×2
自前で、1個500円のグレープフルーツと粉砂糖買いました。

下宿に帰り、ワクワクしながら、スプーンで一口

《なんじゃい むかっ(怒り) みかんじゃん雷

なんか、悔しかったですねぇーーーー





昼食

あわび茸の柚子みそ焼き
キャベツと黒いちじくのマリネ
グリーンカールとアボカドのガーリックサラダ
舞茸の味噌汁

IMG_7496.JPG




夕食

フルーツサンド
ブロッコリーのすりながし
うるいとスモークサーモンのサラダ
レッドグローブ

IMG_7503.JPG


本を読むボス(ヤラセが高じてきました犬

IMG_0195.JPG

posted by てこな at 22:11| Comment(10) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする