2019年06月18日

母のこと・・(火)


前回のブログの翌日、母は亡くなりました。


6日、ごく親しいご近所の若い友人が見舞いにきてくれていて

意識のない母に

おばさん〜 おばさん〜、帰ってきて、帰ってきて。

と声をかけながら、ずっと手を握ってさすってくれていたそうです。

その数十分後に大息を一つついて・・・


が、最期の様子です。

たとえ意識がなくても、親しい人に手を握られているのは

一人ぼっちで逝ったのではない、母はどこかでわかっている。

そんな気がして、救われた気持ちになりました。

私が母に会ったのほ、それから2時間後でした。


穏やかに死んでくれてありがとう。

神や仏や、まわりのすべてに感謝します。


私と母は若いころは喧嘩ばかりで
相性のいい母子ではありませんでした。

父が死んだころから(15年前)少しずつお互いが歩み寄り
それなりに親子らしくなっていました。

近年では、母はまわりの誰れかれに

娘がいてよかった〜。頼りになるのよ。

と、吹聴してくれていましたから

私は「できのいい娘」というお墨付きをもらったわけです。


母の枕元で

楽に逝けてよかったね〜≠ニ声をかけましたが


楽じゃなかった!! 苦しかったわよ

そんな声が聞こえてきました。


施設のかたから

「颯爽と逝かれました」

と、お世辞かもしれませんが、うれしいことを言っていただきました。


母のおかげで少しだけ死ぬのが怖くなくなったわ。




享年102歳の大往生ですから

涙はありません。

家族だけにみおくられての質素な式に

派手好きだった母は、ちょっと不満かも。


IMG_0040.JPG


式の前にお寺の中にある墓に行って

父に母がそちらに向かっているからと知らせておきました。

墓の中は、父、祖父母、叔父、叔母、いとこなど大賑わいです。

母が混ざると、またひと悶着おきそうですが何分よろしくと
お願いしてきました。


昔昔、父に

お母さんみたいな人と結婚して60年の不作だったね≠ニ言ったら

父が

あれには(母)いいとこがいっぱいある。決断力があって強欲じゃない


ちゃんと認めていて、惚れたところもあるようで

不思議にうれしく聞いた思い出があります。



とにかく、疲れました〜




来週は栗ちゃんが男を卒業します。

4日は玄の膝の手術を予定しています。

P1710025.JPG




昼食

山形名物、どんどん焼き
クレソンのサラダ
黒あわび茸の酒蒸し
ズッキーニのピクルス
絹さやと白木耳の汁
アボカドのレモン醤油

P1710067.JPG
posted by てこな at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

珍しいコーヒー・・(水)

昨日まで帰省していました。

母は思ったよりもしっかりしていて、結構話も弾みます。

ただ、介護の方におむつの交換とか、検温、薬の世話などしてもらうのですが、
その人がまだ部屋を出ていくか行かないかのうちに

あの人は優しいの

とか

あの人は意地が悪いのよ、根性が曲がってるよ

耳が遠いので声が大きいのです。

きっと聞こえてるよ!!

ハラハラします。


容体も安定しているようなので、しばらくは大丈夫かなと昨日帰宅しました。


ところが、

今日施設から、何度も報告の電話がありました。

様子がよくないそうです。


施設のかたは、近いのではないかと思っています。



お母さまはいくき満々で、職員に挨拶しまくっています

いくき?

逝く気 だそうです。


母は相変わらず、せっかちだわ。

こんなやりきれない時なのに・・・


笑ってしまいました。


  ☆   ☆   ☆


連れ合いが、こんなコーヒーをいただいてきました。

P1690896.JPG

「コピ・ルアク」

このコーヒーはインドネシア産で、
コーヒー豆を食べたジャコウ猫の糞を
洗って乾燥させたものだそうです。

初めて聞いた話で、冗談?かと思っていたら

お知り合いのかたのブログでも紹介されていました。

高価なんだそうです。
それでお味は?

微妙な表現なのです。


夫婦でひっそり飲んでしまうのは、もったいない。
かといって、うちには高級接待が必要な人は来ないしね。

いくら洗ったといってもウンチからでしょ。

連れ合いも、飲んでみようよ≠ニ、なかなか言わない。


ジャコウ猫って、どんな猫?

犬だとダメなの?

玄栗は、なんでも食べます。

食べさせてみますかね・・・

濡れ手に粟・・金持ちになれるかも。



2か月前の玄栗、サークルが広い。

P1660526.JPG


こんなに大きくなりました。

IMG_0680.JPG



夕食

ルッコラとラディッシュのサラダ
絹さやと卵の天かす炒め
春雨といろいろ野菜の煮もの
うるいの昆布茶漬
ブロッコリーの味噌汁
ブルーベリー&ミルク

P1700689.JPG
posted by てこな at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

運動会・・(日)


昨日は炎天下の中、孫の運動会がありました。

上の孫はもう6年生ですから、応援はこれが最後になると思います。

上の孫が今年の高学年リレーのアンカーになりました。

おばぁちゃんとしてはちょっと誇らしいじゃないですか。

ところが、孫が言うには

せった状態でバトンをもらいたくない、アンカーなんて嫌だな。≠ニ。

余裕の1位でもらえるといいね〜

じゃないそうで、

ダントツのビリでバトンをもらいたいそうです。

まったくもぅ・・


意地を出しなさい!!


結果は、孫の希望通りでした。
途中バトンを落とした子がいたりで、ビリの受け渡しでした。

颯爽と走っているみたいですが、
応援席のみんなの目線は
はるかかなたのデッドヒートをみてますよ。

IMG_0651.JPG


注目されないで走って、寂しくないのかね〜




栗くん、初めて犬の美容院でシャンプーしました。
ひかり輝くとまではいかないけれど、
すっきり可愛くなりました。

IMG_0590.JPG


小鬼が居ぬ間にのんびりしてる・・

P1690409.JPG






夕食

ゴーヤと鰻のまぜずし
サーモンとラディッシュの和風カルパッチョ
豆腐のコーン煮
刺身蒟蒻
グレープフルーツ
ペンフォールズ・クヌンガヒル・カベルネソ―ヴィニヨン

P1700155.JPG



posted by てこな at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

2019年=令和元年・・(木)


平成から令和へ、

退位が決まってからも、まだまだ先と思っていましたが

早いものですね〜


母は大正、昭和、平成、令和と4元号を生きてきました。

すご〜い、ですが・・・

玄栗も、平成、令和と2元号だわね〜

これからは、生年月日を元号で言われても

計算方法は? 難しそうです。



先日、実家に帰るとき、

今、唯一定期で走っている夜行寝台列車に乗りました。

結構人気らしく、スマホ片手に列車を撮りまくっている若者が多かったです。


私はちょっと浮いた場違いなオバサンになってました。

在来線のゴトンゴトンと揺れる感じ、車窓の風景がゆっくり流れる、
深夜に止まる途中駅の閑散とした暗いホームなどで

昭和を感じ、懐かしい気分になれました。


母は、命の綱渡りみたいな不安定な状態ですが

令和なんて、なんだか寒そうな元号だね〜

と、口だけは元気にしています。


それでも帰り際の私に

あまりいい母親じゃなかったのに、いろいろありがとう。

なんて殊勝なことを言うものですから、私もついつい

私もいい娘じゃなかったから。

と、口が滑ってしまった。


  ☆   ☆   ☆


新聞の人生相談の投稿にこんなのがありました。

IMG_0545.jpg


抜粋すると

90歳代の女性です。

・・念願の一人暮らしになり、極上の孤独生活を楽しんでおります。
・・足腰の痛みや持病の苦しみを差し引いても・・・自分の思うがままの生活は・・・至福の極みです・・



相談そのものよりも、今の状態が痛快で、笑ってしまいます。

お子さまもいらっしゃるようなので、

念願の一人暮らしとは、ダンナさまの死で得られたものか

離婚なのか定かではありませんが、年齢から察すると死別のような。

いなくなることが念願と言われたダンナさまはどんな方か
想像をたくましくしてしまいました。


一人暮らしを念願だの至福と言い切る90歳は素敵です。


  ☆   ☆   ☆


普通、犬はこういう座り方はしないそうです。

娘が「猫の香箱座り」だと教えてくれました。

前足をたたんで猫みたいな栗。

P1680767.JPG



P1680642.JPG




夕食

新じゃがの蜂蜜甘辛炒め煮
帆立大根
鯖の冷燻とクレソンのカルパッチョ
ズッキーニと南瓜の揚げ浸し冷製
豆腐 / わかめ / 茗荷の味噌汁
ヨーグルト&ブルーベリー

P1680790.JPG

posted by てこな at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

夜行列車・・(火)

同郷の友人が、

夜行列車で田舎に帰ってきた、なんかよかった〜≠ニ。


夜行列車なんてまだ走ってたのか・・・


私が学生のころは、新幹線はありませんでした。

東京に行くには、夕方実家をでて、

夜行寝台列車「瀬戸」に乗り、朝東京着でした。

確か、寝台は上、中、下の三段あったような。

荷物も柳行李に詰めて、チッキとやらで送った時代です。


チッキなんて言葉、どんな字書くんだろう。
何でもないことを、結構覚えているものですね。


早速、ネットで調べてみました。

今は、1日1本、夜10時東京発、実家の駅には朝8時前に着くようです。

「サンライズ瀬戸」という寝台列車です。

定期便としては、日本で唯一残っている列車なのです。


知らなんだ、知らなんだ〜


紹介されている「瀬戸」の写真は、

昔の狭い、暗いくすんだものではなく、

目を見張るようにおしゃれな列車です。


これは乗らずばなるまい!!


毎回、帰省するときは、気重で憂鬱なのですが

次回はちょっと楽しみ。

問題は、予約が取れるか、です。



母はなんだかんだあっても、頑張ってくれています。

まだ帰る機会はいっぱいありそうですから、今回だめでもいずれ


絶対乗るぞ、青春プレーバック  です。




青春真っ只中の栗くん、生意気盛り

お兄ちゃんの散歩は僕がさせる!

P1670313.JPG





夕食

インカのめざめのチヂミ
キャベツのコールスローサラダ
大蒜の茎と竹輪の油辣椒炒め
ミニトマトのマリネ
わかめと絹サヤの汁
レッドグローブぶどう

P1670425.JPG
posted by てこな at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

人それぞれ・・(月)


喉元過ぎれば熱さを忘れる

まったくその通りで

3週間前は、母の死は目の前だと思っていました。

喪服を用意し、あれこれもしもの手筈も考えました。

電話の音にも、びくびくし、落ち着きませんでした。

ところが、小康状態が続くにつれ、

当分大丈夫だ〜


薄情にも、慣れてきた。


遠距離の今の状態に

友人、知人がいろいろな介護案を提案してくれます。


遠距離の行き来はたいへんでしょう。しばらく、あちらで腰をすえて介護したら?

こちらに引き取ったら、お母さまも安心されるのではないですか

とても評判のいい老人ホームを知ってるから紹介しましょうか

心配でしょ、毎日様子を施設に電話して聞いたほうがいいわよ

施設より病院のほうがお安いと思う

ご実家はもう住まないのだから、
 生きているうちに処分したら税金がやすくなるよ



実の親子だから分かり合える、血がつながっているのだから愛して当然。

そんなことはありません。

かえって、難しい関係になることもあります。

得とか損だけで決められない話もある。

本当に人それぞれです。


ゆえに

聞く耳はもちません。



母は、結構割り切った考えの人で

7年前、ケアーハウスに入居したとき

母がご近所で親しくしていた若い友人に頼みました。


ケアーハウスに週に2回くらい話相手に来てほしい≠ニ。


もちろん、そのかたはボランティアのつもりで OK してくれました。


それから7年、ずっとその約束は守られています。

母はこれを契約と考えていて、毎月決まった金額をお渡ししています。

最初は固辞されましたが、

お互い、このほうが楽だと思うから

と、母に説得されて、今日に至っています。

今、母はお金の管理はできませんが、私が踏襲しています。


週2回の雑談が、今も母がそれなりに元気で暮らせてきたことの源とおもわれます。


ヘルパーさん頼めばもっと安いのに

掃除も洗濯もしないで、話だけなのにいい値段ね〜
 私がやりたい。

もう、お母さまぼけてるようなのに、話し相手が必要なの?

とも、まわりから言われます。



7年間休まず、そして心がこもっていて
ボケてきて同じことを繰り返し言い募り、、
勘違いな言動の多い母に、真摯に付き合ってくれています。

母が信頼できてなんでも話せる、何かの時は頼りにできる

こんな人はなかなかいません。


この人は、うちの最初の犬のトンとポチの親を飼っていた人です。
私よりも若いけれど、もう30年来のお付き合いです。
今は、だんなさまと保護猫17匹と暮らしています。


おばさん(母のこと)のお金のおかげで猫が飼えてるの、感謝してる。

と、言ってくれています。

親不孝の私の代わりをしてくれて、こちらこそ感謝です。





2匹で「愛の賛歌」

愛するわ ーー≠ニ、合唱中

P1660877.JPG



外を見ながらなにやら仲良く語らってます。

P1660865.JPG







昼食

カステルフランコのサラダ
焼椎茸の南蛮漬
クレソンと紫アスパラのしらす和え
カレースープ
グレープフルーツ

P1660900.JPG
posted by てこな at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

口にチャックは難しい・・(土)

新しい元号が決まるにあたり

わたしも、いろいろ予想はしてみました。
たった漢字2文字なのに、思いもつかない組み合わせってあるものですね。

発表になるまで、まったく外部にもれなかったのは、すごいことです。

関わったひとたちが立派だったのではなく、情報管理が徹底していたからかな。


発表時に、選にもれた他の候補、だれが提案したかなどは、公表しないと官房長官は言っていました。

ところが、翌日には、6つの候補作、令和の提案者、会議の内容。

すべて ?マークなしで新聞にでていました。


マスコミも決まるまえから、スクープを狙っていたみたいだし

決まってからも、内輪話をかぎまわっています。

令和 の、出典や背景、意味などは知りたいと思います。

それ以外のことを、詮索するのはどうですか。

公表しないと言ったことが、たった1日で反故同然。

おしゃべりな私でさえ、唖然です。


とはいえ、裏話とか、ぶっちゃけ云々などをを聞いたりみたりすることは

下世話に面白く楽しんでしまいます。


令和  

これから何年もかかわっていく字ですから

あまり手垢がつくと嫌だな



有識者会議に選ばれたかたがたをみて

日本を代表する人がこの人たち?

なんでこの人が ! と思う人もいて

複雑でした。


有識者のかたも、国会議員も

その後、結構あれこれしゃべってます。




仲間内でも、これ、あなただけに言うんだけど

と内緒話は、よくあることです。

口にチャックはなかなか難しく、

私の中で

これは本当に誰にも言えない

内緒とはいうものの、まぁいいか

と、使い分けています。

時々、使い分けを間違って騒動を起こした前科ももっておりますが・・・


元号も

まぁ、いいか〜≠フ口ですかね。





栗はだんだん色白になってきました。

生後2か月

IMG_9950.JPG



3か月半

P1630091.JPG



現在、4か月半

P1660450.JPG



もっと、もっと白くなるらしい。知らなかった〜

栗色の栗ちゃんのつもりの命名が、そのうち

マシュマロに改名になるかも。




昼食

カステルフランコと松の実のサラダ
八ツ頭子の煮ころがし
蜂蜜レモン
鰤大根
独活の味噌汁
レッドグローブぶどう

P1660822.JPG

posted by てこな at 13:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

真間の手児奈・・(木)

うちの近くの真間川沿いの桜です。
いつもなら、川は桜の花びらでピンクに染まるのですが
まだ八分咲き、週末は賑わうことでしょう。
今年は長く楽しめます。

IMG_0016.JPG

この川にまつわる話。

真間の手児奈伝説≠ニいうのがあります。

今話題の万葉集にもでてくるお話です。

手児奈(てこな)という美しい女がいて、
あまりの美しさのため男たちの争いのもとになり、
手児奈は、自分の美しさゆえの罪の深さを嘆き、
この真間川に身を投げた。

という民話です。


わたしのハンドルネームは、この手児奈をいただいたものです。

子どもの時から、容姿に劣等感を持ち続けていたので

ブログ上だけでも、美しくありたいと

図々しく拝借しました。


美しさゆえの苦しみってのを味わってみたいものです。



☆ ☆ ☆


先日、ブログの友のポーさんが玄栗に会いに来てくれました。


ポーさんは理論派で、知的で、年齢よりお若い!!

なのに・・・結構、縁起担ぎなのです。

ずっと前にボスに1回会ったことがあります。

3年前に玄雷に会いに来てくれました。


ボスも、雷もなくなってしまいました。


1回しか会わないと死ぬ、玄ちゃんにもう1回会って、2回にする。

と、おっしゃる。

冗談のようでもあり、本気のようでもあり、不思議なかたです。

image1.jpeg

本当は笑顔がとてもステキで顔出ししたかったのですが
ご本人さまからきつ〜いクレームがあって、顔潰しました。


我が家についてしばらくしたら、いったん外に出て

また、改めて こんにちは≠ニ。

これで玄とは3回、栗とは2回ということです。

ゆえに、玄栗は不死身になりました。



雷のお下がりを着て、

長生き祈願、ありがとう≠ニ、手を合わせております。

P1660674.JPG



夕食

山形の蕎麦
インカのめざめのポテトサラダ
鯖の冷燻と大根のカルパッチョ
山形小茄子の漬けもの
いちご
ムレダ・カベルネソーヴィニヨン・オーガニック

P1660702.JPG

posted by てこな at 22:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

誕生日・・(日)

明日、新しい元号が発表になります。

私は E か K を予想していますが

クイズの答えを聞くようで、ちょっと楽しみです。


ただ、生年月日とか、出来事に元号が使われると

何歳?

何年前の出来事だっけ?

足し算、引き算がままなりません。


簡単な換算方法はあるのでしょうが、ついていけません。

私は指定がない限り、西暦をつかっています。


  ☆   ☆   ☆


昨日の昼食

P1660304.JPG

残り物の整理メニューです。


ところが食卓に

小さな小さなバースーデーケーキが乗っています。

忘れてた!!


連れ合いの誕生日でした。


朝起きたときから、私がなにも反応しなかったので

こりゃ、忘れてるな  って察したのですね、

あてつけがましく、こっそり自分で買ってきたのです。


プレートには

さ★★くん、おめでとう

と、書かれていました。


お店の人はお孫さん用にと思ったでしょうが、

本人、こども返りしてますね。


その後、息子、娘からお祝を言われ

まぁ、ご満悦のようではありましたが、


忘れた私は、愛情不足なのか、ボケのはじまりなのか

微妙なところです。


  ☆   ☆   ☆


栗は、わがやの下足番です。
預かってはくれるのですが、なかなか返してくれないのが難です。

P1650007.JPG


P1660046.JPG



玄も堪忍袋の緒が切れる!

P1650783.JPG

と、こうなります。

一瞬だけ栗は恐れ入ってます。





夕食

あさつきの酢みそ
トマトとルッコラのしらす和風サラダ
するめいかの酒煎り、ねぎまみれ
なめことわかめの味噌汁
伊予柑

P1650795.JPG

posted by てこな at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

花見・・(金)


昨日、恒例の花見に行きました。

もう20年以上続いた行事なのですが、

なかなか満開と合わせられません。

今年は神田川。ちょっと早かった。

IMG_0152.JPG



南こうせつの神田川

もう50年ちかく昔のフォークソングですが


あなたは もう忘れたかしら
赤い手拭 マフラーにして
二人で行った 横丁の風呂屋
一緒に出ようねって 言ったのに
いつも私が待たされた
洗い髪が芯まで冷えて
小さな石鹸 カタカタ鳴った
あなたは私の 身体を抱いて
冷たいねって 言ったのよ
・・・
窓の下には神田川


今でも、歌詞を覚えていて、胸がキュンとなります。

貧乏が売り!!みたいな時代でしてね。



思い出のなかの神田川は、もっと情緒があったなぁ

目黒川は、大盛況のようですが、ここは知られざる名所か
ゆっくり楽しめました。



ランチしながらの井戸端会議で友人が

てこなさんが投稿したかと思ったのよ

朝日歌壇に24日掲載された短歌を教えてくれました。



『独り居の母を残して帰途につく故郷の春はいつもさみしい』

              (丸亀市・金倉かおる)


私と同郷ですし、思いも共感できます。

同じ思いを抱えている人は、たくさんいるのでしょう。



親が終われば、こんどは我が身ですし、
ひたひた、先が見えてきました。


このグループの一人が先日、終活で介護施設を契約しました。

また一人、こんなことを言い出す友人にびっくりしました。

私、天涯孤独の身だから、ここまで!と思ったときに自殺する。
 自室じゃいろいろ迷惑かけるから、海か山にする

息子さんも弟さんもいるのですが、意識として

天涯孤独  ということらしいのです。


そんなにかっこよくできるわけないじゃん≠ニは思うものの

この人ならやってのけるかも・・


心配でもあり、うらやましくも思いました。



  ☆   ☆


4か月の肉球です

P1650542.JPG




昼食
 
いただきもののモリーユ茸、高級品だそうで、
初めて使ってみました。
食感がよく、美味しかった。

P1660258.JPG

モリーユ茸のクリームパスタ
根菜5種のグラタン
ほうれんそうと椎茸のガーリックバターソテー
蜂蜜レモン
パパイヤ
ムレダ・カベルネソーヴィニヨン

P1660249.JPG




夕食

ルッコラのアボカドサラダ
茄子とピーマンの鍋しぎ
インカのめざめとたこのバジルアイオリ和え
ブロッコリーの卵とじ汁
レッドグローブぶどう

P1660011.JPG

posted by てこな at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

貴景勝・・(火)


貴景勝の大関昇進が決まりました。

おめでとう。

私は昔から、貴乃花のファンですから

当然、元貴乃花部屋の力士を応援しています。

千賀の浦部屋に移ってからも

貴≠ェついた四股名の応援団です。


でも・・・

千賀の浦親方って、あだ名(どらえもん)のとおり
優しそうで、いいひとっぽく見えます。

部屋も和気あいあい楽しそうです。

その分、いろいろ管理がゆる〜くなったのかなぁ


貴源治、貴ノ富士が取り組みに負けて土俵を降りるとき

挨拶もそこそこで、

なんとも不貞腐れたような仏頂面が気にかかります。

負けん気が強いからでしょうが、貴乃花部屋のときは

もっと潔かったような気がします。


その点、貴景勝は、平常心を心掛け地に足がついている感じがし、

とにかく可愛い〜


平成になっての大関では一番背が低いそうです。


相撲にはそっぷ型≠ニあんこ型≠ェありますが

生まれついての体形が進化したものだと思っていました。


写真でみる貴景勝は、小さいころはまったく普通の体つきですね。

小学生のころは、お父さまが毎日大量の肉や、バーガーを無理やり食べさせたとか、

泣きながら食べた、と言ってました。


今も茹で卵を一日、5、6個食べ、

そのあげくのあんこ型


最高峰の関取になったわけですから
成功したということでしょうが

175センチ、170キロ、


もともと大きな人ではないので、足も手も短いです。

健康にはどうなんでしょう。
引退してから痩せて、それで間に合いますか?


どんなスポーツでも極めようと思ったら、
健康 をこえたものが必要なのでしょうが

力士の食生活、体形は命を削っているとしか思えません。


お父さまの星一徹なみの熱血指導や、肥満強要を

母親が望んだこととは思えません。


相撲は好きなのですが、

太りすぎによる、心臓や内臓への負担、
昔は相撲取りは長生きできないとまで言われていました。
怪我が多いこと
故障力士への治療期間の制約がきついこと

日本人力士が少ない理由にもなっていると思います。


貴景勝さん、もうこれ以上、太らないで!

応援しています。


  ☆   ☆   ☆


栗は、よく食べ、よく出し元気です。

一日中、ヤクザのように玄に因縁をつけてからんでいます。

玄の寛容さがいとおしい〜

P1640543.JPG


P1650158.JPG





昼食

楤の芽の味噌グラタン
菜の花の辛子あえ
とんぶり納豆
クレソンと新玉葱のサラダ
ブロッコリーとかにかまの味噌汁
レッドグローブぶどう

P1650918.JPG


posted by てこな at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

はじめまして・・(木)

終活の手始めに、身の回りをシンプルにしよう!!

まず車を売りました。

余分なものをそぎ落として、断捨離の始まりです。


と、本当にそう思っていたのですが


真逆のことになってしまいました。

いろいろ二転三転思い悩みました、
連れ合いを説得するのも、あの手この手で大変でした。


新しい家族が増えました。

栗(くり)、ペキニーズの男の子、4か月です。

どうかよろしくお願いします。

P1630640.JPG


うちの子になった途端、

嘔吐、嘔吐と吐きまくり

雷のことがありますから、夫婦で頭を抱えました。

どうも、環境が変わってのストレスだったらしく

点滴に通い、数日でうちの子になることを受け入れてくれ元気になりました。

今では、乱暴狼藉、わがやの主役を張っています。

一番の被害者は玄で、一日中まとわりつかれ、吠えられ、噛まれていますが、

我慢、我慢。渋い顔ながら栗に付き合っています。

玄の人の好さに感心し、仲良くできそうなのがうれしいです。

P1630511.JPG



先日、実家の母が101歳の誕生日を迎えました。

栗という新しい家族に心が奪われ、帰省したくはありませんでした。

そうはいかないですよね〜

誕生日の日の母はとても元気でした。


100で終わりと思ったのに、予定外だわ

と言い

102があったらどうしましょう

と笑っていました。


ところが、次の日

座って話しているとき急に、目つきがうつろになり

意識が飛んだようになりました。

母と二人だけだったのですが、私は慌ててしまい

お母さん、お母さん ‼ 

抱きかかえて背中をさすりました。

何秒でもない間に母は意識が戻り、普通に会話の続きを始めます。

その日は、私や介護職員の前で何回かそういうことがありました。

主治医の説明では、

意識が戻らなかったら、それが老衰というものです。

それを自然に受け入れるか、救命の積極的方法を希望するかを、確認されました。


母が、もしよびかけても戻ってこなかったら

お母さん、よかったね〜

と喜んであげたいと思いました。


その日から母と過ごす日々は、緊張で息苦しくちょっと耐え難いものになりました。

その後の母は見た目は元気な普通の生活ができています。



それでも、医者は、もうお近いと思います、と。


そばでついているのも、死ぬのを待っているようで

意気地がないけれど、いたたまれません。



施設の方々も、同じような症例はよくあることで

明日かもしれないけれど数か月後かなどいろいろあって

なにかあれば連絡しますから、一旦お帰りになってはどうですか?


甘えることにして、帰宅しました。


帰宅して栗が飛び回るのをみて、

身勝手ながら、救われた感じになりました。


101歳なのでなにがあっても大往生なのですが

心が落ち着きません。




夕食


四種人参の蒸しもの、蜂蜜粒マスタードディップ
ミニ慈姑の揚げ煮
独活の辛子酢味噌
蕗の薹味噌
南瓜と玉葱の味噌汁
デコポン

P1640175.JPG
posted by てこな at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

池江さんは勝てる・・(火)


競泳女子の池江璃花子さんが白血病の発病を公表したことを
ニュースで知りました。

オリンピックのメダルが期待できるエース中のエースなわけですから
午後のテレビは、このことが大きく取り上げられています。

ご本人が病名を発表し、復活の決意も書かれていました。

まだまだ、混乱してしているとも書かれています。

率直で勇気ある人だと思いました。


テレビでは、いろいろな医者に

憶測だけの診断をさせ、

ちゃんと治るのか、命の危険は?
オリンピックに間に合うのか?

そんなことまで聞いています。

公表前の映像を何回もまわし、病気の兆候を論評する。

元気づけるためかもしれないけれど
同じ病気の有名人の病歴を並べる。


土足で踏み込むとはこのことです。

おこがましいけれど、

マスコミはもっと品位のある報道をしてほしいです。



そっと見守る、


私たちができることはそれしかないと思っています。




それと、野田市の小4の心愛さんの母親が逮捕されましたが

逮捕はしかたがないかもしれないし、

母親は多分子どもを守れなかった自責から
逮捕されても、納得しているのではないかと私は思っています。

だからと言って、その母親を


石もて打つ


そんな報道には、悲しくなります。



虐待が今大きな問題になっていますが

昨日は飼い主に蹴飛ばされた犬のことを
どのテレビでも取り上げていました。

案の定しつけ≠セそうで。

ひどい飼い主もいたものだとあきれましたよ。

それでもちょっと騒ぎすぎのような気がする。

その犬は老犬だそうですが、老いるまで飼ってるってことは
それなりな飼い方をされていたのかもしれません。

他人は、流れに任せて結構無責任に悪くいいますから。

飼い主なりの愛情もあったかもしれないしと、

この叩かれ方を気の毒にも思います。



私は玄のことを

うちのバカ犬が・・・≠ニ、犬ともには言うのですが

しつけができてないので、お手もおすわりもできません。

バカ、馬鹿、ばか・・連呼しているので

いまに、犬を侮辱している!!

と、告発されるかもしれませんね。

うちのバカ犬です。

P1620276.JPG




夕食

和風チャーハン
鯛のカルパッチョ、伊予柑ドレッシング
洋風けんちん汁
安ワイン

P1620032.JPG
posted by てこな at 21:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

少しずつ、整理・・(土)


年が明けた・・・・

って、ぽーっと生きてるうちに、今年も2月半ばになりました。

一年の長さは年齢と反比例だそうなので、

これからは超特急でしょうね〜


ここ数年、友人たちと会うと必ず終活の話になります。

老後の生活、終わりの始末について話は盛り上がりますが

結局話だけ、老後はまだ遠い!! そんな感じで。


ところが、親しい友人が

今の家を売って、介護付きの終の棲家を契約したのです。

数千万円の決断ですから、その思い切りのよさにびっくりしています。


体も頭も大丈夫なうちに決めたいと思ったそうです。


1人こういう友がでると、周りの私たちも考えましたよ。

急にみんながバタバタし始めました。



私はまだ母が生きているので、がけっぷち感がなかったのです。
100歳越えの母ですから、私が若いわけじゃないのですが。

母の介護施設の入所者の何人かとお話ししていたら、
私とそう変わらない年齢のかたも結構いるのです。




以前から、

いつ車の免許返納する?

そろそろ車を手放そうか。

高齢者の車の事故のニュースがあるたびに
迷っていました。


私の車って、いくらで売れるのかな・・・


軽い気持ちで、ネットで車の買取業者に無料買取金額査定の依頼の申し込みをしました。


あれよ、あれよと連絡が入り

口車に乗せられたのか、妥当な判断かよくわからないけれど

今日、車、売りました。


展開の速さに、われながら驚きです。

車を降りるのは、老いを受け入れることだし、

やはり寂しい・・・ 未練はあります。


えい、やーーー

って感じです。




後は実家の家の整理と取り壊し、そして墓じまい、


日頃はグータラ暮らして、怠け者のレッテルが張られていますが、


死んだあとに、こどもたちから

帳尻合わせてる、立派な最期

と言われるように、頑張ります。




雪の中の散歩は

犬は喜び庭駆け回り・・のはずもなく、しょぼたれてます。


IMG_9865.JPG



公園の梅の花が残り雪の中咲きました。

IMG_9854.JPG






夕食


牡蠣の味噌クリームパスタ、柚子風味
隠元と茄子の揚げ煮
タルディーボとゴルゴンゾーラのサラダ
トマトジュース
伊予柑

P1610952.JPG
posted by てこな at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

新年・・(金)


おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

IMG_9649.JPG


我が家は2日に家族が集合して記念写真を撮るのことになっています。

来年の年賀状用です。

ここ数年は変わり映えもせず、家族写真を使っています。


私は若い時、

年賀状に家族やペットの写真入れている人がいるけど
 いい気なもんだわね〜 誰も見たいとはおもわないよね。

そう友人たちに息巻いていたそうです。

昔の友から

てこなさんの変節漢ぶりにはたまげるわ〜
 恥ずかしくないの?

と、からかわれています。


そうなんですよ。

ただこの年になると

ちゃんと何とか生きてます。

の証明という気持ちで送っています。

続けているうちに、やめられなくなってきました。

連れ合いか私が欠けるまでは

生存報告書として上書きしていくつもりです。


日頃疎遠にしている人でも、年1回の賀状を見ると、
安心したり、懐かしい思い出が蘇ったりで
やはりうれしいものがあります。


今年も、何人かは賀状が来ませんでした。

だんだん寂しくなります。




我が家はお正月の料理は連れ合いが頑張って作ります。

すっごく頑張ります。




2日の家族新年会

鰤大根
牡蠣のオリーブオイル漬
新じゃがの蜂蜜炒め煮
黒豆
鰊の甘露煮
里芋の煮ころがし
慈姑の旨煮
紅しぐれ大根の甘酢
二種椎茸などの煮〆
カステルフランコとルッコラのサラダ
葱/牛蒡/えびの蒸しマリネ
蟹爪
鯖のこぶ締め
蒲鉾
筋子
数の子
酢だこ
玉子焼き
赤飯
干し柿・マンゴー
ワイン・ビール・ひれ酒

P1610521.JPG



P1610520.JPG
posted by てこな at 19:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

年の終りに・・(木)

しばらく実家に帰っておりました。

1週間の予定の帰省でしたが、なんだかんだで長くなりました。


今年一年をふり返ってみると

雷が死んだ〜

というだけで、なにもかもが帳消しみたいな気分です。


4年も生きた。

4年しか生きられなかった。

どっちにしても残念無念。

ボスと雷が重なって、なかなか思い出にはなりません。


私には、もう次の犬は考えられない、

年令を考えると、飼わないのではなく飼えません。


玄がいてくれますが、それでも寂しい・・・




年の終りに明るい出来事もありました。

母は1年半前に大腿骨を骨折して、手術をしました。

それまでいたケアーハウスでは住めなくなって

介護施設を転々としたのです。


希望の施設が100人待ちという状態だったので

次善の策、三善の策と、母には気の毒なことでした。

施設を移るたびに、母が


だんだん死に場所に近くなっていくのね〜

と、言うのです。

言葉もありません。


ところが、先日、その待っている施設に入所できることになりました。

順番通り?

100歳が黄門さまの印籠の役をしたのかも。


嬉しい知らせでした。


今度のところは、お部屋も広く、南向きで明るくて丸亀城も見え、

さすがの母も、渋い顔はしませんでした。


お金、大丈夫?≠ニ心配していたくらいです。

本当は今までより安くなったのですが、

お母さんはお金持ちだから、高くても払えるのよ。

と、おだてておきました。

結構、うれしそうでした。


ここが母の終の棲家となると思います。

今年の一番よかったことでした。



よいお年を、そして来年もよろしく。


雷を応援していただき、ありがとうございました。

P1610221.JPG




玄です。雷のぶんも長生きしてほしいです。

P1600771.JPG



夕食

あずきかぼちゃ
寒じめほうれんそうとコーンのオイスターソース炒め
八つ頭の煮ころがし
アボカドの奈良漬け
厚揚げと舞茸の味噌汁
サンふじりんご

P1610317.JPG
posted by てこな at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

果物はクスリ・・(土)

連れ合いが先日

『果物はすべてクスリ』という本を買ってきました。

果物別に成分や効能が書かれています。

ナチュラルメディシン・データベース≠フ内容に準じているそうなので

信頼できると思います。


連れ合いの提案があって、

今さら遅いかもしないけれど

最近の玄雷のおやつは、

バナナ、りんご、柿、キーウイ、梨、いちご・・

フルーティになりました。

その他にはヨーグルトとか。


私がヨーグルトを食べているのに感づいた雷、

目で 『くれ!くれ!』 と訴えて

2018-11-10 08.02.49.jpg


ちょっとだけおすそわけ。元気にな〜れ。

2018-11-10 08.02.50.jpg



☆ ☆ ☆



娘夫婦が明日の岡山マラソンに出場するために、岡山に行きました。

去年も走って、

娘は2500人中37位、娘婿の記録は忘れたけどよかったみたい。

私は生まれてこのかた70年余、自慢じゃないけど100メートル以上走ったことはないと思う。

連れ合いだって、運動はたいしたことないし


その子どもにしては、あっぱれだと感心しています。


岡山と香川は近いので、今日、母に会いに行ってくれました。

母も喜んで、2時間も話したらしい。

2時間中1時間45分は母がしゃべったはずです。🎵


きっと寂しい毎日でしょうから、

話しを聞いてもらったこと、

遠方からわざわざ来てくれたこと

うれしかったと思います。

娘夫婦に感謝します。

娘から、母の伝言を聞きました。

今年いっぱいは大丈夫、生きられそう 🆗 ≠セそうです。




夕食


プルーンとトマトのシロップ煮マリネ
柿とカリフラワーの白あえ
りんごとにんじんのポタージュ
マンダリンオレンジ

P1600034.JPG
posted by てこな at 21:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

玄雷、4歳・・(月)

31日は玄、今日2日は雷の誕生日です。

4歳になりました。

おめでとう、おめでとう。

P1590685.JPG



雷は一昨日から体調が悪く
今日、大学病院に救急で行ってきました。

レントゲン、超音波、血液検査とテンコ盛りで
本当に可哀相なのですが・・・

結局、決定的な原因はわからず、

先生も『最適の治療法を提案できなくてすみません。』と言うしで、

帰りの車の中では、夫婦で無言。

連れ合いは玄雷を溺愛していますから、私以上に落ち込んでいるはずです。


雷にとって、どこまでの治療が一番いいのか考えてしまいます。

長く生かしたいというより、今を楽にしてやりたいだけなのですが、

夫婦で走り回ってその挙句、雷がしんどい目に会っているようにも思います。

外科的手段は無理だそうで、内科治療しかできません。

だんだん強い薬になっていくと思うし

うーーーーーん



これからのことは、悩みます。



  ☆   ☆   ☆


先週、実家の母のところに行きました。

8月に転倒して、救急車騒ぎがありましたが
外傷だけで骨にも脳にも異常がなく、ほっとしていました。

ところが今回行ってみると、
母は歩けなくなって、オムツの世話になっていました。

職員が付いていながら転倒したものですから、
介護施設の責任問題にもなって、付き添った職員は相当叱られたようなのです。

そうなると、どの職員もビビってしまって、母に

『トイレに行くのはあぶないから・・・』

食堂にも 『転ぶといけないので、車いすにしましょう。』


折角手術して歩けるようになったのに、オムツは残念でなりません。


自分で介護しないで、文句だけを言うのも気が引けます。

言えない分、母には申し訳ないと思っています。


わがままで自由奔放だった母も、最近は気弱で私に気を遣うようになりました。

私は、昔は母子で喧嘩ばかりしていましたが、
今はあまりとげとげしい気もちにはならず、優しく母に接することができるようになってきました。

お互いの歩み寄りは、うれしいと言うより

もの悲しく思えます。
posted by てこな at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

声なき声・・(月)


雷も普通に散歩ができるまでに回復しました。

これ、私のスマホの待ち受け画面に使っています。

すてきなお家に飼われたセレブ犬にみえるでしょ。

IMG_0198.JPG



最近の悩み


老化とともに、耳、目、歯 と困ることが多くなりました。

まずは耳のことから。

耳にも聞こえにくい音域があって、

連れ合いの声が、本当に聞き取りにくいのです。

友人から、聞きたくない音は自己規制しているのでは・・

と、言われましたが、

精神的な問題と笑えないほど、切実に聞こえない。
まぁ、連れ合いの滑舌も悪いのですが。


テレビのバラエティーの芸人の早口や、言葉がかぶったりすると
まったくなにを言ってるのやら?聞き取れない。
音量をあげても、こんどは音が煩くて頭が痛くなる。


NHKのアナウンサーの声だと、わりに耳に届くのです。


連れ合いと話していて、聞き取れない時に聞き返すと

いつも大声で

『補聴器買ったら?』と返され、むかつく。

それがいやなので、たいていのことは聞こえたふりして

誤魔化しています。


その代り、声なき声はよく聞こえます。

トイレの電気のスイッチを連れ合いは消しています。

『また、消し忘れている!だらしがない女だ』と、背中が言っています。

連れ合いの話しにうんうんと黙って聞いていても

『どうせいいかげんにきいているんだろうけど・・』と心で舌打ちするのは聞こえます。

廊下に落ちたゴミをこれ見よがしに拾った手元が

『掃除くらいもっとちゃんと丁寧にやれよ、雑なんだから』と言っている。

テレビでワイドショー等見ていると

『バカな番組なんでみるの!! はやく消せ!』とばかりの動作で叫んでいる。


毎日の生活のなかでお互いに声なき声を感じとって

忖度したり、むかついたりで、

見た目平穏、みえない嵐。結構大変です。



この頃は、現実の聴力が弱った分、

聞こえない声が聞こえてくる・・・

友人との会話はもちろんのこと

電車でのりあわせた、他人の会話のなかでも

そのかたがたの心の声のやりとりが感じられて
妄想してます。


心の声は、私の性格からの創造物ですから

聞こえるたびに、自分の性格の悪さが助長されているようで

ちょっと怖くなったりしています。


補聴器買おうかな〜


明日から実家に行きます。
しばらくぶりなので、母に会うのも楽しみです。


昼食

ピータン豆腐
胡瓜とたこのビビン和え
さつまいもとつがるりんごのサラダ
青梗菜の味噌汁
ふじりんご

2018-10-15 07.50.02.jpg
posted by てこな at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

なんか悔しい・・(月)

連れ合いの叔父の49日忌の法要が昨日30日、山形でありました。

連れ合いだけの参列ですが、大型台風がせまってましたから、

よりによって、なんで!!


こういう場合、いろいろ考えて用意や手段を調べるのが普通だと思いますが、

連れ合いは、なんにもやらない、行き当たりばったりででかけました。

案の定、運休、運転打ち切りとテロップが流れ

立ち往生してるだろうな〜

心配というか、言わんこっちゃーないと思っていました。

ところが、つつがなく予定をこなし、普通に夜10時すぎに帰ってきました。

本人自覚がないのですが、うまくかいくぐってるのです。

ちょっと癪にさわる運の良さです。


叔父は穏やかな優しい人でしたから、その功徳かもしれません。



☆ ☆ ☆




今までで思い出に残ったり、感謝している先生は?

ちゃんと名前覚えている先生は?

うーーーん、幼稚園で1人、小学校は2人、中学は3人

それ以降は、ふわふわ生きてきたので、だれも思い出せないわ〜

中学3年生のとき、1年間だけ担任してもらった先生は

半世紀をすぎた今も、声まで思い出せるくらいです。

大西忠治先生で、その後、実践教育で全国的に有名になりました。

私たちを担任したのは、まだ20代のころでした。

校舎の屋上や、丸亀城の頂でクラス全員で歌った

『原爆許すまじ・・・』あの光景はまだ鮮やかで、8月になると必ず甦ります。


先生の教えの中に

『妥協するな!! 慣れあうな!』

『なにかを成そうと思ったら、程よくなんて考えるな!
 踏み込め、やり過ぎくらいでいいんだ。』


これは、今もなにかにつけて折々、私の頭の中で

警報のように先生の声が聞こえます。


大人になってからは、妥協ばかりの意気地のない生き方をして

やり過ぎくらい頑張って主張するようなものもなく過ごしてきました。



貴乃花騒動から、大西先生を思い出しました。

先生も校長や他の穏健派の教師から疎まれて

今ならさしずめ、パワハラ、いじめ、そんなことだったと思えます。

島に左遷されたり、担任もはずされたりして結局
香川県の教師を辞めました。

先生にとって、担任から外されたことが
退職を決意した大きな原因だろうと思います。

その後、本を出版したり、大学の教授になったりしましたから

よかったんだか悪かったんだか・・・


若い頃の先生は周りから

人格問題まであげつらわれて、四面楚歌みたいでした。


教え子の私たちは、辛い状況の先生を見て、わかっていたのに

なにもしませんでしたね〜

自分たちにもなにかできることがあるのではないか?

とも考えなかった。

卒業してからも、ことある毎に自宅に大挙して押しかけて

自分たち中心の話しばかりしていました。





今になって、貴乃花のことを

『どの一門も受け入れることはやぶさかではなかったのに』

『話し合いで解決できたのに・・』

嘘ばっか・・・

後だしジャンケンはずるいよ。


広報部長の大乃国さん、
ケーキ作りが趣味でスイーツ親方なんて円満を売りにしているみたいだけど


なんか陰湿ですよ。



私の偏見、独断で

3悪代官は


栃の和歌、大乃国、安芸乃島


と決定いたします。


贔屓の引き倒し

みたいな乱暴な投稿になりましたが、


貴乃花親方の無念が切ない。



  ☆   ☆   ☆



最近、形勢逆転

雷のほうが強気!!

P1590104.JPG




夕食


焼きカレー
鰻と牛蒡の柳川風
茸の納豆あえ
グレープフルーツ
ハートランドビール

P1590469.JPG
posted by てこな at 23:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする