2017年03月06日

あなたの声が聞こえない・・(月)

そうなんですよね〜

10年以上まえに突発性難聴になり、完治しないまま過ごしていました。

それでも、軽い耳鳴り程度で、まぁ普通に暮らせていました。

ところがこのところ急に

聞こえない〜


連れ合いの言うことが、まったく聞こえなくなりました。

別な部屋からの、問いかけは雑音にしか聞こえず


向かい合っての食事の間の話も

ほとんど、意味不明。


2度以上聞き返すと、イラッとした顔で

『早く、補聴器買った方がいいよ』と。

それが嫌なので、聞こえたふりでやり過ごしています。

夫婦の会話も、あり過ぎると喧嘩の種だし、
これを機会に、静かな関係に移行するのもいいかな。

後は、マスクをかけている人は、苦手です。
犬友さんで、必ずマスクをして、そのくせよくしゃべるかたがいます。
長話になってくると、苦痛で・・・

『マスクは、お風邪?』と聞いたら

『かけてると暖かいからね』

春が過ぎるまで、遠くから見かけると、そーーーと道を変えよう。



それから、友人が、だんなさまの愚痴を言いたくて電話してくるのですが、
近くにだんなさまがいるのでしょう。
受話器に口を押し当てて、ヒソヒソ、愚痴るのです。

『聞こえない』と怒鳴ってやると

ますます口を押し当てるものだから、ハーハースーまるで、うめき声
ポルノのあえぎをきいているようで、なんともね。



補聴器を自分の耳のように使いこなすことは

相当忍耐がいることのようです。体力、気力がいります。


いつやるの? 今でしょ


悩む・・・・・




明日から、しばらく実家に帰ります。

母の介護認定の面談に付き添うつもりです。

母は私以上にお調子者ですから、

今年も、『私は元気!困ったことなし』

あれもできます、これもできますと、自慢話に花を咲かせることでしょう。


以前は、むかついていましたが、私も人間ができてきたのか
笑って、聞けるようになりました。



留守の間のこの子たちが、気にかかる。。。。

P1390940.JPG





昼食

焼き納豆
セロリとたこのガーリックアンチョビ炒め
牡蠣の生姜煮
小松菜の味噌汁

P1390951.JPG
posted by てこな at 14:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

なんだかなぁ・・(水)

今日から3月。
お天気もいいことだし、散歩がてらお昼は
近くのイタリアンにしよう〜とでかけました。

連れ合いがその店のリゾットが好きなのです。

こじんまりしたいいお店だったのですが・・

ありゃまぁ、閉店。

潰れた!! って感じでした。


近場の食の店、衣の店、ちょっと可愛い雑貨やさん、

あっという間に、様変わりしています。

なにもかも、テンポが早くてついて行けないわ〜

代わりに、新しいイタリアンの店に行ってみました。
ピザには、こだわりらしきスパイスオイルが置いてあるのですが、
連れ合いが、『申し訳ないけど、タバスコを』に、
『タバスコは置いてないので』

あぁ・・・ここも早晩なくなるでしょうね。


帰りに、ケーキ屋さんに寄りました。
お店には、お客はいませんでした。

『モンブランとミルフィーユと、後は・・・・』と迷って

『えーーーと、えーーと、ごめんね』

とすぐには決められません。

他に客はいないのだから、ま、いいか。

でも、若い店員さんは、ちょっとじれてる感じがしました。


そこへ、次のお客さんがきたのです。
相当の年配のかたでした。

私が迷っているものだから、

『シュークリームを2個と・・・』と言いかけたのです。

そしたら

『順番にやっておりますから、お待ちください』

笑顔もなく、ピシャリとです。

その方は『すみません』と罰が悪そうでした。

私も私で、『さっさと決めなさいよ』と怒られた気分です。


お店をでたとたん、

『感じ悪い 💢 』 と、夫婦で同時に叫んだよ。

こういうところだけは、発火点が同じなんです。



子どものころ、祖父から

『てこなは器量がよくないのだから、努力しないとダメだ。
愛嬌よくし、気働きをしなさい。』

と、常々言われていました。


その店の女性に、

その言葉を、そっくり贈りたい。


  ☆   ☆   ☆


今日のちょっとうれしいこと。

P1390804.JPG




夕食

独活とゴボウのミックスきんぴら
大蒜の茎とパプリカのキムチ炒め
サーモンの南蛮漬
鬼おろし大根とわかめの味噌汁
アボカド

P1390671.JPG


posted by てこな at 19:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

お見通し・・(日)

フェイスブックのこと、よくわからなくて・・・

なにを思ってか、以前登録してしまいました。

写真も載せず、名前と性別だけ打ち込みました。

ずーーーーと休眠状態だったのですが、


私がどっかを刺激したのかな〜

『〇〇〇さんは知り合いですか?』と、最近急に、

次から次へとメールが届くようになりました。

まったく知らない人が多いのですが、中に、

遠い親戚、

同郷や同窓のちょっとだけ心当たりのある人、

通院していた病院の先生、

犬好きらしき人、

息子や、娘も『知り合いですか?』の中にいました。

ブログの友のリコ様もいましたね〜


どうして、『お知り合い』と思うのでしょうか。
私のパソコンとかスマホの内容が、
フェイスブックのシステムは、わかっているということですかね。

ネットで買い物をすると、
その関連商品のメールが山と届きます。

外にでると、いたるところに監視カメラがあるし
うかつに鼻もほじれません。



去年、地方に持っていた小さな土地を売りました。

ちょびっとばかりだから、税務署に申告しなくても
まず、大丈夫でしょう。

税金を払う気はまったくなく、のんきにしていました。


天網恢恢疎にして漏らさず


でした。

税務署から、『土地を売ってませんか?』と、柔らかいけれど
脅迫状まがいの葉書がきました。


ばれているようです。

マイナンバーのせい(おかげ?)じゃないかと思います。

一旦、財布の中に入ったお金から22パーセントも払うのは

悔しいね。


フェイスブックは退会するつもりですが、

その前に・・・・・

高校時代の、初恋で片思いの人を

検索してみました。

いました、いました。

なかなか優雅な生活を送っているようです。
元気で生きていて、よかった〜

友だち申請なんて、とんでもない!

そっと、写真の彼をなでておきました。


  ☆   ☆   ☆

最近、雷が男に目覚めたようで・・
玄がえらく迷惑しています。

P1390463.JPG



夕食

チーズガレットのアボカドディップ
素揚げ蓮根の青のりサラダ
浅蜊と菜の花の酒蒸し
グレープフルーツ

P1390423.JPG
posted by てこな at 19:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

軽佻浮薄は私?・・(火)

昨日書いたブログは、自分の偏狭が過ぎるような気がしてきました。

尊敬している友人から、
『私は、てこなさんとは違った考えです。』と言われた。

彼女は、以前小池さんを嫌っていましたし、支持政党も違います。

ところが

『石原さんのこれまでの都政、国政での傲慢さ、
乱暴な都政運営をみていると、腹が立っていた。』

『今回のことで、石原氏の馬脚が現れるのがぜひ見たい。
痛快だわ。』

『小池さんは、よくやっている。
怖いものがない、捨てるものがない人は強いわね〜
期待してみているのよ。』


別の友人も

『小池さんが都知事でよかった。
強い女性は性根が座ってるわ、応援してる。』

とのこと。


なるほどね・・・です。


私も、聞く耳はもたなきゃね。


耳、耳、耳で。

ちょっとショックなこと。

難聴気味になってきたので、先日ちょっと高いイヤホンを買いました。

安物と違って、やはり音がクリアでいいです。

耳にすんなり入ってきます。


そのお気に入りのイヤホンが・・・・

雷が、なにやら得意げに咥えてきてグチャグチャしています。

私のイヤホン齧っています。

右耳のほうが噛み砕かれてしまいました。

涙、涙

不幸中の幸い、右でよかった〜

左のほうは無事だったので、せめてモノラル用には使えるな〜

邪魔な右の線は切っちゃお〜


もう、お察しのことでしょう。

はさみで左の線を切ってしまった。⤵⤵⤵



  ☆   ☆   ☆


インテリ犬に見える?


P1390427.JPG



昼食

鯖のドライカレー
里芋のホットクリーミーサラダ
搾菜と胡瓜のおろしポン酢あえ
金柑

P1390363.JPG
posted by てこな at 13:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

昔の光いまいずこ・・(月)

現在、小池劇場の恰好のえじきになっている感のある
石原慎太郎さんですが、
もう84歳なんですね。

私がまだ田舎の小学生くらいでしたか

『太陽の季節』という小説で芥川賞をとりました。
一橋をでたばかりで、ぶっきらぼうな口調も、都会風なかっこよさも

私の都会への憧れに火をつけましたよ。

その後、弟の裕次郎さんが映画スターになり

湘南の海は、石原兄弟、加山雄三と重なり

田舎者には聖地です。



三島由紀夫、大江健三郎、安倍公房・・・

みんな若かった。

それぞれが違った小説世界で輝いていました。

世界の三島由紀夫が、若尾文子と共演して
『からっ風野郎』というヤクザ映画に主演していました。
田舎の映画館で見ましたが、こども心に
へただなぁ、男前じゃないし、なんでこの人が主役なの?と思いました。
三島さんの文学者としての偉大さを知らない歳でしたから。

昭和47年ころ、石原慎太郎さんの本のサイン会が
新宿の紀伊国屋書店でありました。
仕事の関係で、そのサイン会のお手伝いをしました。

間近で見た、石原さんは、颯爽として素敵でしたが、
チック症なんですかね、目をぱちぱちし過ぎるのが気になって
落ちつきませんでした。


後年の政治家としての石原さんを、応援しようと思ったことはありません。

それでも、石原さんは作家なんだから、物議を醸すことはおおくても
悪辣じゃないとは思っています。

物書きに対して、何となく敬意を払っているのです。

しかし、この問題はちゃんと調べて、もし責任があるなら
形で示してほしいとは思います。


今、証人喚問だの会見だのと大騒ぎして、
一挙一動を、まるでぼけ老人のたわごとみたいな扱いは
ちょっと、気の毒です。

石原さん、舌禍多い人ですからね。

細かいことの食い違いや、言葉尻をあげつらい、
小池さんにへつらった都議の田舎芝居をみることになりそうです。

猪瀬さん、桝添さんのときも、議会の質疑は後味の悪いものでした。

1人を見せしめに火祭りにし、意趣返しの道具にしているようで
嫌な感じがします。


今問題になっている話しは、もう10年以上前のことです。

石原さんが詳細を

忘れた って、ふしぎじゃない。

こんな大きな話し、誰か1人の責任のはずないし、
その当時の面々は、みんなすねに傷じゃないですかね。

言った、言わないで功名争いするよりは

これからの収拾策を考えたほうがいいと思うのだけど・・・

それにしても、石原さんはもう終わった人、
小池さんも、浮かれ過ぎにみえます。


自分が年を取ってくると、

頭のなかで脳細胞の壊れていく音も聞こえるようで

自信を失うことも多くなりました。


自分が労わられたいからね・・・

石原さんにも、優しくしたい。


  ☆   ☆   ☆  

陽だまりに、もう春が・・

P1370994.JPG





昼食

ほうれんそうと胡桃のバターソテー
カリフラワーとえびの七味炒め
鱈のフリット
豆腐と貝割れの味噌汁
ぶどう

P1390239.JPG

posted by てこな at 19:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

難しい会話術・・(火)

ブログの友の、今日のお題は

『おしゃべりな友について』書かれたもので

わが身に照らして、面白く読ませてもらいました。

内容は、お友だちと、小一時間同席していたが
そのうちの50分は、その友人がしゃべり、
話題も、自分の都合のいいことばかり、

ブロ友さんは、面白くもない話しに、相槌うって
もう、うんざりだ・・って話し。


コメント欄も、おしゃべりな人って、嫌ですね〜

と、盛り上がっています。



私は、とてもおしゃべりで、その50分の友人と似ています。

昔、祖母や母から『その口、糸と針で縫ってやる』と叱られていました。


ということで、おしゃべり側の弁解を書きたいと思いました。


会話をしていて、聞き上手な人がいますよね。

合いの手をうまく入れて、話しの流れを誘導する、
そんな人になりたいのですが、


人の話しに横やりを入れたり、
自慢する人には皮肉を言い、
自分が褒められでもしようものなら、有頂天になり、
謙遜しすぎる人には、必要以上に持ち上げたり、
沈黙に耐えられず、1人はしゃぎして浮いてしまったり、

後になって、凹みます。


寡黙な人。これは褒め言葉みたいですが、

寡黙と無口は同じかな?

無口だけれど、聞き上手でもない人もいっぱいいます。

知り合いに、いい人なんだけれど無愛想で無口な人がいます。

その人は、聞かれたら答えるけれど、答で、終り。

次に話しを繋がないのです。

話題をさがす気がないのです。

私が、あれこれ無理やり話しをこしらえ一生懸命場繋ぎをしたつもりでいました。

お茶に誘ったのは、むこうですよ。


その人が、別れ際に言った言葉が

『てこなさん、油でも舐めてきたんじゃないの』、です。


これ、絶交ものですよ。

なにっ 💢 

と怒れればいいのですが、お調子者でそれもできず、
もやもやしています。

あまりしゃべらないのに、たまに言うことが
えぐい人、結構いますよ。


寡黙な人は、場の沈黙に責任を感じないのです。

しゃべる側は、勝手に自分の責任みたいに思い込み、

空回りしているのでしょう。



おしゃべり人間も、結構苦労しているのですよ。





息子たちは、連れ合いに似て(?)井戸端会議でも、
寡黙です。

IMG_0188.JPG




夕食

焼き茄子
独活と絹サヤの胡桃ドレッシング
ブロッコリーと白菜のヨーグルト焼き
蓮根と豆腐の味噌汁
メロゴールド

P1380879.JPG

posted by てこな at 23:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

援助交際・・(金)

数日前に上の孫が風邪をひきました。

今度はママの番で、熱を出しているそうで、

今日は、孫たちを、預かることになりました。

以前は、来ると

騒ぐ、

暴れる、

言うことを聞かない


まったくもう、疲れ果てましたが
さすがに9歳、6歳になって、楽になりました。


最近は、来るや否や

『スマホ貸して!!』

P1200261.JPG


多分家では禁止されているゲームだの
教育上よろしからぬサイトをのぞいたりしているようです。

親は、子どもを清く正しく育てたいでしょうから、
孫たちはしっかり管理されていて、いろいろルールがあるみたいです。

まぁ、うちに来た時くらいは・・・
見て見ぬふりです。

そんな風に甘やかしたり、
ちょこちょこと貢物をさせられたり、

立場が弱いです。

孫も、こっちの足元をみて、結構威張っちゃってね。


完全に援助交際だわ〜


面白いことですが、孫たちは、うちを

『おばぁちゃんち』と、いいます。

おじぃちゃんち じゃなくて。

連れ合いのほうが、私より何倍も可愛がっているのに・・・ハハハッ。

私、ちょっといい気分です。




威張っている!! からの連想で・・・

トランプさんと小池さん。

勝てば官軍。  まったくです。


私は、好きか嫌いかでしか判断しない偏見のかたまりですが、

小池さんとは、絶対友だちになりたくないわ。
仲たがいでもしようものなら、いじめや嫌がらせをチクチクと、
半端じゃなくされそうです。



あの高慢ちきな得意顔が、嫌いです。



驕れる平家久しからず

たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。


   ☆   ☆   ☆

P1350521.JPG

posted by てこな at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

補聴器・・(木)

最近、とみに耳が聞こえにくくなってきました。

テレビも、アナウンサーの声はちゃんと聞き取れるのに、
バラエティーとか、ワイワイガヤガヤのなかの掛け合い、
ドラマのつぶやき、ひそやかな会話・・・

音量をあげると煩いし、下げると意味不明で、困っています。

マスクした人との会話も、???
聞きなおすのも、2回以上は辛い。

耳鼻科に行ったら、なんとかなる?

きっと、補聴器屋さんの紹介状を渡されるでしょうね。


58歳のとき、突発性難聴になりました。
この病気は早期発見、早期治療でないと完治しないのです。

耳なり、めまいに悩まされ、

近場の耳鼻科や内科を経て
大手の病院に行って原因がわかった時には、もう早期ではありませんでした。

それ以来、耳鳴りは絶えることがないのですが、、
慣れてしまえばそれなりに、諦めて普通の生活をしていました。


ところが、このところ、普通とは言えない、あきらかに不便になってきました。


一番困るのは、連れ合いの声が聞き取れないことです。


友人からは

『聞きたくない声は、脳で受信拒否してるんじゃないの?』

そうかな〜



彼の声はくぐもっていて、その上、滑舌が悪いのです。

何回か聞きなおすと

『君、そろそろ補聴器買ったら?早い方がいいよ』

と親切に言ってくれますが、それがまた、癪にさわるのです。

自分は

『僕はまだまだ大丈夫、君の声が煩いくらいよく聞こえる』

それは、私の声は大きいし、滑舌がいいからです。
条件が同じじゃないよ。

とにかく、連れ合いとの日常会話は、
聞き取れなくても、あいまいな返事で誤魔化しています。


補聴器は忍耐なのだそうです。
調整、調整を重ねて、自分のものにしていくもので
結構、辛抱がいるようです。

あまり高齢になってからでは、使いこなせない、

確かに、数年前、母が高い補聴器を買いました。
3日で、辛抱できずに

『頭痛がする!!もう、聞こえなくてもいい』

と、投げ出してしまいました。


今の私なら、補聴器年齢にしては、若いほうでしょう。

挑戦してみるべきかな〜と、悩む。




てこなの再生プラン

@ インプラントで、歯を修復。

A 顔や首の皺のばし、引っ張って、釣り上げる。

B 補聴器。

C ライザップで、ダイエット。

D 自分用にオーダーしたかつら


@〜Dすべてやったら


てこな新装開店

こりゃ、妄想です。


  ☆   ☆   ☆

ちょっと寒いけれど、お天気もよく
公園で、友だち待ちしています。

IMG_0174.JPG




昼食

イングリッシュマフインとグレープフルーツのサラダ
鮭と玉葱の南蛮漬
めかぶとさつま芋の煮もの
韮玉汁
金柑

P1380271.JPG

posted by てこな at 18:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

年賀状始末・・(火)

年賀状の当選番号調べました。

ビリ等が1枚ありました。
相変わらず、運をもってません。

そのくせ番号をさがすとき、ちょっとわくわくします。

賞品は切手シートですから、130円くらいでしょうね。

私、すでに5枚くらいは書き損じてますから・・

それにしても、1等でも、10万円です。
その確率は1000000分の1です。
百万枚に1枚にしては、幸運が小さくない?
郵便局は、ケチですね〜

と、毎回、賞品にケチをつけている私のほうが

小さい!!



昔親しく、ここ数年は賀状だけの友人がいます。
元旦に、手書きの賀状をもらいました。
字も文面もちゃんとしたものです。

5日ころに、また違う文面の賀状が届きました。
私からも出してますので、彼女の勘違いで・・と思いました。

ところが、その後、数日おきに3通とどきました。

怖くて電話できませんが、5枚の賀状をみると悲しくなります。


☆ ☆ ☆

連れ合いは山形に行っております。
鬼のゐぬ間に・・・
炭水化物、食べ放題をやっておりまする。




玄雷の権力闘争。

P1370816.JPGP1370814.JPG

















P1370820.JPGP1370819.JPG
















P1370815.JPG


posted by てこな at 20:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

新年・・(木)



P1360871.JPG

てこな家のお正月、終了。

急に家の中がひっそりして、寂しくなりました。



2日のおせち
恒例の家族集まっての新年会です。

黒豆
筑前煮
栗きんとん
身欠き鰊の甘露煮
鰤の照り焼き
いもたこ
海老の養老煮
蒲鉾
玉子焼き
蟹爪
ハム
数の子
ケーキ寿司

P1370148.JPG



  ☆   ☆   ☆


うちには二人、籤運のいい人がいます。

1人は母です。
昔、昔、市の商工会議所でくじ引きがありました。
市をあげての毎年末の大イベントでした。
そこで、母は箪笥を当てたことがあります。
木島則夫のモーニングショーでは、ダイヤの指輪を当てました。
数十万分の1の確率です。

先日、私が帰省しているとき、ケアーハウスでクリスマス会がありました。
そこで、お楽しみのくじ引きがあります。
母が1等でした。賞品はたいしたものではありませんが、
1等というのは、80人中、3人ですから、やっぱりすごい!!
老いたりといえど、まだ運をもっています。


もう1人は長男です。小さい頃から、当たりがよかったです。
神ってるくらいです。


近くのスーパーで、こういう福引がありました。

image1.JPG

このスーパーは、大手のくせに、せこくて、賞品もたいしたことなく、確率も悪いのです。
私は毎年、ポケットティッ程度のものしかもらったことがありません。

今回、長男に頼みました。
賞品狙いというよりは、今年の運気を上げたいと思ったのです。

息子。7枚ひいて撃沈でした。めずらしい〜


当たらなかったから、八つ当たりと思われそうですが・・・


この賞品、おかしくないですか?

当たりの本数が書いてない!!
すべて、交通費は自費です。

A賞のホテル1泊、食事・エステつき。
 これはまぁいいです。

C賞のホテルでスイーツも、ちんけだけど、まぁいいです。
 ホテルが近場ですから。
 でも、私はケーキ食べるだけのために電車に乗るのも面倒くさい。
 当たってもね〜


問題は、B賞です。

ホテルの日帰り温泉&ランチ。
ホテルは箱根なんです。交通費は自費、ホテルもお部屋は使えない。

こんなの当たっても、うれしいでしょうかね〜
ランチなんて、そう高くはないでしょうし、
味が今一つだったら、泣きますよ。
これを企画したスーパーの社員は、
ちょっと待てよ・・・と思わないのかな。


B賞が当たったら、腹が立つところでしたから
息子の撃沈は、許しましょう。



今年は、ほどほど穏やかな一年になると信じます。

posted by てこな at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

叔父の時計・・(金)

連れ合いが、昨夜山形から帰ってきました。

先日亡くなった叔父の遺品整理に行っていたのです。

叔父はひとり者だったので、残された物の整理など
主だった甥っ子たち(子って言っても、みんな60過ぎなんですが)集まって
やりました。
90年余りの、積み重なった歴史は重く、とても数日では片付かないようです。

来年に持越しです。

昼間、力仕事に精を出し、夜な夜な
従兄弟どうしで、慰労会と称して

飲み会を開催していたらしい。

冠婚葬祭ぐらいしか会わない面々が、久々に旧交をあたため、
叔父の遺品のそれぞれに、思い出話しに花が咲き、
いい帰省になったみたいです。



私は、形見分けには、時計がほしいと希望をだしてありました。

競争相手がいなかったので、私がもらえることになりました。

image1.JPG

この時計は叔父が旧制中学に入学したとき、父親からもらったものです。
セイコーの普通のねじまき式の腕時計です。
高価なものではありません。
最初は風ぼう(保護ケース)つきだったのでしょう、
錆だらけでも、ちゃんと取ってありました。

80年間、叔父が修理、修理を重ね、大切に使い続けたのです。

手に取って、竜頭をそっと回してみました。

秒針も、ちゃんと動いています。

耳に当てると、かすかに聞こえる、チクタクチクタク・・・がちょっとせつない。


私のことですから、せっかくもらっても
机の引き出しに眠らせておくことになるとは思いますが、

ときには叔父を思い出し、この時計を眺めて、

丁寧に生きる

を心がけたいと思っています。



この子たちともども、来年もよろしく。

P1360656.JPG

P1360687.JPG

posted by てこな at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

発展途上・・(火)

実家から日曜日に帰ってきました。

母も、一年を気分よく終りたかったのでしょう、
久々に母子和やかに過ごすことができました。


バトンタッチで、月曜日から連れ合いが山形に行っています。

娘の手を借りて、昨夜年賀状印刷完成。
今年は遅くなってしまって、
今日から年賀状を書き始めました。

宛名から先に書きますが、
たいていは、ご無沙汰の人ばかりですから
一年に1回くらいは、一言決め台詞をと思っているのですが

一言ってのが難しい〜 手が止まります。


宛名から連想する、昔のあれこれ。

若いころの私は、未熟のくせに傲慢で
仕事もチャランポラで、月給泥棒みたいなものでした。
どちらを向いても、恥じ入るばかりです。

20歳のころより、30歳のほうが少しマシ、
30より40のほうが少しマシ、
40より50・・・50より・・

少しずつですが、まともになっているように思えます。
成長しているってことですかね。

今の私を10年後(があるなら)に思い返すと、マシになってきた。
と、思えるのかな。



私はまだ、発展途上人なのだ。


体の不調、容姿の崩れ、脳の劣化を嘆いていましたが

人間としては、昔より少しずつはよくなっているわ。



そう捨てたもんじゃないと思って

元気だして行こう


と、今年最後のブログを気分よく閉じたいと思います。



玄雷ともに、ありがたいことに元気で新年を迎えられそうです。

P1360769.JPG


P1360920 - コピー.JPG


posted by てこな at 23:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

病院おさめ・・(土)

玄と雷は誕生日が2日違い、血のつながりはありません。
それでも、生まれた時からずっと一緒ですから、まぁ兄弟みたいなものです。

兄の玄はジャイアンみたい、弟のほうは、のび太・・いやスネ夫かな。

水曜日から、玄が嘔吐、下痢でまったく元気がありません。

P1340331.JPG

それを察知してか、雷が玄を苛めます。

雷は要領がいいというか、甘え上手で
いつもは、玄に自分からすり寄っていくのですが、
形勢よしとみたか、玄を威嚇しています。ずるっこい犬です。


かかりつけのペットクリニックはとにかく混んでいるのです。
行くのに、車で1時間ちかくかかりますし、
予約なんて、1ヶ月先しか取れません。
木曜日、9時開院なのですが、予約外で8時から寒い中ならびました。
それでも8番です。

玄は朝早くからのお疲れで、バスケットの中で居眠りしています。
8番じゃ、昼過ぎになってしまう〜
午後からは私の病院の予約が入っているのです。

受付に行って
嘔吐と下痢でぐったりしているので・・このまま死んだりしないですよね〜

と、大げさにい言ってみました。

雷の大病のことを知っていますから、あれ以来なにかと気にかけてくれています。

大病したのは、雷なんですが、どうも見た目が同じなので、勘違いするらしく、

受付のご厚意により1番に昇格したみたい。
(7番までのかた、すみませんでした。)

レントゲン、超音波、血液検査の結果、胃炎ということでした。

点滴、薬のおかげで、症状はおさまり、
私の心とお財布がとても軽くなりました。

私のほうは、午後からの尿崩症の検査結果、
そして金曜日の脳外科の診察も、まずまずでした。

これで、今年の病院は終りにしたいものです。

そうそう、私の脳外科の主治医は、すばらしい先生です。
今まで出会った多くの医者のなかで、私にとって1番です。

私に特別によくしてくれるわけではなく、
きっと、どなたにも同じなのでしょうが、

患者の話しをゆっくり聞き、説明は簡潔で分りやすい。
患者の顔をよくみて、私の過去の病歴なども、ちゃんと頭に入れている。
1番いいのは、笑顔かな。

最初に私の手術をしてもらうと決まったとき、
ネットで、この先生のこと調べました。
男3人兄弟、全員東大医学部卒なんだって・・

優秀なことは、わかった。

昔、祖母が言っていた

実るほど、こうべを垂れる稲穂かな≠、思い出しちゃった。


ブロ友さんのPさまは、みんなのいる所で倒れたい、そうですが

私は、脳の病気でこの先生に看取られて死にたいと思っています。


午後から実家に帰省します。
母と気持ちよくすごし、今年を締めくくりたいと思います。



posted by てこな at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

温水器・・(火)


温水器からわずかな水漏れがあることに気づいて2週間余り

見て見ぬふり、自然治癒を期待して、温水器の扉を開けませんでした。

取り換えだと30万円以上の出費です。
新品になったからといって、うれしいものでもないですからね。

保険に入っているから、下にもらしても賠償責任はありません。

だだ漏れするまで、待とうかな〜

とまぁ、今に至るです。

下の階には8年前、漏らして迷惑をかけました。
毎年、みかん(ママレード)をベランダからたくさんいただいています。
犬もドタバタ走り回って、さぞかしうるさいことでしょう。

もう一回漏らしたら・・・

やっぱり拙いわ〜


今朝、業者に電話しました。
水漏れですから、すぐに来てくれました。


修理できるそうです。

買い替え覚悟していたので、

修理代金の32400円は、安い。

お礼を言いながら払いました。

よくよく考えると、15年は持つはずのものが
8年で故障したんだから、業者に苦情を言ってもよかったかも。


感謝することはなかったと思い直しました。


2週間の姑息な心配ごとも解消して
この子たちと、のんびりお昼ね。

P1350729 - コピー.JPG



夕食

蕪とがんもどきの煮もの
いろいろ茸とアボカドのホイル焼き
セロリの葉と蕪の葉の油みそ
ほうれんそうのおひたし
納豆
豆腐とわかめの味噌汁
りんご

P1350941.JPG

posted by てこな at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

我が家の解体新書・・(日)

連れ合いは、子どもっぽい人です。

そういうとなんだか純真で可愛げがあるみたいに聞こえますが、
そんなことじゃないのです。

40年あまり連れ添っても、まだ慣れません。


小さい子どもって、ウンチ、オシッコ、グロテスクな話し
好きですよね。

うちの孫たちも、ぎゃ〜ぎゃ〜喜びます。

連れ合いは、同じレベルで喜びます。

自分の大腸にできたポリープの写真を額にいれ
来た人、来た人に無理やり見せます。

自分のウンチの形状についても、報告したがります。

わたしのおならの音にも敏感で、聞き洩らしません。



日記帳の裏扉にこんなものが貼ってありました。


P1350960.JPG
 

彼は始終、体のどこかここかが、痛い≠ニ言います。
言うだけでなく、記録しているようです。

ところが、上の孫がこれを見つけて

あるところに 赤印 をこっそりつけてかえりました。

このジジにこの孫ありです。


 ☆    ☆   ☆


ボスの幼馴染の聖子ちゃんが、10日夜亡くなりました。
まだ、9歳ですから、惜しまれます。

あっちの世界で、またボスと仲よくしてね。

CIMG6610.JPG

posted by てこな at 22:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

お遊戯会・・(金)

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する弾劾訴追案が9日、
国会本会議で可決された。



これまでの一連の流れは

まるでもう、韓国ドラマそのもの

権力、金、いじめ、嫉妬、見せしめ、色恋

てんこ盛りで、不謹慎ですが楽しめました。


韓国は、権力を失ったら、あとは悲惨な未来が想像され、

パク大統領が気の毒な気がします。
悪辣って感じがしないもので・・・

大統領の器じゃなかった、ってことでしょうか。

愚民の感想です。


気の毒っていえば

俳優の成宮寛貴さん引退するそうです。

写真週刊誌に薬物疑惑がスクープされてのことです。

引退というのは、疑惑を認めたも同じにみえますが、
まだ捕まったわけでもなく、ご本人は一応否定しています。

多分、週刊誌のほうが正しいのでしょうが
成宮ファンとしては、残念。


薬や不倫を、週刊誌やテレビが、大上段に

『天に代って成敗する!!』

薬は悪いことには違いないけど、そう大きな事じゃないと思う。

不倫にいたっては、該当者以外は、面白いだけ。
大騒ぎで追い掛け回し、
その人の人生まで変えてしまって、
後味、悪い〜



 ☆    ☆    ☆



今日、孫の幼稚園のお遊戯会に行きました。

とにかく、目立つ、目立つ。

遠近法を使っての写真じゃないです、
みんな同じ年齢の子たちなのに、群を抜いてます。

P1350913.JPG


夕食

いろいろ野菜の炊き込みピラフ
クレソンのわさびサラダ
アボカドと平目の和風カルパッチョ
タラモサラダ
りんご

P1350791.JPG


posted by てこな at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

椎の実・・(水)

犬の散歩の途中にある神社には、大きな椎の木が何本もあります。

今日は孫と一緒に散歩に行き

椎の実拾いをしました。

IMG_0147.JPG


むかしむかしのその昔
椎の木ばやしのすぐそばに
小さいお山があったとさ〜あったとさ
・・・・
・・・・

孫に歌って聞かせました。

まったく、知らない歌だって。

えっ、こんな有名な童謡を知らないだって!!

私が音痴なので、わからなかったのかもですが。

IMG_0148.JPG

フライパンで空炒りして、ちょっと塩を・・
ビールに合うわ〜


昔、昔が甦ってきました。

孫は

拾ったものでしょ、 いらない』

と、食べませんでした。


都会の子なんですね。



今年は柑橘系が豊作のようです。
あちこちから、柚子をいただきます。

階下のミカンの木も、こんなにたわわに実をつけました。
うちのベランダから、楽々収穫できます。

P1350655.JPG

10年前は、夜陰にまぎれてこっそりいただいていましたが
ここ数年は、

『どうぞどうぞ、お好きなだけ・・』と、お墨付きをもらって、

ママレード工場の操業開始です。





夕食

アスパラとスモークサーモンの生春巻
高野豆腐とキャベツのオイスターソース炒め
りんごとカマンベールのサラダ
豆腐となめこの味噌汁
ラ・フランス

P1340785.JPG


posted by てこな at 23:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

叔父のこと・・(日)

11月30日
連れ合いの、山形にいる叔父が突然亡くなりました。

93歳、矍鑠としておりましたので、びっくりはしましたが

長く患わず、突然というのがいかにも叔父らしく、
潔いというべき終りかたに、感無量です。

叔父は生涯家庭をもたなかったので、
こうして、誰の世話にもならずに終われたことは
大往生なのでしょうね。


この叔父には、とても感謝しています。

45年前、私たちの結婚のとき

連れ合いの身内からは、まったく認めてもらえず
勘当同然、入籍だけで済ませました。

この叔父だけが、お祝いをもって訪ねてくれました。
長男が生まれたときは、山形の両親の家に行って
それとなく、私たちの写真を置いていったそうです。

そういうことがきっかけになって、連れ合いは親と和解することになりました。



叔父は養護学校の教師をしておりました。
その時の教え子の中に、画家の水村喜一郎さんがいます。
その水村さんのプロフィールの中に


養護学校時代の伊藤久吉先生は、水村さんの人生の根幹をなしていて、
大学進学について、家庭の事情を踏まえての進路指導に関わられ、
入学金の配慮だけでなく、水村さんを献身的に支え、
先生の郷里山形まで連れて行かれています。
そして、中村天風という稀世な偉大な人物との出会いの旅を計画し、
京都まで連れて行かれ、人としての生き方を諭されます。
まさに人間道を歩む出会いとなっています



と、紹介されています。


叔父はなにも言いませんが、縁につながるものとして
自慢したい気持ちです。


亡くなる前、少しの間入院していたのですが
入院中、毛糸のチョッキをいつも着ていたそうです。

亡くなって、納棺するときも、病院のかたが気を利かせて
お棺の中に、チョッキを入れてくれたようです。

連れ合いが、チョッキに気づいたのです。


それは、40年前、私が編んだものです。
その頃、手編みにこっていて、
同じ毛糸で連れ合いにはセーター、叔父にはチョッキを編んだのです。

連れ合いは『重くて、肩がこる〜』と、まったく着てくれず⇒ゴミに

叔父は、喜んでくれましたし、本当に着ていたようです。
10年程前に

『てこなさん、あのチョッキはちょっとシミやよごれがとれなくなったので、
紺色に染め変えました。』

というのです。
染物屋さんにだしたそうです。

わたしは、不躾にいくら払ったか聞きましたよ。

新しいな立派チョッキが買える金額でした。


叔父の腕に巻かれた時計は78年前、父親から入学祝にもらったものです。
当然、手巻きです。
今も時を刻んでいます。

ただ、この時計は、分解掃除、部品交換、その他いろいろのメンテナンスで
高級時計が買えるほども、お金や手間がかかっています。


贅沢をする人ではありません。
ベジタリアンで、ふだんの生活は質素、簡潔。

私のようなチャランポランの対極にある人です。

それなのに、嫌味や小言を言われたことはありません。
若いころ、叔父が来ると、なにを作っていいやら・・

ベジタリアンなんて、理解不能でしたからね。

冷奴、納豆、大根の味噌汁、漬け物くらいしか、思い浮かばない。
本当に、それしか出さなかった・・

にこにこして『うまいね〜』


毎回、これしか出さなかったのですから、
今思うと、恥ずかしい限りです。


このチョッキのことは、私ももちろん感激しておりますが、

連れ合いが、チョッキを見て、私より先に泣いてしまった。
どっちが主役だか・・



お葬式は、近しい親族だけの、家族葬のようなかたちになりました。
叔父には可愛がってもらっていたうちの子3人も出席し

なごやかな、いいお別れができたように思います。
posted by てこな at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

終りの支度・・(水)


年令のせいか、友が複数集まると

先行きの、介護、認知症、どこまでの治療を望むか

死ぬときのこと、死んでからのこと・・・・

話題は尽きません。

総じて、
『子どもに迷惑をかけたくない』
『そんなに長く生きなくていいわ。』(長いって、何歳?これもいろいろあってね)

が多く、みなさん、謙虚です。

親しい方のブログでも、参考になる記事やコメントを読みました。

私にはまだ母がおりますので、
自分の終末が近いような・・間があるような・・

切実感が、ちょっと不足気味なのですが、

だんだん以前なんなくできていたことが、苦になったり
あちこち体も不具合を感じたりしていますから、
うかうかしていられませんね。

母はケアーハウスに入っています。
食事は食堂まで行って、みなさんと一緒に食べます。
週に2回ヘルパーさん、3回のマッサージ、
2回は定期的に、訪ねて下さる人もいます。
部屋のあちこちに緊急ブザーもあります。

いわゆるなにかあっても、すぐにわかるはずで
孤独死とは、遠いところにいると思います。


気丈な母でしたが、最近になって

『寂しい。漠然とした不安で心細い、早く死にたい』

『生きていても、楽しくない。』

と、繰り返すようになりました。

なにかの時のチェック機能は備わっていても、心が満たされてないからでしょうね。

98歳のひとに、今更

生きる喜びを見つけたら?≠焉A酷なことかもしれません。


母は猛女でしたから、若い時は、弱気な事は絶対言いませんでした。

その人が、心細いというのです。


世の中、親の介護のため、自分を犠牲にして親孝行しているかたもいます。

若いとき、いじめられた姑の介護をしている嫁もいます。

80、90歳の親を介護疲れで、殺した事件もたくさんあります。

『もうちょっと辛抱したら終わるのに・・・』
そのもうちょっとが、辛抱できなかったのでしょう。

母には悪いけれど、私は自己犠牲はしないので

母は不安を、私は後ろめたさを持ちながら、
ずっと暮らしていくわけです。


次に自分の番になったとき
心や頭がひどく壊れないうちに、何とかなりたいものです。


『明るい老後・・・』 『老いて輝く・・・』 『豊かな老い方・・・』

いろいろな本が出版されています。

明るい、輝く、豊か、

それは、老いが本来、もってないからこその言葉でしょう。


それでも、まれに明るく、輝いている先輩方もいますね〜


怠惰な私には努力は無理だけど、あやかりたい、あやかりたい。


  ☆  ☆


湿っぽいのはやめにして・・・


ペットショップで、ちょっと拝借、地味〜にコスプレ

玄のトナカイ

IMG_0103.JPG


雷のクリスマスツリー

IMG_0101.JPG



昼食

きのことえびのラグー和えパスタ
蓮根/ひじき/大蒜の茎のごまサラダ
アボカドとトマトのマリネ
ぶどう・りんご

P1350555.JPG

posted by てこな at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

見た目年令・・(日)

昨日は私の誕生日でした。

60歳までは、年齢を聞かれても平気でしたし

もごもごとあいまいに誤魔化す人を笑っていました。


ところが今、私も言いたくないのです。

年を言ったときの、相手の反応が気になる。

へぇ〜 ≠ニいう顔をされたら、

どっちに見えるの?

上?下?

何歳に見えるのさ!! と聞く自信もない。


弱気なもので、傷つきたくないの・・・



玄くんも、まだ2歳になったばかりなのに・・

えっ、白髪が!!

P1330882.JPG




先日の読売新聞に

子どもに遺産を残したいか?≠ニいう特集がありました。

『残したくても、残らない。』は、結構いましたが

意外に

『残してやりたい、残すつもり。』が、多いのにびっくりしました。


美田を残さず、は

持たざる者の、負け惜しみみたいなものかな。




夕食

揚げ出し豆腐
いろいろ豆と鹿尾菜のオニオンごまドレッシングあえ
ピーマンとじゃこの炒りつけ
鰆の西京漬
三つ葉とわかめの味噌汁
オレンジ

P1350536.JPG
posted by てこな at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする