2016年12月10日

家族写真・・(土)

このところ、私にしては、いそがしく過ごしておりました。
 
気づけば今年も残り3週間、
お歳暮の手配は急がないといけません。

連れ合いが退職してからは、いただき物はぐっと減りました。
人徳じゃなくて、役得だったんでね。

今は、親戚、昔からのお知り合いなど
10件あまりになりました。

こちらからは毎年『何を贈るか』なやみの種です。

○〇さんからは、りんご、××さんからは、みかん、△△さんからは蒲鉾・・・

いただくものは、もう定番化されているものが多く、
届く日付も決まっていて、私の予定にしっかり組み込まれ
重宝しています。

『同じ人から、毎年同じ物』 これは、いいですね。

私のほうは、いろいろ試行錯誤していますが、
今だ、決定版が見つかりません。

土地柄なのか、家柄なのか

連れ合いの親戚筋に送ると

『大変美味しかったです。好物ですよ』と、不評だったことはありません。

何を送っても、好物なので、かえって信じられません。

あぁ・・・なにかな〜

若手にはチーズ詰め合わせ?、ちょっと高いバルサミコソース?
古手には、梅干し? 粕漬け?

迷ってます。


後は、年賀状です。

一時、もう出すのを止めようと思ったこともありました。

でも、だんだん年をとり、たくさんの人と疎遠になってきました。
1年に1回くらいは、たった一言のご挨拶で、
お互いの無事を確認できるのも、うれしいですからね。

生存確認状みたいなものです。

過去3年間は、家族写真を入れました。その前は犬でした。

いろいろな巷の声をきいてみると

家族写真、結婚写真、子どもの写真、ペット・・

みんな評判が悪いのです。

『いい気なもんだ!!』 と思われるみたいです。


私も、若い頃はそう思っていました。

でも、年と共に変わってきたのです。

今は、友人の家族やお孫さんの写真をみると
とても安心します。
写真の中から、暖かいものを感じます。

私も家族写真をいれることで

『そこそこ穏やかに過ごしています』と、お知らせしているつもりです。

今年も、入れますよ。

問題なのは、私がうまく綺麗に写っている写真がなかなかみつからないことです。



玄雷にフェニックスの着ぐるみ着せて・・・
も、いいかな〜

P1350693.JPG




昼食

里芋の胡桃ともあえ
水菜とじゃこの薬味サラダ
めかじきのアーモンド焼き
生姜の酢漬け
クレソンとかぼちゃの味噌汁
りんごと蓮根のサラダ

P1350754.JPG
posted by てこな at 18:19| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

お遊戯会・・(金)

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する弾劾訴追案が9日、
国会本会議で可決された。



これまでの一連の流れは

まるでもう、韓国ドラマそのもの

権力、金、いじめ、嫉妬、見せしめ、色恋

てんこ盛りで、不謹慎ですが楽しめました。


韓国は、権力を失ったら、あとは悲惨な未来が想像され、

パク大統領が気の毒な気がします。
悪辣って感じがしないもので・・・

大統領の器じゃなかった、ってことでしょうか。

愚民の感想です。


気の毒っていえば

俳優の成宮寛貴さん引退するそうです。

写真週刊誌に薬物疑惑がスクープされてのことです。

引退というのは、疑惑を認めたも同じにみえますが、
まだ捕まったわけでもなく、ご本人は一応否定しています。

多分、週刊誌のほうが正しいのでしょうが
成宮ファンとしては、残念。


薬や不倫を、週刊誌やテレビが、大上段に

『天に代って成敗する!!』

薬は悪いことには違いないけど、そう大きな事じゃないと思う。

不倫にいたっては、該当者以外は、面白いだけ。
大騒ぎで追い掛け回し、
その人の人生まで変えてしまって、
後味、悪い〜



 ☆    ☆    ☆



今日、孫の幼稚園のお遊戯会に行きました。

とにかく、目立つ、目立つ。

遠近法を使っての写真じゃないです、
みんな同じ年齢の子たちなのに、群を抜いてます。

P1350913.JPG


夕食

いろいろ野菜の炊き込みピラフ
クレソンのわさびサラダ
アボカドと平目の和風カルパッチョ
タラモサラダ
りんご

P1350791.JPG


posted by てこな at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

椎の実・・(水)

犬の散歩の途中にある神社には、大きな椎の木が何本もあります。

今日は孫と一緒に散歩に行き

椎の実拾いをしました。

IMG_0147.JPG


むかしむかしのその昔
椎の木ばやしのすぐそばに
小さいお山があったとさ〜あったとさ
・・・・
・・・・

孫に歌って聞かせました。

まったく、知らない歌だって。

えっ、こんな有名な童謡を知らないだって!!

私が音痴なので、わからなかったのかもですが。

IMG_0148.JPG

フライパンで空炒りして、ちょっと塩を・・
ビールに合うわ〜


昔、昔が甦ってきました。

孫は

拾ったものでしょ、 いらない』

と、食べませんでした。


都会の子なんですね。



今年は柑橘系が豊作のようです。
あちこちから、柚子をいただきます。

階下のミカンの木も、こんなにたわわに実をつけました。
うちのベランダから、楽々収穫できます。

P1350655.JPG

10年前は、夜陰にまぎれてこっそりいただいていましたが
ここ数年は、

『どうぞどうぞ、お好きなだけ・・』と、お墨付きをもらって、

ママレード工場の操業開始です。





夕食

アスパラとスモークサーモンの生春巻
高野豆腐とキャベツのオイスターソース炒め
りんごとカマンベールのサラダ
豆腐となめこの味噌汁
ラ・フランス

P1340785.JPG


posted by てこな at 23:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

叔父のこと・・(日)

11月30日
連れ合いの、山形にいる叔父が突然亡くなりました。

93歳、矍鑠としておりましたので、びっくりはしましたが

長く患わず、突然というのがいかにも叔父らしく、
潔いというべき終りかたに、感無量です。

叔父は生涯家庭をもたなかったので、
こうして、誰の世話にもならずに終われたことは
大往生なのでしょうね。


この叔父には、とても感謝しています。

45年前、私たちの結婚のとき

連れ合いの身内からは、まったく認めてもらえず
勘当同然、入籍だけで済ませました。

この叔父だけが、お祝いをもって訪ねてくれました。
長男が生まれたときは、山形の両親の家に行って
それとなく、私たちの写真を置いていったそうです。

そういうことがきっかけになって、連れ合いは親と和解することになりました。



叔父は養護学校の教師をしておりました。
その時の教え子の中に、画家の水村喜一郎さんがいます。
その水村さんのプロフィールの中に


養護学校時代の伊藤久吉先生は、水村さんの人生の根幹をなしていて、
大学進学について、家庭の事情を踏まえての進路指導に関わられ、
入学金の配慮だけでなく、水村さんを献身的に支え、
先生の郷里山形まで連れて行かれています。
そして、中村天風という稀世な偉大な人物との出会いの旅を計画し、
京都まで連れて行かれ、人としての生き方を諭されます。
まさに人間道を歩む出会いとなっています



と、紹介されています。


叔父はなにも言いませんが、縁につながるものとして
自慢したい気持ちです。


亡くなる前、少しの間入院していたのですが
入院中、毛糸のチョッキをいつも着ていたそうです。

亡くなって、納棺するときも、病院のかたが気を利かせて
お棺の中に、チョッキを入れてくれたようです。

連れ合いが、チョッキに気づいたのです。


それは、40年前、私が編んだものです。
その頃、手編みにこっていて、
同じ毛糸で連れ合いにはセーター、叔父にはチョッキを編んだのです。

連れ合いは『重くて、肩がこる〜』と、まったく着てくれず⇒ゴミに

叔父は、喜んでくれましたし、本当に着ていたようです。
10年程前に

『てこなさん、あのチョッキはちょっとシミやよごれがとれなくなったので、
紺色に染め変えました。』

というのです。
染物屋さんにだしたそうです。

わたしは、不躾にいくら払ったか聞きましたよ。

新しいな立派チョッキが買える金額でした。


叔父の腕に巻かれた時計は78年前、父親から入学祝にもらったものです。
当然、手巻きです。
今も時を刻んでいます。

ただ、この時計は、分解掃除、部品交換、その他いろいろのメンテナンスで
高級時計が買えるほども、お金や手間がかかっています。


贅沢をする人ではありません。
ベジタリアンで、ふだんの生活は質素、簡潔。

私のようなチャランポランの対極にある人です。

それなのに、嫌味や小言を言われたことはありません。
若いころ、叔父が来ると、なにを作っていいやら・・

ベジタリアンなんて、理解不能でしたからね。

冷奴、納豆、大根の味噌汁、漬け物くらいしか、思い浮かばない。
本当に、それしか出さなかった・・

にこにこして『うまいね〜』


毎回、これしか出さなかったのですから、
今思うと、恥ずかしい限りです。


このチョッキのことは、私ももちろん感激しておりますが、

連れ合いが、チョッキを見て、私より先に泣いてしまった。
どっちが主役だか・・



お葬式は、近しい親族だけの、家族葬のようなかたちになりました。
叔父には可愛がってもらっていたうちの子3人も出席し

なごやかな、いいお別れができたように思います。
posted by てこな at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

終りの支度・・(水)


年令のせいか、友が複数集まると

先行きの、介護、認知症、どこまでの治療を望むか

死ぬときのこと、死んでからのこと・・・・

話題は尽きません。

総じて、
『子どもに迷惑をかけたくない』
『そんなに長く生きなくていいわ。』(長いって、何歳?これもいろいろあってね)

が多く、みなさん、謙虚です。

親しい方のブログでも、参考になる記事やコメントを読みました。

私にはまだ母がおりますので、
自分の終末が近いような・・間があるような・・

切実感が、ちょっと不足気味なのですが、

だんだん以前なんなくできていたことが、苦になったり
あちこち体も不具合を感じたりしていますから、
うかうかしていられませんね。

母はケアーハウスに入っています。
食事は食堂まで行って、みなさんと一緒に食べます。
週に2回ヘルパーさん、3回のマッサージ、
2回は定期的に、訪ねて下さる人もいます。
部屋のあちこちに緊急ブザーもあります。

いわゆるなにかあっても、すぐにわかるはずで
孤独死とは、遠いところにいると思います。


気丈な母でしたが、最近になって

『寂しい。漠然とした不安で心細い、早く死にたい』

『生きていても、楽しくない。』

と、繰り返すようになりました。

なにかの時のチェック機能は備わっていても、心が満たされてないからでしょうね。

98歳のひとに、今更

生きる喜びを見つけたら?≠焉A酷なことかもしれません。


母は猛女でしたから、若い時は、弱気な事は絶対言いませんでした。

その人が、心細いというのです。


世の中、親の介護のため、自分を犠牲にして親孝行しているかたもいます。

若いとき、いじめられた姑の介護をしている嫁もいます。

80、90歳の親を介護疲れで、殺した事件もたくさんあります。

『もうちょっと辛抱したら終わるのに・・・』
そのもうちょっとが、辛抱できなかったのでしょう。

母には悪いけれど、私は自己犠牲はしないので

母は不安を、私は後ろめたさを持ちながら、
ずっと暮らしていくわけです。


次に自分の番になったとき
心や頭がひどく壊れないうちに、何とかなりたいものです。


『明るい老後・・・』 『老いて輝く・・・』 『豊かな老い方・・・』

いろいろな本が出版されています。

明るい、輝く、豊か、

それは、老いが本来、もってないからこその言葉でしょう。


それでも、まれに明るく、輝いている先輩方もいますね〜


怠惰な私には努力は無理だけど、あやかりたい、あやかりたい。


  ☆  ☆


湿っぽいのはやめにして・・・


ペットショップで、ちょっと拝借、地味〜にコスプレ

玄のトナカイ

IMG_0103.JPG


雷のクリスマスツリー

IMG_0101.JPG



昼食

きのことえびのラグー和えパスタ
蓮根/ひじき/大蒜の茎のごまサラダ
アボカドとトマトのマリネ
ぶどう・りんご

P1350555.JPG

posted by てこな at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

見た目年令・・(日)

昨日は私の誕生日でした。

60歳までは、年齢を聞かれても平気でしたし

もごもごとあいまいに誤魔化す人を笑っていました。


ところが今、私も言いたくないのです。

年を言ったときの、相手の反応が気になる。

へぇ〜 ≠ニいう顔をされたら、

どっちに見えるの?

上?下?

何歳に見えるのさ!! と聞く自信もない。


弱気なもので、傷つきたくないの・・・



玄くんも、まだ2歳になったばかりなのに・・

えっ、白髪が!!

P1330882.JPG




先日の読売新聞に

子どもに遺産を残したいか?≠ニいう特集がありました。

『残したくても、残らない。』は、結構いましたが

意外に

『残してやりたい、残すつもり。』が、多いのにびっくりしました。


美田を残さず、は

持たざる者の、負け惜しみみたいなものかな。




夕食

揚げ出し豆腐
いろいろ豆と鹿尾菜のオニオンごまドレッシングあえ
ピーマンとじゃこの炒りつけ
鰆の西京漬
三つ葉とわかめの味噌汁
オレンジ

P1350536.JPG
posted by てこな at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

誕生日、どうということもなし・・(土)

私の子どものころの育った環境は
文化・教養とは無縁の暮らしぶりでした。

大家族での食卓も

飯を食うときは無駄口はきくな、黙って食べろ

おかずばかり食べずに、ごはんを食べろ

まったく、今の理想の食卓とは真逆ですよ。



音楽や絵画なんて、金持ちの道楽くらいにしか思っていない家でした。


ピアノを習っている子は、お医者さんっちの娘、
自家用車なんて、家にある子はいたかな〜


大きくなったら、ピアノと車のある生活が夢でした。

それから二十年あまり

夢叶いました。

連れ合いと結婚したのも
彼にはなんだか文化の香りがしたからです。
浅はかでした。


ピアノは自分じゃなくて、子どもたちに習わせたわけですから

私の夢は、子どもの夢じゃなかったらしく

娘や息子は、迷惑したみたい・・・


夢は叶ってみると、なんてことないね。



ただ、音楽を聴く喜び、絵画を眺めて感動する

そういう感性がない自分に劣等感を持ってしまいます。


ただ、教養ある友人は結構たくさんいるので

その後について、ちょこちょこっと教養の粉をふりかけてもらっています。


今日、上野に『ゴッホとゴーギャン』みてきました。


証拠に、ガチャガチャで、こんなもの買いました。

400円の教養です。、ア・ハ・ハ

P1350517 (2).JPG



ボスが美術館の名画になった!!

feb522e92fd6e2b9_o.jpg



夕食

パセリとたこのフリット
京芋のベーコンサラダ
茶碗蒸し
ブロッコリーとわかめの味噌汁

ケーキ

今日は、わたしめの誕生日でございます。

P1350508.JPG
posted by てこな at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

続、水もれ・・(金)

ニュースから

東京都の小池百合子知事は25日の定例記者会見で、
豊洲市場(江東区)の盛り土問題に関し、
中央卸売市場の歴代市場長ら4人を含む幹部、
OB計18人を減給とする懲戒処分を発表した。
最も重い処分は、減給5分の1(6カ月)

また、小池氏は「けじめをつける」として、
自身も給与を5分の1(3カ月)減額することを表明



この処分が妥当かどうか、よくわかりませんが

なんで小池さんが自主減額をするのかが、不思議です。


都知事選のとき、私は小池さんになってほしいとは思いませんでした。
都民じゃないので、おこがましいのですが。

小池さんが嫌いだったからです。

でも、都知事になってからのあれこれをみていると

あぁ、小池さんでよかったのかもしれないと思うようになってきました。


でも、嫌いなことは嫌いなので、

今回の減給のことも、

とっても 嫌味。

当選したときに都知事給与の減額を申し出たのも、
あまり好感をもてませんでした。

ちゃんと仕事をすれば、ふさわしい金額はもらって当然だと思います。

スタンドプレーだと思いました。



小池さんが減給するのに、石原さんはどう責任をとるの?

と、都民に思わせたい、石原叩きを加速させたい?


たった数十万円の減給で、好感度アップをねらってか!!


と、意地悪く見ています。


  ☆   ☆   ☆


朝起きて、まっさきに温水器を点検しました。
昨夜の水もれしたところが、乾いていました。


直った ⁉⁉

はずはないですよね〜

まだ、緊急じゃないな、とちょっと安心。

業者に来てもらったら、きっと交換を勧められるだろうな、
修理ですむだろうか。

なかなか、思い切れません。

連れ合いから《早く、電話しないと大事になったらどうするの》

わかってはいるんですが、

悶 悶。



今日の喧嘩は

玄の  勝ち

P1350416.JPG




夕食

南瓜とかぼちゃの種のココナツミルクサラダ
キャベツの甘みそ炒め
雲南百薬ともずくの酢のもの
茄子とわかめの味噌汁
みしらず柿

P1340615.JPG

posted by てこな at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする