2016年12月04日

叔父のこと・・(日)

11月30日
連れ合いの、山形にいる叔父が突然亡くなりました。

93歳、矍鑠としておりましたので、びっくりはしましたが

長く患わず、突然というのがいかにも叔父らしく、
潔いというべき終りかたに、感無量です。

叔父は生涯家庭をもたなかったので、
こうして、誰の世話にもならずに終われたことは
大往生なのでしょうね。


この叔父には、とても感謝しています。

45年前、私たちの結婚のとき

連れ合いの身内からは、まったく認めてもらえず
勘当同然、入籍だけで済ませました。

この叔父だけが、お祝いをもって訪ねてくれました。
長男が生まれたときは、山形の両親の家に行って
それとなく、私たちの写真を置いていったそうです。

そういうことがきっかけになって、連れ合いは親と和解することになりました。



叔父は養護学校の教師をしておりました。
その時の教え子の中に、画家の水村喜一郎さんがいます。
その水村さんのプロフィールの中に


養護学校時代の伊藤久吉先生は、水村さんの人生の根幹をなしていて、
大学進学について、家庭の事情を踏まえての進路指導に関わられ、
入学金の配慮だけでなく、水村さんを献身的に支え、
先生の郷里山形まで連れて行かれています。
そして、中村天風という稀世な偉大な人物との出会いの旅を計画し、
京都まで連れて行かれ、人としての生き方を諭されます。
まさに人間道を歩む出会いとなっています



と、紹介されています。


叔父はなにも言いませんが、縁につながるものとして
自慢したい気持ちです。


亡くなる前、少しの間入院していたのですが
入院中、毛糸のチョッキをいつも着ていたそうです。

亡くなって、納棺するときも、病院のかたが気を利かせて
お棺の中に、チョッキを入れてくれたようです。

連れ合いが、チョッキに気づいたのです。


それは、40年前、私が編んだものです。
その頃、手編みにこっていて、
同じ毛糸で連れ合いにはセーター、叔父にはチョッキを編んだのです。

連れ合いは『重くて、肩がこる〜』と、まったく着てくれず⇒ゴミに

叔父は、喜んでくれましたし、本当に着ていたようです。
10年程前に

『てこなさん、あのチョッキはちょっとシミやよごれがとれなくなったので、
紺色に染め変えました。』

というのです。
染物屋さんにだしたそうです。

わたしは、不躾にいくら払ったか聞きましたよ。

新しいな立派チョッキが買える金額でした。


叔父の腕に巻かれた時計は78年前、父親から入学祝にもらったものです。
当然、手巻きです。
今も時を刻んでいます。

ただ、この時計は、分解掃除、部品交換、その他いろいろのメンテナンスで
高級時計が買えるほども、お金や手間がかかっています。


贅沢をする人ではありません。
ベジタリアンで、ふだんの生活は質素、簡潔。

私のようなチャランポランの対極にある人です。

それなのに、嫌味や小言を言われたことはありません。
若いころ、叔父が来ると、なにを作っていいやら・・

ベジタリアンなんて、理解不能でしたからね。

冷奴、納豆、大根の味噌汁、漬け物くらいしか、思い浮かばない。
本当に、それしか出さなかった・・

にこにこして『うまいね〜』


毎回、これしか出さなかったのですから、
今思うと、恥ずかしい限りです。


このチョッキのことは、私ももちろん感激しておりますが、

連れ合いが、チョッキを見て、私より先に泣いてしまった。
どっちが主役だか・・



お葬式は、近しい親族だけの、家族葬のようなかたちになりました。
叔父には可愛がってもらっていたうちの子3人も出席し

なごやかな、いいお別れができたように思います。
posted by てこな at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

終りの支度・・(水)


年令のせいか、友が複数集まると

先行きの、介護、認知症、どこまでの治療を望むか

死ぬときのこと、死んでからのこと・・・・

話題は尽きません。

総じて、
『子どもに迷惑をかけたくない』
『そんなに長く生きなくていいわ。』(長いって、何歳?これもいろいろあってね)

が多く、みなさん、謙虚です。

親しい方のブログでも、参考になる記事やコメントを読みました。

私にはまだ母がおりますので、
自分の終末が近いような・・間があるような・・

切実感が、ちょっと不足気味なのですが、

だんだん以前なんなくできていたことが、苦になったり
あちこち体も不具合を感じたりしていますから、
うかうかしていられませんね。

母はケアーハウスに入っています。
食事は食堂まで行って、みなさんと一緒に食べます。
週に2回ヘルパーさん、3回のマッサージ、
2回は定期的に、訪ねて下さる人もいます。
部屋のあちこちに緊急ブザーもあります。

いわゆるなにかあっても、すぐにわかるはずで
孤独死とは、遠いところにいると思います。


気丈な母でしたが、最近になって

『寂しい。漠然とした不安で心細い、早く死にたい』

『生きていても、楽しくない。』

と、繰り返すようになりました。

なにかの時のチェック機能は備わっていても、心が満たされてないからでしょうね。

98歳のひとに、今更

生きる喜びを見つけたら?≠焉A酷なことかもしれません。


母は猛女でしたから、若い時は、弱気な事は絶対言いませんでした。

その人が、心細いというのです。


世の中、親の介護のため、自分を犠牲にして親孝行しているかたもいます。

若いとき、いじめられた姑の介護をしている嫁もいます。

80、90歳の親を介護疲れで、殺した事件もたくさんあります。

『もうちょっと辛抱したら終わるのに・・・』
そのもうちょっとが、辛抱できなかったのでしょう。

母には悪いけれど、私は自己犠牲はしないので

母は不安を、私は後ろめたさを持ちながら、
ずっと暮らしていくわけです。


次に自分の番になったとき
心や頭がひどく壊れないうちに、何とかなりたいものです。


『明るい老後・・・』 『老いて輝く・・・』 『豊かな老い方・・・』

いろいろな本が出版されています。

明るい、輝く、豊か、

それは、老いが本来、もってないからこその言葉でしょう。


それでも、まれに明るく、輝いている先輩方もいますね〜


怠惰な私には努力は無理だけど、あやかりたい、あやかりたい。


  ☆  ☆


湿っぽいのはやめにして・・・


ペットショップで、ちょっと拝借、地味〜にコスプレ

玄のトナカイ

IMG_0103.JPG


雷のクリスマスツリー

IMG_0101.JPG



昼食

きのことえびのラグー和えパスタ
蓮根/ひじき/大蒜の茎のごまサラダ
アボカドとトマトのマリネ
ぶどう・りんご

P1350555.JPG

posted by てこな at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

見た目年令・・(日)

昨日は私の誕生日でした。

60歳までは、年齢を聞かれても平気でしたし

もごもごとあいまいに誤魔化す人を笑っていました。


ところが今、私も言いたくないのです。

年を言ったときの、相手の反応が気になる。

へぇ〜 ≠ニいう顔をされたら、

どっちに見えるの?

上?下?

何歳に見えるのさ!! と聞く自信もない。


弱気なもので、傷つきたくないの・・・



玄くんも、まだ2歳になったばかりなのに・・

えっ、白髪が!!

P1330882.JPG




先日の読売新聞に

子どもに遺産を残したいか?≠ニいう特集がありました。

『残したくても、残らない。』は、結構いましたが

意外に

『残してやりたい、残すつもり。』が、多いのにびっくりしました。


美田を残さず、は

持たざる者の、負け惜しみみたいなものかな。




夕食

揚げ出し豆腐
いろいろ豆と鹿尾菜のオニオンごまドレッシングあえ
ピーマンとじゃこの炒りつけ
鰆の西京漬
三つ葉とわかめの味噌汁
オレンジ

P1350536.JPG
posted by てこな at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

誕生日、どうということもなし・・(土)

私の子どものころの育った環境は
文化・教養とは無縁の暮らしぶりでした。

大家族での食卓も

飯を食うときは無駄口はきくな、黙って食べろ

おかずばかり食べずに、ごはんを食べろ

まったく、今の理想の食卓とは真逆ですよ。



音楽や絵画なんて、金持ちの道楽くらいにしか思っていない家でした。


ピアノを習っている子は、お医者さんっちの娘、
自家用車なんて、家にある子はいたかな〜


大きくなったら、ピアノと車のある生活が夢でした。

それから二十年あまり

夢叶いました。

連れ合いと結婚したのも
彼にはなんだか文化の香りがしたからです。
浅はかでした。


ピアノは自分じゃなくて、子どもたちに習わせたわけですから

私の夢は、子どもの夢じゃなかったらしく

娘や息子は、迷惑したみたい・・・


夢は叶ってみると、なんてことないね。



ただ、音楽を聴く喜び、絵画を眺めて感動する

そういう感性がない自分に劣等感を持ってしまいます。


ただ、教養ある友人は結構たくさんいるので

その後について、ちょこちょこっと教養の粉をふりかけてもらっています。


今日、上野に『ゴッホとゴーギャン』みてきました。


証拠に、ガチャガチャで、こんなもの買いました。

400円の教養です。、ア・ハ・ハ

P1350517 (2).JPG



ボスが美術館の名画になった!!

feb522e92fd6e2b9_o.jpg



夕食

パセリとたこのフリット
京芋のベーコンサラダ
茶碗蒸し
ブロッコリーとわかめの味噌汁

ケーキ

今日は、わたしめの誕生日でございます。

P1350508.JPG
posted by てこな at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

続、水もれ・・(金)

ニュースから

東京都の小池百合子知事は25日の定例記者会見で、
豊洲市場(江東区)の盛り土問題に関し、
中央卸売市場の歴代市場長ら4人を含む幹部、
OB計18人を減給とする懲戒処分を発表した。
最も重い処分は、減給5分の1(6カ月)

また、小池氏は「けじめをつける」として、
自身も給与を5分の1(3カ月)減額することを表明



この処分が妥当かどうか、よくわかりませんが

なんで小池さんが自主減額をするのかが、不思議です。


都知事選のとき、私は小池さんになってほしいとは思いませんでした。
都民じゃないので、おこがましいのですが。

小池さんが嫌いだったからです。

でも、都知事になってからのあれこれをみていると

あぁ、小池さんでよかったのかもしれないと思うようになってきました。


でも、嫌いなことは嫌いなので、

今回の減給のことも、

とっても 嫌味。

当選したときに都知事給与の減額を申し出たのも、
あまり好感をもてませんでした。

ちゃんと仕事をすれば、ふさわしい金額はもらって当然だと思います。

スタンドプレーだと思いました。



小池さんが減給するのに、石原さんはどう責任をとるの?

と、都民に思わせたい、石原叩きを加速させたい?


たった数十万円の減給で、好感度アップをねらってか!!


と、意地悪く見ています。


  ☆   ☆   ☆


朝起きて、まっさきに温水器を点検しました。
昨夜の水もれしたところが、乾いていました。


直った ⁉⁉

はずはないですよね〜

まだ、緊急じゃないな、とちょっと安心。

業者に来てもらったら、きっと交換を勧められるだろうな、
修理ですむだろうか。

なかなか、思い切れません。

連れ合いから《早く、電話しないと大事になったらどうするの》

わかってはいるんですが、

悶 悶。



今日の喧嘩は

玄の  勝ち

P1350416.JPG




夕食

南瓜とかぼちゃの種のココナツミルクサラダ
キャベツの甘みそ炒め
雲南百薬ともずくの酢のもの
茄子とわかめの味噌汁
みしらず柿

P1340615.JPG

posted by てこな at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

厄日・・(木)

今、家で発酵させたカスピ海ヨーグルトを毎日食べています。

だんだん寒くなってきて、発酵が思うようにすすみません。

友人から

『ヨーグルトメーカー、安いんだから買えばいいじゃないの』と言われ

そうだよね〜 

今朝届きました。

ちょっとうれしくて、箱から取り出し、箱はぺちゃんこにしてゴミ箱へ
器具についていたシールもはがし、
マジックで、裏に購入日を書き込み、用意万端です。

おもむろに、説明書を読みましたら、小さな字で

なんとなんと

カスピ海ヨーグルトは設定温度の違いによって作ることはできません


箱も捨てた、シールもはがした。マジックで書いちゃった・・・

返品不可能。

どこに怒りをぶつけていいのか!! 悔しい



やっと、夕方気を取り直して、掃除を始めました。

温水器もたまにはきれいにしよう、扉を開けたら、


怪しい・・・ 水? 水? もれてる!!


つい先日、ブログの友さんの水難記事を対岸の火事と思っていたのに。

この温水器はまだ8年ですよ。そんなバカな。

8年前に、やはり温水器から水漏れして、
下のお宅に迷惑をかけました。

今回は、早期発見ですから多分下までは行ってないと思うけれど

見て見ぬふり、はできません。

これは事故じゃなく、故障でしょうから、保険も下りないし、

だれを恨めばいいのやら。

取り換えだと、数十万はかかります。


ヨーグルトメーカーなんて、3000円ですから、もう笑っちゃいますよ。


温水器が新しくなっても、なんにもうれしくないしね。

本当に泣ける。

あまりのショックに頭痛がしてきた。




こちら様も昨日のお疲れが残ってか・・
ぐでぐでです。

P1340217.JPG


posted by てこな at 23:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

玄雷の里帰り・・(水)

玄・雷は、九十九里の海辺のパグ専門ブリーダーさんのところで
生まれました。


これが、そのときのお見合い写真です。
兄弟でもないのに、この仲の良さですから
1匹のつもりが、2匹一緒にうちの子に・・・となってしまいました。

image1.JPG


今日、一族郎党大集合の、パグのオフ会がありました。

玄・雷の両親ともに健在ときき、

親子、感動の対面 を見たくて参加しました。

玄には2匹の兄妹が、雷にはふたごの兄弟がいるのです。

異母兄弟、異父兄妹たちにも会えるはず。


ところが、親たちは大切な繁殖犬のため、出席してなくて
弟、妹もたちも来てなくて・・・残念。、

IMG_0116.JPG


ブリーダーさんも、雷のことは気になっていたらしく、

『雷ちゃん、元気になってくれてありがとう』 と、ハグされました。


40匹くらいのパグが集合して

IMG_0119.JPG


ドッグランを駆け回り、玄雷ともに大満足のようでした。


P1350299.JPG



綱引き大会は玄雷ともに2回戦敗退。

待て!!大会は1秒ももたず、

障害物競争でも、善戦およばず。


メダルは、遠かった ⤵⤵ けれど、

結構、うちの子たち可愛かったし・・・

行ってよかった 🎵






夕食

ひよこ豆の炊き込みピラフ
柿のキムチ和え
切り干し大根としめじの卵炒め
じゃがいもと茄子の味噌汁
ラ・フランス

P1340804.JPG

posted by てこな at 21:35| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

無粋な会話・・(日)

久しぶりに都心に出ました。

銀座のペニシリン?ホテルでランチの会がありました。

最近は何事にも用心深くなり、
転んだり、トイレに行きたくなったり、乗換間違いしたり・・・

もろもろを心配して、早めに家をでます。
1時間もまえに着いてしまいました。


ホテルの前に行くと、さっと素敵なホテルマンが寄ってきて

『いらっしゃいませ、ご案内いたします』

えっ、ホテルに入ろうとしただけで、

何で、声がかかるのだ?

VIPの上客に見えた・・・ってことは絶対ないから。


不慣れな年配客? いなかっぺのおばさん? ⇒ きっと迷う。

なんだろうな。

すご〜〜〜〜〜〜〜〜く丁寧に、レストランまで案内された。

ptk-peter-main-dining-day-1074.jpg


この労わられかたは、ちょっと凹むわ。


友人たちからは、

キョロキョロ、もたもたしてるからよ、と馬鹿にされた。


ちょっとおしゃれして、しゃれたところでランチしながらの会話が


『こないだね、お弁当つきで、老人ホームの見学会に行ってきたの。
すごく豪華でよかったよ、老後の幸せも金次第かも・・』

『歯が抜けた・・ 入れ歯は嫌だからインプラントにしたいけど、いい歯医者しらない?』

『くしゃみしたら、ちびりそうになっちゃった、悲しい。』

『樹木葬のパンフレットをとりよせてみたのよ。』

『会社の業績悪いらしいよ、もし潰れたらわれわれの企業年金どうなるの?』

『最近、亡くなった夫の顔がすぐには思い出せないのよ。(亡くなってまだ10年なのに)』



同じメンバーで、50年前は胸キュンの話しで盛り上がっていたのに。

50年は、瞬きの早さです。



  ☆   ☆   ☆


先日、娘夫婦が遊びにきました。

あららっ、ボーダー3兄弟だ!

P1340494.JPG



夕食

えびとパプリカなどのココナツカレー
春菊のいろいろナッツ和え
牡蠣のオリーブオイル漬け
みしらず柿

P1340774.JPG

posted by てこな at 23:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする